アクマゲーム(ACMA:GAME)が面白すぎるのでレビュー。カッコいい人間とは。

こんにちは。工藤です。

 

アクマゲーム(ACMA:GAME)というマンガを紹介します。
超絶面白いです。

 

ACMA:GAME コミック 全22巻 完結セット

中古価格
¥3,166から
(2019/11/6 11:25時点)

 

今まで数々のマンガを読んできましたが
個人的に一番好きです。

 

結構色んな人にアクマゲームをお勧めしてるのですが
実際に読んでくれた人は全員ハマってくれました。

 

 

このマンガを読んでると、もっと頑張ろうと思えてくるというか
魅力的でカッコいい人間になりたいと思わせてくれます。

 

超ざっくり言うと、主人公の織田照朝が
「ゲームの勝者が要求するものを敗者からなんでも奪う」という
アクマゲームで
グングニルという組織と戦う話です。

 

 

記事を書いている現在ですが、
Kindle版なら1巻が無料で見れます。

 

登場人物が魅力的で人間味溢れてる

僕がアクマゲームの好きな理由はたくさんありますが、
まず主人公の織田照朝が魅力なんですよね。

 

なぜかというと生き様というか姿勢が格好いい。

 

 

高校3年生ながら日本有数の巨大財閥の会長をやってて
しかもイケメンで運動神経抜群で、
頭も超いいというパーフェクト人間ですw

この時点でチート能力なのですが
成金みたいに性格が悪いわけでもなく
むしろ人望が厚いです。

照朝は幼少期に両親を事故で亡くしています。

織田グループは、
元々、照朝の父親の織田清司が築いたものです。

 

でも清司が亡くなったあとに
利権争いが起きて織田グループは壊滅しかけます。

幼少だった照朝が猛烈に勉強して、
バラバラだったグループを再建したのです。

 

照朝は社員を家族のように超大事にしているし
社員も照朝を心から慕っている。

能力が高いけど、実は暗い過去を持っている。
でも努力で乗り越えたという人物です。

遊びたい盛りの幼少期を勉強に充てて
睡眠時間は毎日3時間という
財閥再建も並々ならぬ努力によって成ったわけです。

 

努力して結果を出して、周りの人間からも
尊敬を集めてる。

もちろんマンガなのでフィクションだし、現実味もないんですが
単純に同じ男として姿勢が超カッコいいんですよね。

 

そんな照朝と比較すると
会社の上司の愚痴を言ってた昔の自分がものすごくダサく感じます。

 

こんなに頑張って結果を出してる人間がいるのに
昔の俺は何やってんの?みたいに思えてくるんですよね。

まあそういう時期があったからこそ
今は自分で事業をしていると思えば、必要なことだったのかもしれません。

 

照朝の魅力は能力だけじゃなくて
人間としての器のデカさもあります。

マルコ・ベルモンドというキャラクターと
始めてアクマゲームをした時のシーンです。

 

マルコはアクマゲームで照朝に勝ったあとは
織田グループや照朝の命を含めて、全てを奪うつもりでした。

照朝もマルコを同じ心理状況にさせるため
マルコの命を賭けました。

 

結果的に勝った照朝はマルコの
命を散らせる権利を破棄しています。

照朝にアクマゲームで負けたあとに

「負けだ…頭脳や度胸だけじゃない_____器さえも」

と言っています。

 

コイツ(照朝)どんだけすげーんだよ。
と、周りの人間が照朝を認めていくから
照朝の魅力がより伝わってきます。

 

アクマゲームを読み返すたびに
「あー、照朝かっこいいわー」と思うと同時に
もっと仕事も勉強も頑張んないとダメだわ。
ダラダラyoutube見てる場合じゃねえよ。って気分になります。

 

照朝のように仕事も出来て
周りから信頼され、多くの仲間がいるような
カッコいい人間になれるよう頑張ろうと思えるマンガです。

 

ちなみにストーリーが進むにつれて、同年代の登場人物が
増えていくんですが全員が照朝の味方になっていきます。

照朝には自分が得をしようという私利私欲が全くなくて
常に周りの事を気にかけ、困っている人を助けようとします。

言葉よりも行動で示すところもカッコいいです。
こーゆー人間に、惹かれますよね。

 

 

背中を見せる、みたいな。
照朝にはそんなつもりはないと思いますが
はたから見たらクソかっけー。

そりゃ味方も増えるのも当然です。

 

 

しかも照朝は超優秀なのに
自分一人の力だけで挑もうとしないというか

みんなの力を集結させて
勝負に勝っていくところがまたよくて
勝った時は必ず仲間に感謝します。

 

仲間も照朝に協力するし
照朝の為だったら、何でもする!!
と思わせてくれるようなキャラです。

他の人から見たら超人的な照朝ですら
自分のことを未熟と言ってますし
どんだけ出来た人間なのかと思います。

 

僕は、THE・主人公って感じの照朝が好きすぎてアクマゲームを
全巻揃えたと言っても過言ではないです。

 

照朝の他にも刺激をもらえるキャラがたくさんいます。

 

 

例えば、中盤くらいに登場する人物で
小早川宗司というキャラがいます。

ネット上でSOJIという名前で
悪徳政治家等を叩く評論家ですが
元々、正義感の強い子供でした。

 

でも中学時代に頃、いじめの加害者と退治した時に
加害者にケガをさせてしまい
SOJIだけが罰を受けてることになりました。

校長先生に善悪ではなく、やり方が悪いと一蹴され
SOJIの正義は粉々になりました。

 

 

その後は理不尽な社会を恨み
評論家として活動していくうちに歪みました。

中学時代の校長の不正を暴いて
校長が自殺したときも

「あなたのやり方と頭が悪い」

とニヤついてましたからね。

 

 

ある日、SOJIは大衆を扇動して
反グングニルデモを決起します。

デモを知った照朝は止めるよう説得を試みますが
SOJIの成功者に対する嫉妬する逆鱗に触れてしまい
むしろSOJIから恨まれる展開になります。

 

僕はSOJIが成功者に嫉妬するという気持ちが
超分かります。

 

昔は、成功して金持ってるやつは
悪い事をしていると本気で思ってました。

 

 

成功者を悪とすることで、
自分は正しいことをしてると思い込むんですよね。

 

 

自分は会社でコツコツと働いて少ない給料で頑張ってるのに
大金稼いで、いい車のって優雅な暮らしをしてるなんて許せない!!
成功者は悪だ!!みたいな。

結果的にデモは失敗してSOJIを慕っていた
P太という青年が亡くなってしまいます。

 

 

その後、照朝を恨んでいるSOJIは織田グループが
グングニルと繋がっているとネット上で
発言したため、織田グループは炎上します。

ここで家族に手を出された照朝がぶちキレて
記者会見を開き、生放送でSOJIを公開処刑にしますw

 

 

照朝に議論で負け、
P太の死を知ったSOJIは
デモを煽ったことを後悔します。

更に照朝から

「無責任な生き方を改めろ
P太があの世で胸を張れるように」

と説教を受けて

「なんなんだよこいつ
こんな人間がいるのか?

こんなやつが…
こそこそと
グングニルと通じてる訳がなかった」

「思い出したよ俺は昔・・・
お前のようになりたかったんだ」

と、SOJIも本当は照朝のような
人間になりたかったという心の声が出ます。

 

 

このシーンはSOJIの人間味が出てて
めっちゃ好きです。

 

 

かつ、過去の自分を見てるようで泣きそうになりました。

僕も心の底では成功者を羨ましいと思ってました。
でも会社員の給料じゃ高級車には手が届かないし
いい暮らしだって出来ない。

 

 

本当は成功して、高級車を買ったり
海外旅行に行ってみたりしたかったんですけど。

でも本音を言ったら、会社の一歯車という
現実の自分が惨めすぎる。

 

 

だから成功者は悪だとレッテルを貼って
自分は成功なんてしたくないと思い込んでたのです。

 

 

成功者を羨ましいって思う事は
絶対に手に入らないことに希望を持つのは
逆に辛いです。

 

 

今思えば、ほんとにしょうもない考え方なんですが
当時は欲しいものや、
やりたいことを素直に口に出せませんでした。

 

 

高級車乗ってるやつとか自分に自信ないだけだろ。
海外は飯がまずいから行きたくねーわー。

と、強がってましたから。
謎のプライドですよね。

 

欲しいとか行きたいとか言ったら
負けって思ってましたし。

 

 

そんな昔の自分とSOJIがどことなく被るので
SOJIは結構好きなキャラです。

 

最終話に改心したSOJIが
登場したときは嬉しかったですね。

記者会見のあと、照朝に

「次は別の方法で挑んでください。再起を待つ」

と言われてたので

「もう一度正面から織田照朝と競いたい」

というSOJIの台詞もカッコ良かったです。

 

 

あとは照朝の父親、織田清司も
チート具合がやばいです。

あと、照朝同様に、めっちゃカッコいい。

「男が下がる」は名言過ぎます。

天の知識書とか、秩序の王、天才支配者とか
ちょいちょい中二病をくすぐる単語も出てきますw

 

 

アクマゲームはめっちゃ応援してたので電子書籍で
全部新品を買って、周りの人にも勧めまくってたのですが
残念ながら今年の3月で終わってしまいました。

終盤の方はかなり駆け足で進んでしまい
清司が先導者になってからの話がなかったり
先導者を倒した後の話が短すぎて、残念です。

 

色んな事情があるのだと思いますが
続編というか、スピンオフで潜夜版でもいいので
もっと読みたいです。

仕組みを作って自己満足できる人生を送ろう。自由な生活を手にするためのセミナーを公開中です

僕は21才からビジネスをやっていて
現在は月に100~150万くらいの収入があります。

元々はサラリーマンでしたが
24才のときに脱サラしました。


現在は仕事をしなくても収益が
発生する仕組みを作っているので
ほとんど働かずにお金が入ってきます。


稼げるようになると精神的にも余裕が生まれますし
人生の選択肢が増え、ストレスのない生活を手に入れることができました。

下記の記事では会社に務めながら副業で月収100万を稼いだ過程を下記の記事で公開してます。

工藤の理念「自己満できる人生を送る方法」



また、以下2つ以上当てはまる方がいたら、興味本位で良いのでメルマガを読んでみてください。

  • 金銭的にも時間的にも自由になりたい人
  • 起業したけど、望むような結果が出ていない人
  • 将来が不安でこのままでいいのかな?と考えている会社員
  • 後悔することなく自己満足できる人生を歩みたい人
  • 年収数千万〜数億円の世界をのぞいて見たい人


学べば誰でもお金を稼ぐことは可能です。
現在無料で配布しているプレゼントはかなりご好評をいただいてます。

期間限定で無料で配布していますのでぜひこちらから受け取ってみてください。

→副業でも年収1000万円を達成するロードマップを受け取る




また、LINE友達も同時に募集しております↓