ステータスのあるカッコいいビジネスVSステータスのない怪しそうなビジネス。儲かるのはどっち?

こんにちは、工藤です。

今日のテーマは

ステータスのあるカッコいいビジネスVSステータスのない怪しそうなビジネス。
儲かるのはどっち?

という話です。

 

これ、非常に大事な考えなので
絶対に言っておきたいなと思って
鼻息荒くして記事を書いています。

 

さて本題ですが、どう思いますか?

ステータスのあるカッコいいビジネスとステータスのない怪しそうなビジネスは
どっちが儲かると思いますか?

 

答えは、

ステータスのない怪しそうなビジネス

です。

間違いなくこっちが儲かります。

 

だから儲け重視でビジネスに参入するなら
断然ステータスのない怪しいビジネスを選ぶべきです。

 

 

ステータスのない怪しいビジネスって
本当に儲けやすいんですけど、
みんなやりたがりません。

 

 

僕らみたいな小規模な事業者の中でも、
何かこうステータスがある仕事と
ステータスがあるのかないのか不明な仕事ってあると思うんですよね。

例えば、
輸入アパレル会社を経営していますってのと、
恋愛を成功させるノウハウを販売する会社を経営しています。

っていうのではどっちが体裁良いですか?

多くの人は、前者だと思います。

そんなことはない、という
ちょっとへそ曲がりな考えをするのであれば、
もし娘ができた時に、

「私の彼、輸入アパレル会社の社長さんなの」
と結婚相手を紹介されるのと、

「私の彼、恋愛ノウハウをネットで売ってお金を稼いでいるの」
と紹介されるのとどっちがいいですか?

後者だとちょっと不安になりません?
恋愛ノウハウってなによ?
大事な娘をそんなよくわからん輩に任せて大丈夫かな?と。

でも、儲かるのはどっちだと思います?

最初に言ったように僕は後者だと思います。

ちょっとビジネスの儲けの原理を紐解けば簡単です。

恋愛ノウハウをネットで売るビジネスは、

・情報ということで、原価が無い。
・回収にかかる経費は、サーバー代、ドメイン代だけ。
・社員がいなくてもok。人件費ゼロ。
・恋愛に困っている人は多いのに、ライバルが少ない

金銭的なリスクはほぼ0です。

 

それでいて、商品はノウハウなわけですから、
売上=利益です。

さらに商品が情報という特性上、
何回売っても、商品作成は1回でオッケーですから
レバレッジも最大限にかかります。

しかもライバルも少ない。
こんなん儲かるに決まってますよね。

 

適切なマーケティングを組んでしまえば稼ぎ放題です。
億万長者になれます。

対して輸入アパレル

・服の仕入れにかかる原価。
・販売用の店舗という固定費。
・販売員の人件費とその研修費用。
・ライバルだらけ。

などなど、費用だらけです。
金銭的なリスクも大きい。

 

さらに商材自体にレバレッジはかからない上に、
粗利も低い。

しかもアパレルなんてのはトレンドものですから
流行り廃りが激しく、在庫が残りやすいうえに
ライバルも競合ばかりです。

 

超激戦市場ですよ。

ライバルがユニクロとかきつくないですか?

 

しかもアパレルショップでセールしまくってる店を見たことありません?
セールしてるってことは、利益を削って在庫処分してるんですよ。

 

セール品を売っても儲かりませんからね。

アパレルでも儲けるってむずいのです。

 

もうビジネスモデルの優劣が圧倒的です。

僕が輸入アパレルも恋愛ノウハウ販売も両方できて
どっちかを選ぶのであれば、
間違いなく恋愛ノウハウを販売します。

だって儲かるし、リスクも低いから。

 

ちなみに僕もアパレルを取り扱って
ビジネスしたことありましたが
あんまり伸びませんでしたね。

今ならもっとうまくやれる自信がありますが
それでも手間の割には儲からないので
今のとこやる予定はありません。

 

アパレルより楽に簡単に儲かるビジネスを
死ぬほど知ってるからです。

 

多くの人は、なぜかステータスが不明なビジネスができません。

理由は簡単です。
他人に対しての体裁を気にしてしまいます。

 

ですが、他人からどう思われようと、お客さんが満足していて
しっかりと価値提供してれば、よくないですか?

怪しいと思われることを気にしすぎなんですよ。

 

ちなみに僕もよく怪しいと言われます。

 

例えば、経営者じゃない人と会った時に
何の仕事してるんですか?みたいな話になったときに

「Webマーケティングでコンテンツを売ったりしてます。
パソコン1台でネットで物を売るのが得意です」

とか言うと、まず確実に怪しがられます。

 

 

その場では

「へえー、そうなんですね」

と上辺で取り繕っていても内心は

(こいつ、やべーことやってるんじゃないか。胡散臭いな。)

くらいに怪しんでいるでしょう。

 

まあ世間一般から見ると、ブラックボックスというか
何やっているかわかりにくい業種ではありますよね。

webマーケティングって何やねん。って感じですよね。

 

聞き馴染みがないですから、
怪しく聞こえてしまうのもわかります。

 

webマーケティングに対して

エステを開業してます。
ブライダル関係の仕事しています。
アパレルブランド立ち上げてます
レンストランを経営しています。
外車売ってます。

などなど、

かっこよい響きの商売は沢山あると思います。

 

なんとなくクリーンなイメージあるじゃないですか。

ちゃんとした商売をやってるんだな、って。

 

けど、さっきも書いたように

これらのビジネスは場所代かかるし、人件費かかるし、
仕入れ費用もかかります。

 

けど、僕のやってるビジネスは一人で、
事務所も不要で、パソコン1台でいい。

 

ビジネスの合理性で言えば
webマーケティグを駆使したコンテンツ販売に勝る
ビジネスってないと思うんですよね。

コンテンツ販売とか、圧倒的に儲かりますから。

 

何度も言ってるように
怪しいとか、怪しくないとかって
イメージの問題なんですよ。

 

例えば、さっきの恋愛ノウハウを教える仕事を
英語を教える仕事にしたらどうでしょう?

 

一気に胡散臭さが減ったと思いませんか?

 

やってることは、恋愛を教えるのか英語を教えるのかの違いです。

 

決定的に違うのは、認知度です。

 
 
 

英語を教える人というのは

学校の先生や英会話教室の先生など
たくさんいますよね。

多くの人に馴染みがあります。

 

けど、恋愛を教えるって馴染みがないじゃないですか。
周りにいませんよね。

だから怪しいと思われてしまう。

 

僕からしたら英語を教えるのも恋愛を教えるのも
やってることは一緒じゃんw

と思うんですけどね。

 

何なら30年間童貞だった男に
彼女を作らせる恋愛サポートのサービスとか
超価値あると思います。

めちゃくちゃ人生変わってるじゃん!!

人生に与える影響度の大きさで言ったら
英語より恋愛じゃね?

 

まあそれはさておき、

みんなが知っていて馴染みのある商売の方が、
ステータスがあるように見えて、
認知の無い商売は、得体のしれない商売としてなかなか
市民権を得にくいわけですね。

 

けど、本来見るべきところは、
お客さんにどんな価値を提供してるのか?
って部分です。

しっかり価値提供できれば稼げます。

 

だからさっきも言ったように、
怪しい、怪しくないというのは単なるイメージに過ぎなくて
社会的な視線なんぞ気にせず儲かるビジネスをやったらいいと思うのです。

 

特に、起業したばかりの頃ってお金ないじゃないですか。

 

だったらひとまず最優先はお金主義でいいじゃん。

 

ステータスあるけど儲かりにくいビジネスをするより、
ステータスないけど儲かるビジネスを
やったほうが戦略的にもいいですよ。

 

ってかそっちの方が稼ぐのが簡単なので。

100の努力で10の儲けしか出ないよりも
100の努力で10000の儲けが出た方がいいでしょ。

 

もし、どうしても世間的な信用が気になるなら
まずは儲けやすいビジネスで儲けて、
そのあとにイメージの良いビジネスをやればいいのでは?

 

DMMも最初は儲かるアダルト系コンテンツを配信しまくって
タネ銭を作って、今はゲームとかオンライン英会話を初めて
ちょっとクリーンな感じになってきましたよね。

こんな風に、方向転換はあとからでもできますから。

 

というか、先に儲かる事業でタネ銭作りつつ
他の事業に投資するって大企業でも今だにやってますからね。

この辺は財務諸表とかが読めると、
どの企業がどの事業で儲けてるのかがわかってきます。

 

個人単位の話でも表では綺麗なビジネスやってて有名な人も
裏ではゴリゴリ怪しいビジネスに絡んでいる人ってたくさんいますよ。

 

それなりに知名度のある経営者だと、
それを言っちゃうと株主とかから怒られるので
表では言わないだけです。

 

 

ちょっと話逸れたので本題に戻しますけど
さっきも言ったようにお客さんが満足してればビジネスとして
成立するわけです。

 

なのに、コンテンツ販売などは、
実際商売の理にかなって儲かりやすいるのに、
認知されてもいない。

認知されても、みんなやりたがらない。

儲かるのに、やる人が少ない、(できる人が少ない)となると
そりゃ儲かって当たり前です。

ライバル不在のブルーオーシャンです。
こっちやるでしょ。

極論言えば周りから認められる必要なんてないんですよ。
お客さん以外の評価はどうでもいいのです。

 

考えるべきことは

お客さんへの価値提供と、
お客さんの満足度です。

特に稼いでる途中で周りからの意見に振り回されることほど
あほらしいことは無い。

とにかく、お金を持っているということは、
ステータスには直結しないうえに、
ステータスを得にくい仕事の方がお金が入りやすかったりします。

 

ということで、お金が欲しいなら
怪しくてステータスなくても儲かる仕事をしましょう。

 

お金があるというのは自己満足をする上で超絶的に重要なことです。

お金はあると本当に、便利です。

 

不安、渇望、苦痛から解放された暮らしを送ることができますよ。

仕組みを作って自己満足できる人生を送ろう。自由な生活を手にするためのセミナーを公開中です

僕は21才からビジネスをやっていて
現在は月に100~200万くらいの収入があります。


時間もお金もある程度自由に使えるようになると
ぶっちゃけ人生が充実します。楽しくなります。


自分の貴重な人生で無駄だと思われるお金の為に
単純作業を繰り返す時間だけを削ぎ落として
楽しい部分だけを残して、お金と時間がたっぷりあったら
人生楽しいですよね。

究極の自己満足です。
僕が目指す理想はここです。


で、今は仕事をしなくてもお金が
発生する仕組みを作っているので
自分が掲げた理想をかなり実現させることができました。


じゃあ、いったいどうやったのか?
学歴も、人脈も、知識もなかった普通の会社員だった僕が
どのようにして稼げるようになったのかを
下記の記事で公開してます。

>>工藤の理念「自己満足を追及せよ」



また、メルマガではブログには書いていない
具体的なことも話しています。

どうしても表で言えることって限られちゃうので、
メルマガだけの話を盛りだくさんにしています。

以下2つ以上当てはまる方がいたら、メルマガを読んでみてください。

  • 金銭的にも時間的にも自由になりたい人
  • 起業したけど、望むような結果が出ていない人
  • 将来が不安でこのままでいいのかな?と考えている会社員
  • 後悔することなく自己満足できる人生を歩みたい人
  • 年収数千万〜数億円の世界をのぞいて見たい人


僕のメルマガは読んでいるだけで、
勝手に稼げるようになってしまうと思います。

あとメルマガでは登録後に即送られてくるプレゼントを用意してます。
かなり好評なので、
こちらから受け取ってみてください。


→工藤のメルマガを読んでみる




また、LINE友達も同時に募集しております↓
LINEでは「好きなことで稼いでいく方法」という約40分の動画をプレゼントしてます。