外注さんにクリスマスプレゼントを送ったら喜んでくれた。経営者の仕事はいかに気持ちよく働いてもらえるかを考えること。

どうも。工藤です。
いつも仕事を手伝ってくれてる外注さんに
1日遅れでクリスマスプレゼントを送ったら
こんなチャットをもらいました。

本人には何も言わずにサプライズで送ったので
いきなり荷物が届いて驚いたみたいです(笑)

この方は主婦の方で、いつも忙しい合間に
僕の仕事を受け持ってくれています。

日頃の感謝の気持ちも込めた一言メッセージも同封したりして、
かなり喜んでくれました。

喜んでくれると、プレゼントをあげた僕も嬉しいですね。

てか主婦の方ってかなりポテンシャルが高いと思ってまして、
というのも、子育てとか料理を作るとかも含めた家事全般を
1人でやってるわけですよ。

特に小さい子供がいる主婦とかは24時間気を抜けないですからね。
ちょっと子供から目を離したりしたら命に関わりますし。

で、そんな超忙しい合間をぬって、
家でもできる仕事を探して、
自分でも家族のためにお金を稼ごうとしてる。

めちゃくちゃバイタリティに溢れてますし、
実際僕の仕事を手伝ってくれてる外注さんも
すごく一生懸命に作業してくれます。

そう思うと主婦ってすごいわ。

さて、本題ですが
経営者の大事な役割のひとつに、
自分の元で働く人間にいかに気持ちよく働いてもらうか。という点があります。

社長じゃないから関係ないと思いましたか?
これは記事を書いてもらうような
個人レベルの外注作業でも同様に大事なことです。

会社であろうと個人であろうと
人に作業を依頼して仕事をしてもらうことには変わりないからです。

いかに気持ちよく働いてもらうか。とは
働く環境の整備だったり
良好な人間関係だったり
色んな側面を含めています。

社員が自分の会社のために活き活きと働いてくれて
楽しそうに仕事をしてくれた方が気分がいいですよね。

社員と一丸となって何かひとつの目標に向かって頑張ることは
ものすごくやりがいと充実感を感じれるので楽しいのです。

働いている人からすれば、
もっとこの会社のために頑張ろうと思ってくれたり
楽しいと思ってくれたら会社を辞めようとは思わないです。

その結果として社員が会社にコミットしてくれるので
業績が伸びて、仕事も楽しい。
こんなにいいことはないと思いませんか?

記事を書いてもらう外注さんに
自分の為に一生懸命働こうと思ってもらえたら
利益が伸びますよね。

僕が雇っている外注さんは
単純に作業をこなすだけでなく
作業していて気付いたことを
提案、報告してくれたりすることが多々あります。

外注さんからの提言を元に
修正して、その結果収益が伸びたことは何度もあります。

僕が一緒に仕事をしてる人からいろんな恩恵を受けれるのは
外注さんが気持ちよく働けるような場を提供しようと
心がけているからこそだと思ってます。

僕の好きな漫画のアクマゲームの主人公、織田照朝は
社員を家族のように大事にしているので
社員から信頼され、社長のためなら何でもやります!という
関係になっています。

キャラとして織田照朝がかっこよすぎるので
僕はアクマゲームを何度も読み返してます。
登場人物が全員魅力的で神漫画です。

アクマゲームの記事はこちら

社長が社員に愛される会社と社員にディスられる会社では
どう考えても前者の方がうまくいきます。

もっといえば社員に愛される会社にした方が絶対に楽しいです。

社長が出勤して
「うわー、社長きたよ・・」と
後ろ指刺されて悪口言われるか、

「おはようございます!!」と
社員から慕われて挨拶されるかって
気持ち的に全然違いますよね。

そもそも身内(社員)を大事にできない人間がお客さんに価値提供できなくね?
とも思います。

その点でいうとブラック企業とかは論外なんだよなー。
社員をボロ雑巾のように使って何とか維持してても
いずれ疲弊していくのは目に見えてます。

そもそも論として社長がちゃんと勉強してれば
構造的にブラック企業にならない。

なぜなら社長の仕事は仕組みを作ることであり、
その仕組みが不完全だから利益が出なくて
社員にしわ寄せがいって
長時間労働を強いるわけですね。

ってことは、ブラック企業の社長は
自分の知的怠慢を部下に押し付けてるということになります。

話が脱線しましたが、TOPの人間が勤勉で
どうやったら人が気持ちよく動いてくれるのか?を
もっと勉強してさえいれば
社員は生き生きと仕事ができるのです。

僕の話をすると、僕が元いた会社はブラックではなかったものの
3Kとよばれる仕事だったため、仕事環境が非常に悪かったです。

空気が汚くて鼻炎を発症したり
喉が痛くなったり。

会社に行くとリアルに体調が悪くなってました。

仕事のパフォーマンスは下がるし
もっときれいな職場で仕事がしたいとよく思ったものです。

体調が悪い中、仕事をしてると
仲のいい先輩が僕の仕事を手伝ってくれることがよくありました。

これが超嬉しかったんですよね。
先輩も仕事を抱えて忙しいことも知ってたので、
それでも僕の仕事を手伝ってくれたのです。

なので、僕もその人が困ってる時は
仕事を手伝ったり、頼まれごとをされたときも
気持ちよく動いていました。

単純に一緒に働いてる人とは
いい関係で仕事をしたいですし、
今回のプレゼントも少しでも外注さんが気持ちよく働いてくれれば、
と思ってのサプライズです。

喜んでくれたので、
きっと今以上に仕事を頑張ってくれるはずです。(笑)

ということで一緒に仕事をしている人が
どうすれば気持ちよく働いてくれるのか考えてみましょう。
きっと何倍にもなって自分に返ってきます。

仕組みを作って自己満足できる人生を送ろう。自由な生活を手にするためのセミナーを公開中です

僕は21才からビジネスをやっていて
現在は月に100~150万くらいの収入があります。

元々はサラリーマンでしたが
24才のときに脱サラしました。


現在は仕事をしなくても収益が
発生する仕組みを作っているので
ほとんど働かずにお金が入ってきます。


稼げるようになると精神的にも余裕が生まれますし
人生の選択肢が増え、ストレスのない生活を手に入れることができました。

下記の記事では会社に務めながら副業で月収100万を稼いだ過程を下記の記事で公開してます。

工藤の理念「自己満できる人生を送る方法」



また、以下2つ以上当てはまる方がいたら、興味本位で良いのでメルマガを読んでみてください。

  • 金銭的にも時間的にも自由になりたい人
  • 起業したけど、望むような結果が出ていない人
  • 将来が不安でこのままでいいのかな?と考えている会社員
  • 後悔することなく自己満足できる人生を歩みたい人
  • 年収数千万〜数億円の世界をのぞいて見たい人


学べば誰でもお金を稼ぐことは可能です。
現在無料で配布しているプレゼントはかなりご好評をいただいてます。

期間限定で無料で配布していますのでぜひこちらから受け取ってみてください。

→副業でも年収1000万円を達成するロードマップを受け取る




また、LINE友達も同時に募集しております↓