ドリームキラーとの付き合い方。最も効果のある方法。

こんにちは。工藤です。

僕は21才の時に、会社に勤めながら起業をしました。
その3年後に会社を辞めて、今は貿易をやったりシステム開発したり、
情報発信でブログを書いたり、サイトを保有したりしながら収益をあげています。

僕が起業するとなったときに、一つの壁になったのが
ドリームキラーの存在です。

このドリームキラーは僕だけに現れたわけではなく、
僕の周囲の起業家全員に現れたと言ってもいいくらい
出現率の高い厄介者です。

ドリームキラーの対処法を間違えると、非常に面倒くさい事態になりますし、
そもそも挑戦することを諦めなくてはならない状況に陥るかもしれません。

 

なので、そのような悲劇を未然に防ぐためにも
今回はドリームキラーとの付き合い方について、
僕の経験談も含めて話していきます。

 

ドリームキラーとは

そもそもドリームキラーとは、夢や目標達成を邪魔したり阻害する人のことです。

「お前には無理」
「おとなしく会社員のままでいたほうがいい」
「起業なんて危険だよ」

と、挑戦する人の可能性を潰してきます。

 

彼らは頑張ろうとしている人間のやる気を奪い、足を引っ張ってくるわけですね。
この厄介なドリームキラーには、周りにいる人は誰でも該当する可能性があります。

 

母親や父親がなるかもしれないし、親友がなるかもしれないです。
もしくは恋人や奥さん、旦那さんがなるかもしれません。
会社の同期や上司かもしれません。

自分の夢を応援して欲しいなと思っていた大切な人が
ドリームキラーになることも多いですね。

 

鬱陶しい会社の上司などであれば、まだマシですが、
恋人や親族がドリームキラーになってしまった場合は
自分と心の距離が近いばっかりに、結構辛いです。

 

僕も20才の時に付き合っていた彼女に、

「今の会社をやめて、営業の仕事をする」

という話をしたら、まさしくドリームキラーとなりました。

 

「なおきが怪しい仕事をやろうとしている」
といろんな人に相談してたみたいです。

 

理解をしてほしくて何度も話し合いをしたのですが、
その度に険悪な雰囲気になり、一向に理解されなかったので

「この子は俺の挑戦を応援してくれないんだな・・・」

と急速に想いが冷めてしまい、
それがきっかけで別れを告げた経験があります。

ドリームキラーの対処法

で、対処法ですが、ドリームキラーは極力相手にしない方がいいです。

何かに挑戦しようと思い立った時、誰かに公言をして
応援されることを期待したいところですが
残念ながら反対されるリスクが高いです。

もし、これから挑戦したいと思っているのであれば
挑戦したいことを周囲の人に言うのは控えておいた方が得策です。

というのも結果を出していない時点では、
ほとんどの場合は起業するなんて言ったら理解されないでしょうし、
反対される可能性がすごく高いです。

 

モチベを奪われるし、邪魔されるし、的外れな批判だったり、
説明しても理解されないことが往々にしてあります。(経験済み)

この手の人たちに時間と体力と精神力を奪われるよりも、
こっそりと挑戦して何かしらの成果物を取ってから報告しましょう。

成果物があると説得力が増すので、反対される確率が結構下がります。

 

例えば、20歳を過ぎてから、野球を初めた人が
プロ野球選手になりたいから会社を辞めると言っても
説得力もないし、奥さんがいたとしたら気が気じゃないでしょう。

 

収入の柱であるお前が会社辞めたら生活費はどうすんじゃい。
と思うからです。

 

けど、2年くらいひそかに練習を重ねて、
企業の公式野球チームからスカウトされるレベルまでうまくなった段階で

「俺は真剣にプロ野球を目指している」

と言えばすでに成果物があるので、発言の説得力があるわけです。

あと、企業に勤めながら野球をやれば、給料ももらえますしね。

これならいきなり会社を辞めるよりも
奥さんも旦那の夢を応援したくなるでしょ。

 

起業の場合も同様に、
いきなり起業して俺は稼ぐんだ!!と言っても
説得力に欠けるし、反対を食らってしまうかもしれないので
自己アフィリで3万円稼いでから、
「ほら、ネットを使って3万稼げたぞ。だから俺はもっと勉強してもっと稼ぐんだ」
と言えば、説得力がありますよね。

 

なので、一定の成果物が出るまでは水面下で動き、
成果が出てから公言するという順序が無難ですね。

 

すでに周囲が挑戦することを知ってる場合は、
その話題を極力出さずに、目の触れない場所で頑張りましょう。

反対を食らうとメンタルが無駄にすり減りますし、
説得に時間を割くよりも、勉強と実践に時間を使った方がいいです。

ドリームキラーが挑戦に反対する理由

そもそもドリームキラーというのは、
2つの理由から挑戦することに反対をしてきます。

 

1つめの理由は無知だからです。
2つめの理由は嫉妬心からです。

 

まず1つめの理由である無知から説明していきましょう。

 

反対する理由1、無知だから

 

大原則として人は知らないもの、未知なものは
本能的に危険や不安ととらえてしまう心理が働きます。

これは本能的な働きなので抗うことが難しいです。

 

誰だって、得体の知れないものは恐怖を感じます。
夜道を家に向かって歩いていたら、
後ろから人が駅からずっと付いてきたら怖いですよね。

でも、そいつが実は家の方向が一緒の幼馴染だったら恐怖も消えます。
幼馴染のことは知っているからです。

こんな感じで人間は知っているものは怖くないし、知らないものは怖いのです。

 

この心理が知り合いが挑戦をすると耳にしたときにも働くので
よく分からない世界に、自分の知り合いが足を踏み入れることを

「お前あぶねえから辞めておけって」

と、善意で制止します。

 

例えば、クレジットカードを普段から使いまくっている人からすると、
マイルやポイントが溜まるし、いちいち現金を引き出さなくていいし、
すごく便利なアイテムなので持っていないなら絶対に作ったほうがいいものです。

 

ですが、クレカを作ったことがない人は、
借金するとか個人情報を抜かれるとか架空請求がくるとか、
いろんな不安を抱えているので、なかなかカードを作ろうとしませんし、
知り合いが新規でカードを作ろうとしていたら止めにかかるでしょう。

 

クレジットカードは 知っている人間にとっては、便利なアイテムです。
しかし、知らない人間にとっては、怖いアイテムなのです。

このように、知っているか、知らないかの知識の差によって
対象に対する印象が全く逆になるという現象が起こります。

 

クレジットカードを作ろうかなー?と考えている人からすれば
使ったことがないのに、なんとなーく怖いイメージがあるから
使っていない人の意見を参考するよりも、

 

実際にクレカを使ってマイル貯めまくって、
無料で旅行に行ってる人がいるのだから、
その人たちに
「どんなカードがポイント貯まりやすいんですか?」とか
「オススメのクレジットカードってありますか?」とか
話を聞いた方が生産的ですよね。

 

仮にあなたが起業をしたいと考えていても、
起業の知識がない人からすると、
破産するとか、借金背負うとか、そういったイメージによる判断で
自分の友達が起業をすると言いだした途端に

「怪しくない?」
「騙されてない?」
「借金背負わない?」

と、良くも悪くも心配をしてくれるわけですね。

 

確かに、起業する方法によっては、リスクの高い起業もあります。
成功しにくい分野、業種は明確に存在します。

例えば、金を借りて、飲食店とかカフェを出すのはやめておきましょう。
おそらく失敗します。

 

理由はこちら
脱サラしてカフェを開業しても成功は難しい3つの論理的理由とは?

ですが、ネットを使った起業ならば話は別です。

 

インターネットを使えばリスクもほとんどなく、
サラリーマンが一生をかけて稼ぐような膨大な金額を
個人が数年で稼ぐこともできるんだから、
やらないと人生レベルで損します。

マジでリスクらしいリスクもなく、起業ができます。
しかも副業で。

 

反対する理由2、嫉妬心から

 

 

ドリームキラーに最も効果的な方法とは?

ドリームキラーが現れた時に、最も効果的な方法は、
そのドリームキラーに対して2度とその話題を振らずに、
どんどん行動して成功してしまうことです。

 

例えば、自分が夢に向かって挑戦したい!と友人に話したとして、
その友人がドリームキラーになってしまったら
友人には二度と夢の話をしないようにしましょう。

 

そして、夢の話はしないけど、普通通りの交際関係を継続すれば
人間関係が破綻することはないですね。

 

今まで通り普通の友人として接して、水面下で着々と成功への道を進み
夢が叶った段階でもう一度友人に打ち明けましょう。

 

今度は、「夢が叶った」と事後報告をするのです。

 

ちなみに僕の周りにもクレカでマイル貯めて
無料でハワイに行っている人が結構います。

その人たちは、なぜ無料でハワイに行けるのに
みんなクレカを作らないのか・・と疑問に思ってますよ。

 

クレジットカードを実際に使ってみて、
それでも不要と考えるなら解約すればいいわけですしね。

この知らないものは怖いという心理は挑戦にも当てはまります。

 

 

僕も副業で起業をしました。
で、会社に勤めながら年商数千万売れる仕組みを作り、脱サラしました。

ネットだと勉強すれば案外簡単に成功できます。

 

例えばブログを書くとか、お金は全然かかりません。
サーバー代、ドメイン代含めても年間で15000円くらいです。

 

で、これを言うと

「ブログなんかで稼げるんですか?」

という質問が飛んできますが、ブログは意味不明に稼げますよ。

 

僕も最初はブログでどうやって稼ぐねん。と思っていたのですが
それは単なる無知だったことを反省しました。

 

マジでブログは全人類がやるべきだと思ってます。

稼げるのはもちろんのこと、
メリットがありすぎて、話が脱線しそうなので
これについては、のちほど話します。

 

 

よし、話を戻します。

 

ドリームキラーが反対するの2つめの理由は嫉妬です。

 

「自分より幸せになることが許せない」
とか
「自分より成功するなんてムカつく」

という感情から、
無意識的に挑戦しようとしてる人を否定したりします。

もっと言ってしまえば心配だから反対をしてるのではなく、
成功してほしくないから反対してるわけですね。

 

この手の場合は、成功してほしくないわけですから、
成果物を出せば出すほど、嫉妬されるので、
説得も難しいし距離を置くほかないかなと。

迷惑の極みと言うか、本当に害悪でしかありませんが
こればっかりは諦めるしかないです。

 

僕は当初に、当時付き合っていた彼女の他にも
勤めていた会社の人に「起業して近いうちに会社辞めます」と話をしたら、
社会を舐めているとか、うまくいくはずがないとか、散々罵倒されました。

まぁその人からすると、僕のことが心配で忠告をしてくれているのかもしれませんが、
僕の内心は「めんどくせぇな。言わなきゃよかったな」と思っていました。


 

当時は周囲に味方は0でしたね。(笑)
僕にとってはネット上でビジネスの発信をしている人や
本をだしている経営者だけが味方でした。

 

高橋歩さんの本とかも読んでたなぁ。
あの本で実用的に学べることはほぼないですが、
なんとなく精神的に励まされてました。

ドリームキラーに最も効果的な方法とは?

特に僕はブログで情報発信することを推奨しています。
ブログを始めると1万ちょっとの投資に対して、得られるものがえげつないです。

 

まず、文章上手くなるし、頭良くなるし、ファンがついて人から必要とされるし、
読者との交流も面白いし単純に金も稼げます。

 

僕は起業したことによって自信もついて
時間的にも自由で制約がなくてそれでいて仕事が楽しくなりましたね。

自分が書いた記事とかメルマガを読んでもらって、
価値観の近い人が集まってきてそういった人たちと交流できるってすごく楽しいことです。

 

人生変わりました!とか毎回メール楽しみで勉強になってます!
とか返信でいただくんですが、役に立っているんだなと
実感を得れますし単純に返信もらえるのも嬉しいです。

やりがいも感じますし、さらにお客さんから感謝され、
社会や誰かの役に立っているという自分の自己重要感も満たされる。

で、価値を提供した対価としていただいたお金を使って、
また自分を成長されてさらなる価値を世の中に提供する。
このサイクルが超楽しいですし充実感を感じます。

稼いだ実績なんぞなくても、ブログは書けますよ。

 

これは誇張なしで、ネットビジネスで起業するということは可能性の塊で、
この世界を知ってる時点で半分勝ちみたいなとこがありますね。

 

あと、ブログはパソコンとネット回線があれば
すぐにビジネスをスタートできます。

つまり、ブログを書いていても、
はたから見ているとパソコンをカタカタやっているだけなので
起業しているとは思わないわけですね。
家族にバレにくいので水面下で進めやすいです。

 

ネットビジネスの代表格である転売をやろうとすると、
家に在庫が溜まっていくので早い段階で家族にばれます。
そこで反対されたら、事業がストップしてしまって説得に時間を取られます。
これは面倒です。

 

僕は初期に転売をやり始めましたが、
運良く家族からは反対されずに済みました。
これに関してはマジで幸運でした。

 

 

このインターネットビジネスという世界を
知らない人からすると「怪しい!!」と思われたり、
ドリームキラーはなにかと理由をつけて反対をしてくるでしょう。

だからこそ、成果物がでるまでは公言しないか、
すでに言ってしまっている場合は無視しようぜって話です。

 

ネットビジネスについて無知の人の話を聞いても、
時間がもったいないですからね。

 

僕は反対してくる人間の話を無視して
積極的に結果を出してる人から
素直に習って成功までの時間を短縮しました。

 

 

いざ僕が会社辞めるときに、
ビジネスの収入が給料よりもはるかに多いことを伝えたら、
みんな手のひらを返して応援してくれるようになりました。

成果物を出せば、意外と応援してくれたり手のひらを返してくれるので、
それまでは内密に勉強してどんどん稼いでいきましょう。

仕組みを作って自己満足できる人生を送ろう。自由な生活を手にするためのセミナーを公開中です

僕は21才からビジネスをやっていて
現在は月に100~150万くらいの収入があります。

元々はサラリーマンでしたが
24才のときに脱サラしました。


現在は仕事をしなくても収益が
発生する仕組みを作っているので
ほとんど働かずにお金が入ってきます。


稼げるようになると精神的にも余裕が生まれますし
人生の選択肢が増え、ストレスのない生活を手に入れることができました。

下記の記事では会社に務めながら副業で月収100万を稼いだ過程を下記の記事で公開してます。

工藤の理念「自己満できる人生を送る方法」



また、以下2つ以上当てはまる方がいたら、興味本位で良いのでメルマガを読んでみてください。

  • 金銭的にも時間的にも自由になりたい人
  • 起業したけど、望むような結果が出ていない人
  • 将来が不安でこのままでいいのかな?と考えている会社員
  • 後悔することなく自己満足できる人生を歩みたい人
  • 年収数千万〜数億円の世界をのぞいて見たい人


学べば誰でもお金を稼ぐことは可能です。
現在無料で配布しているプレゼントはかなりご好評をいただいてます。

期間限定で無料で配布していますのでぜひこちらから受け取ってみてください。

→副業でも年収1000万円を達成するロードマップを受け取る




また、LINE友達も同時に募集しております↓