商売人は価値をわかってもらう努力をしなければならない。マーケティング論。

こんばんは、工藤です。

今日は価値をわかってもらう努力をしなければならない。
という話です。

 

どれだけ素晴らしい商品でも、
どれだけ世界を変える発明でも、
それを誰も知らなかったら、
存在しないことと同じになります。

自分の商品やサービスを世の中に広めていき、
そして価値を理解してもらう努力をしなければ
商品開発も、発明も意味のないものになってしまいます。

 

 

商品を売る側の態度として

「なんでこの商品の価値がわからないんだろう?
こんなにいいものなのに。」

と、考えていてはダメだということです。

 

特に、昔ながらの職人気質がある人は
「価値がわかってくれる人だけが手に取ってくれればいい」
と考える人も多いです。

 

ですが、僕は素晴らしい技術こそ、
世に広めて販促の活動をしていくべきだと思っています。

というのも、その商品が本当に良いもので
商品やサービスに触れた人がめちゃくちゃ喜んだり、
助かるものであれば絶対に買ってもらった方がいいからです。

 

 

商品を作った側は、対価としてお金をもらえるし
買った側は、その商品のおかげで人生が変わるかもしれません。

その商品を必要としている人に認知されなけば
売る側はお金が入ってこないし、困ってる人は助からないのです。

 

たとえば、難病を完治できる薬を開発したとして
その薬があれば、命が助かる人がたくさんいるとなったら
絶対に世に広めるべきだと僕は思うのです。

良い商品を扱っているのであれば
知ってもらい、価値を感じてもらい、手に取ってもらうまでが
本当のプロであり、ビジネスマンである。
そのように感じています。

 

僕は、自分が良いと思ったものはどんどん人に教えます。

僕と普段関わってる身内には
あれが良かった、これが良かった。と
あれこれ紹介しまくっています。

 

それは、映画だったり本だったり家電だったり
食品だったり、ブログだったり、体験だったりと
多岐にわたります。

この映画のこの部分が良かったとか、
この本のこの文章が神だったとか、喋ります。

 

 

僕はビジネスのプロであり、
マーケターである以上は、
良いものに触れまくってそれを
どうやって紹介したら興味を持ってくれるか?
を踏まえた上で話をしています。

なぜかと言うと、
まず興味を持ってもらわないと
お話にならないですからね。

 

興味も持ってもらう上で秀逸だなと感じたのが

先日、とあるペットショップの熱帯魚コーナーで

「水槽の中に小さな地球を作りませんか?」

というキャッチコピーの看板があり、
思わず興味を惹かれました。

 

目を引きますよね。小さな地球を作りませんか。
ってすごいコピーだなと。

これが
「水槽の中を美しくしませんか?」
だったら、まぁ目に止まらなかったでしょう。

「水槽の中に小さな地球を作りませんか?」

という一言で、熱帯魚の水槽を作り込むことの
価値を高めているんですね。

 

つまり、熱帯魚の水槽を作り込むことが
どれだけ楽しいことなのかを、
知らない人に広めている活動でもあります。

地球を作り込むってなんだか面白そうだな。
と思わせたら、勝ちということです。

 

 

僕は結局、熱帯魚コーナーを20分くらい見てました(笑)
もともとはそこまで興味があった分野ではなかったのですが
見ていたらちょっと好奇心が湧いてきたのです。

いかに人の感情を揺さぶれるか?というのが
商売においてめちゃくちゃ大事でして、
これが理解できれば
間違いなく一生食いっぱぐれません。

 

 

僕はこのように日頃から意識的にいろんな商品やサービスや
コンテンツに触れるようにしていて、
そこからビジネスのヒントを得ています。

 

何かしらのコンテンツを見たときに
消費者視点として熱帯魚コーナーを楽しむこともできて
販売者視点でもコピーライティングの事例としても学ぶことができる。

多角的な視点で1つのものを見れるようになると
知識の習得度も一気に上がりますし、
見えなかったものが見えるようになる感覚がつきます。

で、
「商品を世の中に広めていき、商品の価値をわかってもらい、
かつ自動で売れる仕組みを作ること」

の一連の流れをマーケティングと言います。

 

マーケティングの定義については
人によって解釈が微妙に違いますが、
このように理解してもらえれば、まず大丈夫です。

 

 

で、このマーケティングができるようになると、
恐ろしく稼げるようになりますし、
他人の商品も売れるし、
ビジネスに携わる人間なら必ず勉強しておくべきものです。

マーケティングはいつの時代も必要とされ、
かつAIにとって変わられにくい領域の仕事です。

 

 

さっきの水槽の例で言えば、
地球を作りませんか?のコピーがあることによって
間違いなく熱帯魚コーナーの売り上げは上がっています。

人の興味を引き、認知させることができるからです。

可愛いわんちゃんを飼いませんか?よりも
幸せな生活を共に歩む大事なパートナーを見つけませんか?

の方が読み手の興味を引きますよね。

 

 

こういったキャッチコピーも含めて
世の中にある素晴らしい商品は
マーケティングをして広めていくべきなのです。

それで助かる人、喜ぶ人がたくさんいるのだから。

 

 

その商品を使えば悩みが消えて
人生を前向きに生きていけるのなら、
絶対に使ってもらった方がいいですよね。

 

僕は企業の商品に対して
マーケティングをする仕事をやったりもしてますが
売り上げも全然変わってきますし、
なによりマーケティングがきっちりできていると
お客さんの満足度が超絶に高くなります。

 

なので、リピート率も上がるし
関係性が長く続いて企業は安定した売り上げを見込めますし
お客さんは満足してくれて価値を感じてくれるので
双方にとってメリットがあります。

 

マーケティングができるとマジでライバル不在になるし
何をどうすれば売り上げがあがるのか?
もわかるようになってなによりビジネスが面白くなります。

 

世の中の企業やサービスの
マーケティング事例を調べたりもしますし
自分が使っている商品のマーケティング事例を学んで
有名企業の戦略を知った時はテンションが上がります。

 

あと単純に頭が良くなるというのもあって、
視座がどんどん高くなっていきます。

 

 

携われる範囲も規模も変わって来ますしね。
当然ですが個人レベルのビジネスでも
マーケティングができると無双できます。

 

ほとんどの人がマーケティングを難しそうと思って学ばないので
学ぶだけで一人勝ちができます。
体系立てて学べば、誰でもマーケは習得できます。

 

なにが言いたいかと言うと
商品を広めて認知してもらい、価値を感じてもらうために
しっかりと勉強していきましょう。ということです。

 

僕個人の話で言えば、
教材や本を買いまくったり、
知人の起業家と論を交わしたり、
常日頃から見識を深めています。

知識を蓄えたうえで、
事例をたくさんみたり、市場をリサーチすることで

「ふむふむ、こういう悩みがあるのね」
「なるほど、これの裏側ではこうなってたのか」

と自分の中に、落とし込んでいけます。

 

 

さっきのペットショップの話で言えば
熱帯魚コーナーに流木が売っていました。

流木って売れるの知ってましたか?

1本1000〜2000円くらいで売っててびっくりしましたね。

 

 

流木って売れるんだなー。と思っていたら
ヤフオクとかメルカリでも結構売れてて、
そんな市場があったのかとまた一つ勉強になったわけです。

 

 

だって熱帯魚を飼っていない人からすれば
ゴミなわけです。
ただ海に転がってる木ですからね。

ゴミでしかなかった流木の価値を
広めた人、企業がいるということです。

流木の形って、人工物でない限りは
同じ形のものは一つとしてないわけです。

 

希少性がマックスに高いんですね。
形がきれいとか、水槽に入れたら映えるような形であれば
そこに需要があって、買い手がいるということです。

 

てことは、海で流木を拾ってきて
ヤフオクに売るなんて商売も思いつきます。

 

もしくは熱帯魚に関するブログを書いていって
そこに流木などの物販を組みあわせてもいいですね。

ブログ書いてれば熱帯魚好きのファンもつくし、
みんなで熱帯魚を海まで見に行こうぜツアーみたいのを
旅行代理店と組んでもいいです。

 

「普段は水槽越し見ている魚たちと一緒に泳ぎませんか?」
とか。
これ書いてて思いましたけど、めっちゃ楽しそう。

 

逆にダイビングとかシュノーケル好きな人とかに
熱帯魚を売るとか良さそうだな。

 

沖縄で見た魚たちをご自宅でも鑑賞できます。

とか。
これもあり。

 

熱帯魚を飼育する楽しさを知っている人には
一緒に泳ぐ楽しさ、ふれあう楽しさを知ってもらう。

魚と泳ぐことに楽しんでいる人に、
家で熱帯魚を飼育する楽しさを知ってもらう。

 

これってすごい価値提供だと思いませんか?
楽しさを伝えることも価値提供です。

価値を提供しながら金も稼げるし
自分が熱帯魚好きだったら
こんなに面白いことは他にないでしょうね。

 

 

熱帯魚でも筋トレでも美容でも
ファッションでも、
マーケティングができれば
趣味を仕事にすることができます。

 

 

やりたいことだけをやって生きていこうぜ。という
雰囲気が増えて来ていますが、
それを為すには知識が必要です。

 

知識もなしに、ただやりたいことをやっていても
世の中に価値を提供できていなれば
それは子供が遊んでいるのと同じです。

やりたいことを実現するためには
勉強が必ず必要になってきます。

 

 

ちなみに僕は昔、
やりたいことなんてありませんでした。

貧乏で劣等感を抱えて自信もない、学歴もなかったので
こんな自分にできることなんてない。
と考えていたからです。

 

しかし、それは間違った考え方でした。
無知ゆえに見えていなかったのです。

 

勉強をすることで世界が見えてきて
こんなこともできそう、あんなこともできそう。
と自分の中で見える世界がどんどん広がっていきました。

 

 

まさに、見えなかったものが見えるようになったのです。

だから今では、やりたいことは山のようにあります。
その実現のためにも勉強しているし、
もっともっと知識を得ていかなければ
あっという間に寿命が来てしまうなと危惧しています。

 

それに、世の中にはまだ日の目を見ていない価値がたくさんあります。
本当に価値のあるものは広がっていくべきだと思うし、
僕も商売人として、眠っている価値をもっと広めて行きたいですね。

仕組みを作って自己満足できる人生を送ろう。自由な生活を手にするためのセミナーを公開中です

僕は21才からビジネスをやっていて
現在は月に100~150万くらいの収入があります。

元々はサラリーマンでしたが
24才のときに脱サラしました。


現在は仕事をしなくても収益が
発生する仕組みを作っているので
ほとんど働かずにお金が入ってきます。


稼げるようになると精神的にも余裕が生まれますし
人生の選択肢が増え、ストレスのない生活を手に入れることができました。

下記の記事では会社に務めながら副業で月収100万を稼いだ過程を下記の記事で公開してます。

工藤の理念「自己満できる人生を送る方法」



また、以下2つ以上当てはまる方がいたら、興味本位で良いのでメルマガを読んでみてください。

  • 金銭的にも時間的にも自由になりたい人
  • 起業したけど、望むような結果が出ていない人
  • 将来が不安でこのままでいいのかな?と考えている会社員
  • 後悔することなく自己満足できる人生を歩みたい人
  • 年収数千万〜数億円の世界をのぞいて見たい人


学べば誰でもお金を稼ぐことは可能です。
現在無料で配布しているプレゼントはかなりご好評をいただいてます。

期間限定で無料で配布していますのでぜひこちらから受け取ってみてください。

→副業でも年収1000万円を達成するロードマップを受け取る




また、LINE友達も同時に募集しております↓