脱サラ起業で3年経過したので成功するためにどんな準備や勉強をしたかを話してみる

こんにちは。工藤です。
僕は2015年の6月末で会社を脱サラしました。
今、記事を書いているのが2018年7月なので脱サラして3年が経ちました。

元々は偏差値が40以下の超頭の悪い高校に通い、
家から5分の距離にある工場に就職し作業員として
月収13〜18万円くらいの給料で働いていました。

仕事がつまらなく、毎日のように
このままでいいのか?と思っていました。

 

自分の歩いていく未来が全く明るいものではないと気づき、
劣等感と貧乏と将来への不安から21歳で起業しました。

 

 

これまでの最高月収は200万円に届かないくらいです。
だいたい100万円くらいは安定しており
貿易やったり、システムやツール開発やったり、中小企業や個人に対して
コンサルティングをしたりもしています。
あとはベンチャー企業の取締役もやっています。

 

対面で喋ったり、文章を書いたりして
商品を売るのが得意です。

仕組みを作って自動で収益をあげるモデルを作るのが好きで
貿易・物販事業も開発したツールと人を雇って自動で回っています。
これまでに累計1億円くらい売ってきました。

 

携わった企業の売上を含めると数十億円になります。

とはいえ、個人の収入面で全く満足していないので
とりあえず年収1億円をサクッと稼げるくらいまでは
ひたむきに事業に取り組んでいます。

会社をやめてからは
会社員時代よりも労働時間は会社員時代より少なくなり、
仕事も楽しく、収入は増え、劣等感は消え、
そして将来への不安も消えました。

 

人脈も資金も知識も0の状態から、
這い上がり一定の成果を生み出せたことは
自分の中でも大きな自信となりました。

仮に収入が0になっても復活できるような知識も得ました。

こんなことを自分で言うのも手前味噌ですが
一般的には脱サラしてうまくいっている部類と言っていいのかなと思います。

僕に関しては、たまたま運良く、起業に関する情報や知識を学べたので
脱サラの準備を万全に整えて退職届を提出しました。

 

 

自分でブログを書いたり、youtubeで動画を取ったり、
発信をしていると読者からの質問で
脱サラしたいんだけどどんな準備をしたらいいですか??と
質問が来ることが多いので、書きます。

ということで、僕が脱サラ起業するまでに、
何を学び、何を準備したのかを話していきます。

結論からいうと、僕はネットビジネスをやりました。

ネットビジネスとはなにか?

ネットビジネスとは一言でいうと
インターネットを活用した個人でできるビジネスのことです。

 

具体的には
アフィリエイトだったり、情報発信だったり、
転売だったり、インターネットやSNSを使うことによって
効率性を最大限に高めて個人でも大きな収益を得ることができます。

 

 

例えばTwitterのフォロワーが1万人いるアカウントは
何かを呟くと、そのツイートが1万人の目に触れることになります。

有名人ならTVに出たり、ライブをやって1万人集めることができます。
ですが、昔のように僕のように知名度もない、金もないただの21歳では
1万人にメッセージを届けることは不可能です。

けどTwitterを使えば無料で1万人のフォロワーを作り、
1万人にメッセージを届けることが可能です。

 

これがインターネットのすごいところです。
インターネットは無名の個人が影響力を高めていけるのです。
自分の呟きが1万人に届くって冷静にすごくないですか?

こういったインターネットの特徴をうまくビジネスに応用して
商売をしていくことで個人でも効率的にお金を産むことができます。

なぜネットビジネスがおすすめなのか?

僕は脱サラにするにあたって、
ネットビジネスについて勉強をしまくりました。

そして副業という形で起業しました。

 

会社的には、副業は禁止らしかったのですが
「会社が副業禁止といって社員を制限することが法的に禁止だから黙ってやってればいいだろ」
と思って勝手にはじめました。

 

 

あと単純にいきなり会社を辞めるのが怖かったからです。
背水の陣で自らを追い込む時も必要ですが、
僕はビビってたので片足を会社員に、もう片方の足を起業に突っ込み
二足のわらじを履いていました。

僕の場合は、副業という形でスタートしましたが
どうしても今すぐ会社をやめて独立したいのであれば
ネットビジネス1本でもいいです。

 

ですが、徐々に貯金が減っていく様を見るのは
精神衛生上もよくないし、焦ってしまうので
よほどのことがない限りは副業で
少なくとも月30万円くらいの成果を出してからやめることを勧めています。

僕が起業するときには、会社をやめると決意していたので
会社での出世や上司の評価などを全て捨て、
会社員として生きていく道から外れることにしました。

 

ちなみに、ネットビジネスはやろうと思えば誰でもできます。

というのも、ネットビジネスは
パソコン1台とネット環境さえあれば、
家の部屋で1人で簡単に起業できるからです。

事務所もいらないし、社員もいりません。
あと資本もほとんど不要です。

金銭的にリスクらしいリスクがありません。
失敗しても金銭的ダメージを受けないので、挑戦し放題、失敗し放題です。

 

 

月々1000円ほどのコストで
ブログやサイトを作って運営するだけでも
月数十万〜100万円くらいの利益を作れます。

その上、他のビジネスに比べて成功するのが簡単だし、
社員を雇わずに一人でも年収で1億円を稼ぐこともできる
超ローリスク、超ハイリターンの市場です。

 

個人レベルが参入するできるビジネスで
これほどまでに効率よく利益率よくリスク低く稼げるのは
ネットビジネス以外にないでしょう。
ずば抜けてビジネスモデルが優れています。
ネットビジネスを知ってる時点で、参入した時点で、割と勝ちが確定してます。

 

 

僕はネットビジネスをやって稼ぎ、中小企業のコンサルティングをやって、
そのうえで中小企業と比較してますが、ネットビジネスの効率性は異常だなと思います。

ネットビジネスはあまりにも効率が良すぎるので、
美味しすぎる話に聞こえているでしょうし、
ここまで僕の話を聞いて、胡散臭いなと思いますよね。

 

 

僕も初めてネットビジネスを知った時は
同じ感想でした。

「う、、胡散くせぇ、、、」

と疑いの目でしか見てませんでした。

 

ですが、今までの日常では100%ありえない世界が
この世に存在することを知り、チャンスかもしれないと考えました。

自分でもまとまったお金を稼げるかもしれないと期待したし、
心が揺らぎました。

 

 

なので、ビビりながらも騙されたと思って
とりあえずやってみることにしたのです。

そして実際やってみたら、
会社をやめる時には月100万円ほど稼いでいました。

自分でも驚きました。
ネットビジネスってすげええええええ!!
と歓喜に震え、夢の脱サラを果たしました。

当時21歳で貯金もなくて、カツカツだった僕でも
副業で起業して脱サラができたのは
ネットビジネスを選んだからです。

脱サラの準備としてネットビジネスについてどんな勉強をすればいいか?

僕が学んだことは大きくわけで2つあります。

1つはインターネットを使ったマーケティングです。

どうやったら効率的にお客さんが集まるのか?
どうやったら効率的に商品が売れてお金が入ってくるのか?
どうやったらお客さんは商品を買いたくなるのか?

を学び、それを自分のビジネスに活かしました。

マーケティングと聞くと難しそうとか、
自分には無理だと感じてしまうかもですが
学んでみるとそう難しくありません。

実態が捉えにくいふわっとした用語なだけに
イメージしにくいと思います。

けど学んでみると、

「あー、そういうことだったのね」

と理解できるようになります。
そして、マーケが腑に落ちると
お金を稼ぐことが簡単になってきますね。

マーケティングができれば無敵になれるというか、
聖剣エクスカリバーを手にしたようなもので
ビジネスをやっていく上で強力な武器になります。

なにが、どうなって利益が出てるのか全部わかるようになりますし、
自分でビジネスを作っていく時もマーケの知識を元に設計します。

工藤だから理解できたんだろと言われるかもですが
僕はもともと勉強が苦手だったし、最初に述べたように
高校も偏差値40以下の学力です。

中学校1年の最初のテストの時に、
小文字のアルファベットの「a」が分からず
先生に「これなんて読むんですか?」
と質問したりしてました。

先生も「こいつまじか・・」と苦笑いでした。

勉学に向いていなかったのでしょうw
自分で書いていて笑いますねw

けど、ビジネスで結果を出したい。
絶対に会社をやめて、自分の自己満できる人生を生きたい。

 

その一心で勉強に取り組みました。

起業する前の僕はかなりひどい生活をしていて
会社員が終わったあとにバイトをして、生活費を稼いでいました。

しかも会社の上司にも嫌われていたので
仕事面はお先真っ暗な状態でした。

かといって金もないのでプライベートで楽しむこともできないし
俺なんのために生きてるんだろって感じでしたねw

そんな状態だったので、人生をかけて学んでやろうと思ってました。
手っ取り早く結果を出したかったのでお金を払って学びました。

勉強代に投資をしないということは、
参考書を購入せずに受験をするくらい無謀なので
勉強には惜しまず、お金を払ってきました。

 

そして、もう1つは仕組みを作る方法です。

これを学んだことによって僕の収入は一気に伸びました。

 

仕組みとはすごくザックリいうと、
自分が働かずとも、お客さんに価値提供ができて、
収入が生まれ続ける状態のことです。

 

メール講座でも自動で収入が生まれるしくみ作りについてお伝えしてます。

 

いわゆる不労所得と呼ばれるやつです。
不労所得と聞くと怪しいと思うかもしれませんが、
僕らの身近な所にも不労所得はたくさん転がっています。

 

例えば、漫画や音楽などの著作物の印税もそうです。
虎舞竜のロードで大ヒットした高橋ジョージさんは、
「皆さんがカラオケで1回歌うと7円入りますし、
今も年間1200万円ぐらい、黙ってても入ってきます」
と言ってます。

他にも、今賃貸に住んでいるなら、
あなたの家賃は不動産オーナーの不労所得になっています。

こんな感じで不労所得は、実はいろんな所に転がっています。
この不労所得を作るための仕組みについてはこちらの記事で。

まとめ

僕は、マーケティングと仕組みの両方を学んだことで、
商売を加速させることができました。

そして学んだことを活かして、
会社を辞めて食いっぱぐれないように、
辞める前に収入源を準備していたのです。

 

おかげさまで会社を辞める際に月100万円ほどの収入がありました。
会社をやめてからもずっと収入が途切れずに
3年が経ってますが、今後もずーっと収入が途切れることはないでしょう。

この状況を作れたことによって、僕の生活は一変しました。
まず会社に行かなくていいので朝起きる時間が自由になる。
さらにお金もあるので、よほどの贅沢をしない限りは旅行も買い物もできます。

 

 

時間もお金もある状態になると、
やりたい、欲しい、と思ったときにすぐに行動することができます。

「今から飲み行きましょ」
と平日の22時から誘われても、時間を気にせず飲めます。

 

先日も22時に声がかかり、朝5時頃まで
ビリヤードをやったり、卓球をやったり
大の大人が4人集まって学生のように遊んでいました。
(周りの人も起業家で時間も金もある)

もちろん仕事も全力でやっています。
僕は経営者相手にセミナーをやることもあるし
事業を大きくするために足を情報を取りに行くこともあります。

 

なんていうか、会社員時代に比べて、毎日の圧倒的に本気度が違います。
会社員の時は、会社への不信感と将来の不安で
心ここに在らずでしたが、今は「今ココ」に全力を出せるのです。

遊ぶ時は遊び、仕事をする時は仕事をする。
こういった生活は会社員では決して得れるものではなかったし、
ネットビジネスを知れて幸運だったなと思います。

僕のブログやメルマガでは脱サラして起業するためのネタや知識を
話しているので、ぜひ学んでみてください。

仕組みを作って自己満足できる人生を送ろう。自由な生活を手にするためのセミナーを公開中です

僕は21才からビジネスをやっていて
現在は月に100~150万くらいの収入があります。

元々はサラリーマンでしたが
24才のときに脱サラしました。


現在は仕事をしなくても収益が
発生する仕組みを作っているので
ほとんど働かずにお金が入ってきます。


稼げるようになると精神的にも余裕が生まれますし
人生の選択肢が増え、ストレスのない生活を手に入れることができました。

下記の記事では会社に務めながら副業で月収100万を稼いだ過程を下記の記事で公開してます。

工藤の理念「自己満できる人生を送る方法」



また、以下2つ以上当てはまる方がいたら、興味本位で良いのでメルマガを読んでみてください。

  • 金銭的にも時間的にも自由になりたい人
  • 起業したけど、望むような結果が出ていない人
  • 将来が不安でこのままでいいのかな?と考えている会社員
  • 後悔することなく自己満足できる人生を歩みたい人
  • 年収数千万〜数億円の世界をのぞいて見たい人


学べば誰でもお金を稼ぐことは可能です。
現在無料で配布しているプレゼントはかなりご好評をいただいてます。

期間限定で無料で配布していますのでぜひこちらから受け取ってみてください。

→副業でも年収1000万円を達成するロードマップを受け取る




また、LINE友達も同時に募集しております↓