うぐぐ、、という苦い経験が大事。本音で言ってくれる人はもっと大事。

どうも。工藤なおきです。

かなり前の話ですが、
お世話になっている人から

「工藤さんは成長しているとはいえ、まだまだですよね。
僕が仮に全ての資産や人脈がなくなってもすぐに追い抜けます」

と、こんなことを言われました。

(かなり前なのでうる覚え)

その人が何を言いたかったかを翻訳してみると、
あなたは僕の足元に全然及んでないですよ。
ということです。

 

実際、その通りで、知識でも経験でも数字でも
僕は圧倒的に負けているので
反論の余地もありません。

ここでプライドを出して、心の中で

「いや、俺もそこそこやってるし」

と自分を守ろうとすることは簡単ですが
図星のことを言われて、それを真剣に受け止めて
糧にしなければ、そこに成長はありません。

ただし、僕自身が上を目指していなくて、
今の現状に満足していて

「今は仕事じゃなくて他のことが楽しいからなぁ」

と思っているなら話は別です。

 

仕事の優先度が低い人に仕事について指摘をすれば、
余計なお世話になってしまいますからね。

ですが、僕は仕事を一生懸命頑張りたいと思っているので、
うぐぐ、、となる苦しい一言でした。

良薬は口に苦し

とはいえ僕にとって超ありがたい指摘だったんですよね。

大人になると年齢を重ねれば重ねるほど、
誰かから指摘を受けることってなくなるじゃないですか。

そうなると自分に都合のいいことだけを信じたり、
本当に大事なことを見誤って裸の王様になるのがオチです。

だからこそ、特定分野で自分よりすごい実績を持っている人からの
指摘というのは価値があります。

目が覚めたとはまでは言いませんが、
現実を改めて直視するきっかけになったのです。

僕はその日、家に帰ってから、
その人に追いつくために
どうしたらいいか?を真剣に考えて
冷静に自分と対話したんですよね。

まあこれが結構しんどい。
普段は蓋をしているような自分の弱い部分とか、
甘い部分と正面から向き合うので。

ですが、そういう部分を詰めるからこそ
成長するわけなので、
マインドマップに自分のダメなところを書いて

その上でさらに

・どうすれば肩を並べることができるだろうか?
・越えることができるだろうか?

と脳内にある情報を書き出して、
悔しさの一心で、徹夜で取り掛かりました。

悔しい場面に直面したときに大事なことは
ただ悔しがるだけ、ただ反省しているだけで
挫折に自分に酔ってはいけないということです。

だから熱いうちに行動に移すことが大事。

悔しさは正しく取り扱えば、
人を一気に成長させてくれます。

さらに過去の話をすれば
僕は幾度となく悔しい思いをしてきました。

学生時代に野球をやっていたときは
自分よりも上手い奴が試合に出ていて、
ベンチでいたたまれない気持ちになりました。

自分より後発の人が、圧倒的な成果を出していることで
自分の力の無さを痛感することもたくさんありました。

飲み会ですごい経営者に囲まれて全然喋れない時もありました。

明らかに自分より格上が出てきて
自分の存在がちっぽけに思えることも何度もあります。

けど、そういう悔しい思いを受け止めれば
自分の殻を破ったり、
スキルを身につけるチャンスなんですよね。

だから悔しいと思ったときの感情は大事にするべきです。
悔しさは糧にすればいいのです。

また、悔しさとは別の感情も起こりました。

それはわざわざこのようなことを言っていただいて
申し訳ないということです。

 

というのも、さっきの言葉は裏を返せば
「もっと頑張れよ」
という応援のメッセージでもあるわけですね。

普通であれば一人の大人に対して
あのような言葉では言いません。

なぜなら受け取った側がバカにされたと勘違いして
恨みを買われたりするリスクもあります。

裸の王様にならないために

大人ですから

「まあ、いいんじゃないですか」

と表面上で仲良くすることはできます。

嫌われるリスクを加味した上で
叱咤激励をしていただいたことに
本当に申し訳ないなと思いました。

言わせる、ということは相手に
負担をかけているからです。

僕自身も人に教える立場でもあるため
本音で何かを伝えるときは疲れたり、
正直気が進まないと思うこともあります。

ですが、本当に相手のためになることは、
言うようにしています。

(もちろん自尊心を傷つけるだけの暴言や、
理不尽なことは言いません。
この辺りは人を動かすという書籍に書いてある。)

だからこそ今回、本音で話してくれたことが
本当に僕のためを思っての一言だったと思うと
感謝でもあり申し訳ないと感じました。

そして二度とそのようなことを言われないように
もっと自分を磨かなければならないなと。

 

たった一言ではありますが、その一言に対して

・どれだけ真剣に受け取れるか?
・力の差を感じて悔しいと思えるか?

は、上の世界を目指していく上では
必要なことです。

 

今回のように、自分よりも上の存在と関わる機会を
得れているのは本当に幸運なことだなと思います。

荒療法ではありますが、一気に成長したいなら
自分よりもすごい人を見つけて
うぐぐ、、となってしまう環境に飛び込むのがオススメですよ。

 

ということで今回は

悔しさは大事にするべき。
指摘してくれる人は大事した方が成長する。

という話でした。

ではでは!

 

仕組みを作って自己満足できる人生を送ろう。自由な生活を手にするためのセミナーを公開中です

僕は21才からビジネスをやっていて
現在は月に100~150万くらいの収入があります。

元々はサラリーマンでしたが
24才のときに脱サラしました。


現在は仕事をしなくても収益が
発生する仕組みを作っているので
ほとんど働かずにお金が入ってきます。


稼げるようになると精神的にも余裕が生まれますし
人生の選択肢が増え、ストレスのない生活を手に入れることができました。

下記の記事では会社に務めながら副業で月収100万を稼いだ過程を下記の記事で公開してます。

工藤の理念「自己満できる人生を送る方法」



また、以下2つ以上当てはまる方がいたら、興味本位で良いのでメルマガを読んでみてください。

  • 金銭的にも時間的にも自由になりたい人
  • 起業したけど、望むような結果が出ていない人
  • 将来が不安でこのままでいいのかな?と考えている会社員
  • 後悔することなく自己満足できる人生を歩みたい人
  • 年収数千万〜数億円の世界をのぞいて見たい人


学べば誰でもお金を稼ぐことは可能です。
現在無料で配布しているプレゼントはかなりご好評をいただいてます。

期間限定で無料で配布していますのでぜひこちらから受け取ってみてください。

→副業でも年収1000万円を達成するロードマップを受け取る




また、LINE友達も同時に募集しております↓