簡単に情報にアクセスできるからこそ知的格差は二極化していく

どうも。工藤です。
インターネットが登場したことで
知識の格差が大きくなって二極化になり、
それがそのまま経済状況に直結していきまっせ。

という話をしていきます。

 

何が言いたいかというと、
早い話がインターネットが出てきたことで
世の人々が知識人はどんどん知識人になり、
無知の人はそのまま停滞するので両者の差が大きくなっていきます。

 

当然ですが、 知識人はお金を稼ぐ金持ちになり、
無知な人はお金を稼げずに貧乏になります。

すでにこの2極化は起きていることですが、
今後ますます加速していきます。

 

なんでかというと、そもそもインターネットが登場したことで
情報や知識へのアクセスが 誰でもできるようになりました。

今でこそGoogle先生に聞けばあらかたの答えがわかってしまうのが当たり前なのですが、
これって本来、革命と言えるレベルですごいことです。

 

で、この情報にアクセスできるようになったことが
どれだけすごいことか?という話ですが、
例えば、ネットが無かった時代だと
知識とか情報って限られた人だけが独占していたのです。

インターネットが個人間の情報格差を埋めた

インターネットが登場するまでは
医療の知識だったら医者、
税金の知識だったら税理士、
車修理の知識だったら自動車整備士など
専門性の高い知識はなかなか手に入れることができませんでした。

その知識にアクセスするには
お金を払うか、人脈を駆使して情報を得るしかなかったのです。

 

だからこそ、人脈や資金が豊富にある一部の富裕層を除いた大多数の人たちは
皆平等に知識にアクセスできなかったので知的格差がなかったわけです。

 

ですが、ネットの登場によって
誰でも得られる知識が爆発的に増えて
平等にアクセスできるようになりました。

 

医療の知識も、税金の知識も、車修理の知識も
今はネットを叩けばあらかた検索(アクセス)することができますよね。

 

インターネットの世界は
漫画からビジネス書などの古典が置いてある
超巨大な図書館だとイメージしてもらえば
わかりやすいでしょう。

 

昔は情報の図書館にくるためには一部の特権階級に所属している人や
特別な人脈を持っている人に限られていたわけです。

 

ですが情報図書館へ気軽に来れるようになったことで
今までは一部の人しか知らなかった
成功への最短ルートや失敗を避ける方法など
自分の身を助けてくれる知識・情報にアクセスできるようになったのです。

 

情報に簡単にアクセスができるようになると何が起こるかというと、
今まではお金や人脈がなくて
学びたくても学べなかった人達が
ネットの登場で様々なことを学べるようになったので
勉強する人と勉強しない人との知識差がどんどん開いていくのです。

 

情報に簡単にアクセスできる環境ですが、
その環境を利用する人と全く利用しない人で
行動には大きく差がでます。

 

例えば、ビジネス書や古典などの知識を高める人と
漫画を読んで娯楽を楽しむ人では
「お金を稼ぐ土俵」で戦ったときにどっちが勝つか?
というと当たり前ですがビジネス書で勉強している人です。

(漫画をビジネス的な観点から読み込めばビジネスに応用できるし
ビジネスと漫画が全くの無関係というわけではない)

 

 

 

簡単に言ってしまえば勉強する人は
ネットを使って有益情報にアクセスして
ガシガシ勉強をするようになるので
勉強をサボって遊んでいる人は、
置いていかれて差がつくよってことですね。

 

勉強の領域はビジネスに限らず、
ネットを叩けばその業界で一流と呼ばれる人の
情報は結構転がっててブログとか普通に読めますしね。

 

ちなみに成功してる人の思考法だったり、
考え方などのヒントが大量に落ちているので、
自分なりに情報を拾い集めるのも良いですが
もっと手っ取り早く良い情報を効率的に集める方法があります。

 

それはすでに成功してる人に

・どうやって情報を集めてるのか
・愛読してるブログや情報を追っている人がいないか

を聞いたり、ツイッターなどのSNSで
どんなニュースサイトを見ているのかをチェックすることです。

 

これはかなりおすすめ。

(僕の情報源を知りたい場合は会ったときにでも聞いてください。
面白いブログを大量に知ってます)

 

学ぶ機会が平等だからこそ格差が生まれていく

 

あと最近はアカデミックの分野でも
情報がどんどん公開されるようになってきており、
世界の超一流大学の授業が無料で受けれるようになっていますね。

例えばハーバード大学
https://online-learning.harvard.edu/

今まではハーバード大学の授業を受けるには
猛烈な受験戦争を勝ち抜き、
年間700万円もの授業料を大学側に払う必要がありました。

けど、今なら一部ではありますが無料で授業を受けることができます。

 

他にも世界中の大学授業を受けれるCourseraというサイトも。
世界28か国から145のパートナーによって、現在2000近いコースがあります。

Coursera
https://www.coursera.org/

 

ホリエモンも近畿大学の卒業スピーチでこんなことを言っていました。

今までインフラが整ってきてなかった、例えばアフリカの山奥の国の人たちが、そうやって簡単に世界最高峰の知に触れる機会を持つことになります。当然ながら、優秀な人たちは、インターネットにアクセスして、スマートフォン経由でインターネットにアクセスして、世界最高峰の知を英語ベースで手に入れることになるでしょう。そして皆さんは、その人たちと同じ土俵にたってこれから生きて行くことになります。おそらく、僕が最初に言った努力をしない人たちというのは、取り残されていくことになると思います。

 

堀江さんのスピーチを全体を通して要約すると、

「学ぶチャンスが平等に与えられるから、優秀な人が知識に触れたら
格差がどんどん広がりやすくなるよね。だから勉強しないとやばいよ。」

ということ。

ちなみに堀江さんのスピーチはこれ

 

起業のコストは下がっていて、情報にもアクセスできる

 

起業に限った話をしてもインターネットから大量の情報を収集できるし
初期費用がほとんどいらないスモールビジネスで起業しやすくなったので
歴史を振り返ってみても個人がもっとも成功しやすくなった時代と言えます。

 

昔は融資を受けて、借用書を書いて、
面倒な手続きがあって、特定の条件を満たさないと
起業が難しかったのですが今はパソコン一台でビジネスができます。

 

ネットで情報にアクセスした小学生や中学生が
資金のかからないスモールビジネスを立ち上げたり、
プログラミングで受託開発をして自分の力でお金を稼ぐことが珍しくないわけです。

 

中学生でもワードプレス立ち上げてブログ書いたり、
ライターの仕事を請け負う人もいるくらいなので。

 

一昔前だったら中学生が起業するって無理だったんじゃないかな。

ネットが出てきたことで、 知識にアクセスできて、
かつ資金のかからない起業ができるようになったので
子供ながらに父親よりも稼いでいる未成年はどんどん増えています。

 

僕が起業したのは21歳の時ですが
インターネットがなければ情報に触れることもできなかったし
間違いなく起業をすることはなかったので
本当に幸運だったしいい時代に生まれたなと思ってます。

 

ネット起業に年齢は関係ない

現代は成功するためには充分な情報には簡単にアクセスできて、
かつネットで起業するなら資金もかからないわけです。

 

ここまで好条件で起業ができる昨今ですから
本気度というか、覚悟というか、
本当にお金を稼ぎたいとか、人生を変えたいのであれば、
スモールビジネスで年収1000万円くらいのレベルだったら
「できるかできないか」ではなくて「やるかやらないか」です。

 

僕のメルマガ読者の中には
10代で自分の可能性を信じて動き始める人もいるなかで
40代、50代、60代の人でも、
「私もこれから起業してみます」と鼻息荒く挑戦しようとする人もいます。

 

かなり前ですが、知人が主催したの飲み会に遊びに行ったら
70代の女性がいて、最近になって情報発信を始めて
ブログやメルマガを頑張っているみたいです。

年齢にとらわれず自分の可能性を信じて挑戦している人に遭遇すると
純粋にかっこいいなと思います。

年齢は諦める理由にならないので、いつだってチャレンジできますよ。

 

仮に僕が
「あなたは年齢的に成功できません」
と言ったら諦めるんですかね?

恐らく、そうではないですよね。

このブログを読んでいるということは
せっかく可能性を見出しているのですから
挑戦した方がきっと後悔しないと思います。

 

金持ちになるための力

そして、金持ちになるうえで重要なのは仕組みを作れる力です。

 

仕組みがなければ、遺産を相続したり宝くじが当たるような
特例を除き、金持ちになることはかなり厳しいですね。

 

僕の周りにいる0から成り上がった金持ちは全員仕組みを作って、
そこから得られる収入や仕組み自体を売って、
得た資金を投資に回したりしています。

 

最近だとアフィリエイトサイトを売ったり、
youtubeチャンネルを売ることでまとまった資金を稼ぎ、
さらに新しいビジネスを作ったり、投資家として活動する人も増えてますし、
マネタイズの方法は無限にあります。

その辺りも勉強すればどんどん見えてきますよ。

 

ネットが登場したことで誰でも知識にアクセスできるということは
裏を返せば誰にでも平等にチャンスがあるということです。

ほとんどの人は、
まず怪しいと思って調べないし、
調べたとしても行動しないし、
行動したとしても長続きしません。

 

だからこそ学歴なし、資金なし、人脈なしだった僕みたいな人間でも
勉強と実践を愚直にやっていけばお金を稼げるようになれました。

 

 

社会にはルールや規則があり、
ルールに詳しいやつの方が勝負事は強いですから。

なので、起業で成功するにはまずルールを知り、
成功パターンを知り、型を知りましょう。

 

人はどんなときにお金を払うのか?

どんなビジネスが儲かりやすいのか?

などなど、僕も情報は大量に公開しているので
ぜひブログやメルマガやyoutubeなどを一通り目を通してみてください。

 

知的富裕層になってしまえば、
金銭的な富裕層になることはどんどん現実味を帯びていきますよ。

では!

 

PS.コンサル生と食事に行ってきました

先日、コンサル生と食事に行ってご馳走になりました。

今は海外の富裕層相手に投資案件を紹介して世界中を飛び回ったり、
国から頼まれたセミナーに登壇したり、契約書の翻訳をしたり
その業界でどんどん知名度が上がってきたから仕事がどんどん舞い込んでるらしいです。

いい感じに成果が出ててなによりですし、
僕の詳しくない領域で活躍しているので海外の情報を色々教えてくれました。

某仮想通貨も日本での印象とアメリカでの印象は全然違うらしく、
英語圏の情報にリーチできるのは強いなと思いましたね。

 

仕組みを作って自己満足できる人生を送ろう。自由な生活を手にするためのセミナーを公開中です

僕は21才からビジネスをやっていて
現在は月に100~150万くらいの収入があります。

元々はサラリーマンでしたが
24才のときに脱サラしました。


現在は仕事をしなくても収益が
発生する仕組みを作っているので
ほとんど働かずにお金が入ってきます。


稼げるようになると精神的にも余裕が生まれますし
人生の選択肢が増え、ストレスのない生活を手に入れることができました。

下記の記事では会社に務めながら副業で月収100万を稼いだ過程を下記の記事で公開してます。

工藤の理念「自己満できる人生を送る方法」



また、以下2つ以上当てはまる方がいたら、興味本位で良いのでメルマガを読んでみてください。

  • 金銭的にも時間的にも自由になりたい人
  • 起業したけど、望むような結果が出ていない人
  • 将来が不安でこのままでいいのかな?と考えている会社員
  • 後悔することなく自己満足できる人生を歩みたい人
  • 年収数千万〜数億円の世界をのぞいて見たい人


学べば誰でもお金を稼ぐことは可能です。
現在無料で配布しているプレゼントはかなりご好評をいただいてます。

期間限定で無料で配布していますのでぜひこちらから受け取ってみてください。

→副業でも年収1000万円を達成するロードマップを受け取る




また、LINE友達も同時に募集しております↓