副業を始めて脱サラ(独立)する最適なタイミングは?【経験談あり】

こんにちは、工藤です。

僕は2012年2月に会社に行きつつ副業で起業し、
2015年の6月末で脱サラ(独立)しました。

 

この記事を執筆している時点で脱サラ(独立)して4年近く経とうとしています。
今でも自分の事業は健在で、月に数百万円の売上と100万円〜180万円の利益が出ています。

 

ブログを書いていると副業で起業している人から
脱サラのタイミングについて質問を受けることがあるので回答しておきます。

副業を始めて脱サラ(独立)する最適なタイミングは?

 

結論から言うと、

1,副業の収入が本業を超えている
2,今後も収益を生み続ける見込みが立っている

の2つの条件が揃ったときが最適です。

 

なぜなら副業の収入が本業を超えていないうちに脱サラ(独立)すると
生活レベルを落とさなければならないし、

今後も収益を生み続ける見込みがないままに脱サラ(独立)をすると
収入が途絶えたときに生活が成り立たなくなるからです。

 

 

例えば本業の収入が年収500万円であれば、
副業でも年収500万円くらいは稼ぎたいですし、
さらにその収入が継続的に見込める下地を作るべきです。

 

本業の年収が300万円だったら副業でも年収300万円くらいは稼ぎたいですね。

 

生活水準を落とすことの心理的な負荷は大きいし、今まで年収500万円だった人が
年収300万円の生活になった場合は元々年収300万円の人よりも幸福度は低いと言われてます。

 

 

であれば、収入が下がることが確定してるうちに会社を辞めるよりも、
給料をもらいながら副業のビジネスを拡大させていった方が堅実ですよね。

 

ちなみに「収入が継続的に見込める」というのはあくまで見込みなので、
今後も継続的に稼ぎ続けれるかは自分で判断するしかありません。

これは完全にビジネスモデルによって変わってきます。

 

たとえばせどりをしていて、月100万円の利益が出ていたとしても
販売先がAmazonだけしかなかった場合、
Amazonのアカウントが停止したら収入は0円になるので、
この状況で脱サラするのはかなりリスクが高いです。

 

 

なので収入源が一つしかないならを一つだけにしないように、
販路を増やしてリスクヘッジした方がいいですね。

 

 

僕の知り合いでも、youtubeの広告収入が100万円くらいあったのですが
アカウントが飛んで大変な目にあってる人がいたので、注意が必要です。

 

 

特にプラットフォームの規約はコロコロ変わるし、
その規約変更によって収入が吹き飛んでしまう依存状態のまま会社を辞めても
精神は安定しないので、プラットフォームに依存しない収入を作るべきです。

リスクの観点から言えば「卵は一つのカゴに盛るな」という言葉があるように
分散はリスク低減の王道ですから。

 

 

逆に副業の利益が月50万円だったとしても、リスト(お客さんの連絡先)が大量にあって、
自分のビジネスにリピートしてくれる固定客いるのならかなり安定してると言えるので、
この状況であれば脱サラ(独立)しても大丈夫かと。

 

参考までに、僕の経験談を書くと、
会社を辞めたときには副業の収入が月100万円を超えていました。

しかも収入源は複数あったので、そう簡単には吹き飛ばない収入の下地がありました。

 

 

月に100万円前後の収入が何ヶ月も継続していたし、
さらに今後も継続して稼げる見込みがあったので、脱サラ(独立)に踏み切った感じですね。

本業の収入を余裕で超えていたし、
さらに今後も利益を生み出し続けれるという自信があったので、
会社を辞めることにしました。

会社が嫌すぎて、今すぐにでも辞めたいなら辞めてもok

例外として、さっきの条件が満たされていなくても、
会社を辞めてもいい場合もあります。

 

こういう場合は会社を辞めて収入が下がったり途絶えるリスクを許容してでも、
今すぐに会社を辞めた方が幸福度が高いケースです。

 

 

例えば上司からパワハラを受けていて耐えきれず発狂しそうとか、
超ブラック企業でボロ雑巾のように使われて精神が崩壊しそうとか。

こういう場合は、とりあえず辞めてもいいかと。
自分が壊れてしまっては起業もクソもないです。

 

 

まだ副業の芽が出てないうちに辞めると生活レベルは下がるデメリットがありますが
生活レベルが下がってでも会社を辞めた方がストレスが減るなどのメリットが大きいのであれば、
そっちを選択した方が賢いです。

 

この辺はメリット・デメリットを天秤にかけましょう。

 

 

ちなみにですが会社を辞めれば時間もできるので、
ビジネスに時間を投下することができます。

時間を投下できるようになった結果、
会社を辞めた後に本業の収入を上回った人も知ってるので
勢いで辞めてしまうのもありだとは思います。

 

 

ですが副業という形で収入を伸ばしてからの方が、
精神的にも経済的にも安心感があるので、
よほどの事情がない限りは会社員を頑張って2つの条件を満たしましょう。

脱サラしたあとは圧倒的な自由が待っている

脱サラをすると自分の生活を保障してくれる会社の後ろ盾はなくなりますが、
その代わりに圧倒的に自由な生活が手に入ります。

 

まず朝起きなくていい。これが神です。

僕は朝起きるのが本当に苦手なので、これが1番のメリットかもしれないです。
目覚ましの音で起きなくて良いのはでかいですね。

 

あと、副業でビジネスをやってる場合は、
おそらく睡眠時間を削って作業時間を捻出してると思いますが
脱サラすれば好きなだけ寝れます(笑)

 

学生時代の夏休みのような感覚が一生続きます。

 

特に僕の場合は自分が働かなくても収入が入ってくるように仕組みを作って脱サラしたので、
自由度はかなり高くなりました。

出勤が人生から消えます。
上司が人生から消えます。
いつでも旅行いけます。
好きな人とだけ会えます。

 

人間関係のストレスが消えるので、
プレッシャーが皆無になっていきます。

 

 

時間が増えたことで自分と向き合う時間も増えますね。

僕は自分のやりたいこととか、生き方とかを考えるようになったし
今まで読まなかったような本も読むようになりました。

 

夜中に思い立って散歩してみたり、
平日の昼間から近所の運動公園に行ってランニングしたり、
健康にも気を使えるようになったし、
総じて人生における幸福度もだいぶ上がりましたね。

 

自由度が高いぶん責任も大きいですが、
金銭的にも時間的にも余裕を作って、その上で選択肢の多い人生を送った方が
楽しいと思います。

自分のビジネスを客観的にみて、脱サラ(独立)のタイミングを計ってください。

では!

仕組みを作って自己満足できる人生を送ろう。自由な生活を手にするためのセミナーを公開中です

僕は21才からビジネスをやっていて
現在は月に100~150万くらいの収入があります。

元々はサラリーマンでしたが
24才のときに脱サラしました。


現在は仕事をしなくても収益が
発生する仕組みを作っているので
ほとんど働かずにお金が入ってきます。


稼げるようになると精神的にも余裕が生まれますし
人生の選択肢が増え、ストレスのない生活を手に入れることができました。

下記の記事では会社に務めながら副業で月収100万を稼いだ過程を下記の記事で公開してます。

工藤の理念「自己満できる人生を送る方法」



また、以下2つ以上当てはまる方がいたら、興味本位で良いのでメルマガを読んでみてください。

  • 金銭的にも時間的にも自由になりたい人
  • 起業したけど、望むような結果が出ていない人
  • 将来が不安でこのままでいいのかな?と考えている会社員
  • 後悔することなく自己満足できる人生を歩みたい人
  • 年収数千万〜数億円の世界をのぞいて見たい人


学べば誰でもお金を稼ぐことは可能です。
現在無料で配布しているプレゼントはかなりご好評をいただいてます。

期間限定で無料で配布していますのでぜひこちらから受け取ってみてください。

→副業でも年収1000万円を達成するロードマップを受け取る




また、LINE友達も同時に募集しております↓