不安で押しつぶされそうな時にやるべきこと

こんにちは、工藤です。

僕が起業したばかりで
不安で仕方なかった頃の話です。

 

僕が起業したのは21歳の時でした。

 

なんの知識もなく、
パソコンすらまともに触れない。

当然ブラインドタッチもできず
左右の人差し指一本ずつで
キーボードを叩く。

 

そんなところから
僕の起業は始まりました。

 

8時〜17時まで会社の仕事。

そして20時〜翌3時まで
自分のビジネス。

 

時間をギリギリまで使って
毎日毎日、睡眠時間をけずって
必死でパソコンに向かい続けました。

 

自信がなかったから自分で自分を洗脳する

 

21才でビジネスを始めた、という話をすると

「すごいですね」

と言われることも多くて、
昔から行動力もあって
自信満々の人間だと思われがちですが

実際は全然そんなことなかったんです。

 

むしろ自信なんてなかったですよ。

 

うまくいくんだろうか。。という不安を
なんとか押し殺すことに必死必死。

 

今でこそ失敗を怖がることはありませんけど
起業した当初は

失敗したらどうしよう、、

と何度も考えましたね。

 

もし、結果が出なかったらどうしよう。
高額なお金を支払って
全部無駄になったらどうしよう。

 

学歴も、スキルも、人脈もない自分が
本当に成功できるのか?と
不安になったことも何度もあります。

 

なぜなら僕にはこれといって成功体験が
ほとんどなかったからです。

 

 

12年間も打ち込んだ野球ですら
結果を残せませんでした。

高校最後の大会もあえなく一回戦で敗退。

 

せっかく応援してくれた親に対しても申し訳ない、
という気持ちしかありません。

 

そんな僕に対して、
兄は県大会でベスト8。しかも主将。

なんで兄貴はすんなりと結果を出せるんだろう?

 

俺の方がバットを振った回数は多いし、
走った距離も多いし、
野球に打ち込んだ時間は長いのに。

 

いつもいつも周りからは

「兄貴は優秀(お前はセンスがない)」

と言われて、比較され続けてきました。

 

 

僕の人生の3歩先にいつも兄がいました。

 

なんでもできて、
センスがあって、人気者で、
友達も多くて、常に人生が楽しそうな
兄が心の奥底では羨ましかったのです。

兄のようになりたかったのです。

 

だからなんとしてでも
高校最後の大会では結果を出したいと思って

手が血まみれになってもバットを振って、
朝早くから自主的に朝練もして、
青春を捧げて、人生で一番努力したはずなのに。

 

たった1試合で12年間費やした時間が
報われることなく散っていきました。

なにひとつ結果を出せていない自分に
自信なんてなかったんですよ。

 

だから、自分なんかじゃ
本当はビジネスで成功できないんじゃないかって。

 

時間をたつごとに
どんどん不安が蓄積していったし
何かのきっかけで、プツンと糸が切れて
不安に飲み込まれてしまいそうでした。

そしたらきっと動けなくなってしまう。

それが怖くて怖くて仕方ありませんでした。

 

自分に泥酔しはじめた

 

そんなあるとき、

「結果がでてないとはいえ、
みんなが飲み会で騒いでいる間に
目標に向かって努力している俺って超カッコよくないか?」

と、考えるようになりました。

 

みんなが飲み会している間に
ビジネスを頑張っている自分に
酔うことにしたんです。

 

心の平穏を保つためにも、
自分に言い聞かせるように

俺は成功できるんだ。
俺はやれるんだ。

と、自分を自分で洗脳することにしたのです。

 

(時計の針が2時を超えても、
パソコンの前から離れない俺、いいね。すごくいい。)

って思ってました。

 

昼間は会社で働いて、
夜はビジネスをやって、
二足のわらじで働いている自分。

深夜1時に一息着こうと思って、
家の前の自販機にコーヒーを買いに行って、
外でプシュっと開けてゴクゴク飲んでる自分。

 

深夜に犬の散歩をしてる人が
「こいつこんな時間に外で何やってるんだろう?」
という顔をしても

(俺、ビジネスで稼ぎたくて
こんな時間までやってんすよ。ドヤ)

って思ってました。

 

もう自分に泥酔です。泥酔。
結果出てないのに。笑

 

アホっぽいけど、こうやって考えたら
頑張れたんですよね。

俺は起業家として、絶対に成功するんだ。
俺は絶対にできるやつなんだ。

と言い聞かせていたら
どんどん結果がでるようになったのです。

理由は簡単。
自己肯定感が上がったから。

自分はできると言葉にすると
自己肯定感ってあがるんですよ。

 

根拠なんてなくていんです。

というか、むしろ
根拠のない自信こそが最強の自信。
という説もあるくらいです。

だから、とりあえず

「自分はできる」

と口にしてみてください。

 

 

 

「行動できません」
「不安で手が動きません」
「自分でもできるんでしょうか」

こういう気持ちはわかります。
誰かを頼りたくなるのもわかります。

僕もそうだったので。

 

そんなときにやるべきことは

 

とりあえず行動することでもなく、
現実逃避に走るのでもなく、
自分を徹底的に責めるのではなく
自分で自分を褒めましょう。

 

小さな実績、小さな行動をした自分を
自分で褒めるのです。

 

パソコンを開く自分を「偉い」と褒める。

ブログを書きはじめた自分を「よく書きはじめた」と褒める。

メルマガを送った自分を「よく送った」と褒める。

ツイートをしてみた自分を「よく考えた」と褒める。

 

 

お客さんからの反応がなくたって、
いいんです。

 

バットを振った自分を誇ってください

 

でも、だからこそ、バットを振った自分を、
挑戦していた自分をまず誇るべきです。

 

「自分は挑戦したんだ。自分はいつか成功する。
だってこんなに努力しているはずの自分が成功しないはずがない。」

 

と自分を自分で洗脳してみてください。
(最初のうちは考えれないかもですけど)

 

 

例えば僕はメルマガを書くことを推奨していますが、
人によっては「自分なんかがメルマガなんて・・・」と
メルマガを書くことに抵抗感がある人もいると思います。

つまり、その人にとってはメルマガを書くことは
一つの挑戦でもあるわけで。

 

 

どうやったら返信がもらえるかな?
どうしたら面白い文章が書けるかな?
どうしたらわかりやすいメールが書けるかな?
どうやったらいいねがもらえるかな?

と、毎回考えることだって
言ってしまえば挑戦です。

 

慣れてないうちは時間だってかかります。

・時間をかけてメールを書いているとき
・ふとビジネスと関係ないことを考えたとき
・周りが結果をだして置いてけぼりになったとき
・商品をセールスしたけど思うように売れなかったとき

心のダムが決壊しそうになるかもしれません。

 

でも、挑戦しただけでも充分な実績なんですよ。

よく誤解されがちなのが「失敗」は

・悪
・否定
・落ちこぼれ

ではなく、

・データ取れた
・テストできた
・経験積んで1歩進んだ

ですから。

 

 

挑戦しなければ失敗すらできません。
でも挑戦して失敗すれば次に活かせます。

 

成功も失敗もしていない自分と
挑戦して失敗した自分。

どっちが好きになれそうですか?

 

 

さっきも書いたように
僕は起業する前まで
自分が嫌いでした。

 

けど、ビジネスに挑戦している自分は
好きになれました。

初めて利益をだしたとき、
嬉しかったです。

こんな自分でも成果が出せるんだって。
挑戦してよかった。

本気でそう思いました。

 

 

月100万円を稼いで会社を辞めるとき
初めて何かを成し遂げたと思いました。

あれだけできなかった自分でも
なにかできるんだって自信にもなりました。

 

 

いいじゃないですか。ナルシストで。

僕も人間なので凹むときもあります。
ビジネスでの細かい失敗は数え切れません。

 

失敗したって自分を褒めましょう。
で、反省してまた挑戦しましょう。
そして挑戦している自分に泥酔しましょう。

ホームランが打てるのは
バットを振った人だけですから。

ボールを見送り続けていては
当たるものを当たりません。

 

 

空振りしたら
修正すればいいんです。

見送るだけよりも
遥かに前に進んでいます。

誰かの挑戦を見守る傍観者でいるよりも
自分が挑戦して失敗した方が
はるかに面白いですよ。

 

 

ミスや失敗をしたときに、
萎えてしまって、そのまま諦めてしてしまう人が
多くてすごく勿体無いなと思うんです。

失敗を重く引きずってしまって
自信を失って行動できなくなるくらいなら
ナルシストになったほうが100倍いいです。

 

 

ぜひ自分に泥酔して挑戦してください。

ビジネスには3回失敗したら
退場しなきゃいけないルールはありません。

何度挑戦したっていいんです。

仕組みを作って自己満足できる人生を送ろう。自由な生活を手にするためのセミナーを公開中です

僕は21才からビジネスをやっていて
現在は月に100~200万くらいの収入があります。


時間もお金もある程度自由に使えるようになると
ぶっちゃけ人生が充実します。楽しくなります。


自分の貴重な人生で無駄だと思われるお金の為に
単純作業を繰り返す時間だけを削ぎ落として
楽しい部分だけを残して、お金と時間がたっぷりあったら
人生楽しいですよね。

究極の自己満足です。
僕が目指す理想はここです。


で、今は仕事をしなくてもお金が
発生する仕組みを作っているので
自分が掲げた理想をかなり実現させることができました。


じゃあ、いったいどうやったのか?
学歴も、人脈も、知識もなかった普通の会社員だった僕が
どのようにして稼げるようになったのかを
下記の記事で公開してます。

>>工藤の理念「自己満足を追及せよ」



また、メルマガではブログには書いていない
具体的なことも話しています。

どうしても表で言えることって限られちゃうので、
メルマガだけの話を盛りだくさんにしています。

以下2つ以上当てはまる方がいたら、メルマガを読んでみてください。

  • 金銭的にも時間的にも自由になりたい人
  • 起業したけど、望むような結果が出ていない人
  • 将来が不安でこのままでいいのかな?と考えている会社員
  • 後悔することなく自己満足できる人生を歩みたい人
  • 年収数千万〜数億円の世界をのぞいて見たい人


僕のメルマガは読んでいるだけで、
勝手に稼げるようになってしまうと思います。

あとメルマガでは登録後に即送られてくるプレゼントを用意してます。
かなり好評なので、
こちらから受け取ってみてください。


→工藤のメルマガを読んでみる




また、LINE友達も同時に募集しております↓
LINEでは「好きなことで稼いでいく方法」という約40分の動画をプレゼントしてます。