他人をディスって得しているつもりでも実は損をしている

こんにちは、工藤です。

僕の知人にすごい人たらしがいて
金持ちの社長とか実力者に気に入られる人がいます。

彼の話を聞いている限り人脈が異様に広く、
しかも名刺を交換しただけのような名ばかりの人脈じゃなくて
実際に仕事につながるケースもすごく多い。

 

格上の人間から好かれる能力って
かなり稀少性の高いスキルなので、そのスキルを盗みたいなと思って
彼を注意深く観察することにしました。

 

すると、他の人があまりやっていないことを
彼は当たり前のようにやっていることに気がつきました。

 

それは、ものすごくナチュラルに人のいいところを褒める。のです。

「〇〇さんはこういうところが凄くて〜」
「〇〇さんはここにとにかく詳しい」

と、スラスラと誰かのいいところがでてきます。

 

観察し始めた頃は大変失礼ながら

ゴマをすってるのかな?

とか思っていたんですけど(いや、ほんと失礼ですね)
本人がいない前でも絶賛しているので
きっと本心から褒めているのだと思います。

 

彼が誰かの話をするときは、大概その人の長所の話が飛び出します。

 

 

そこで僕も彼を見習って知人と話しているときに

「Aさんは文章がめちゃくちゃうまい。だから見習いたい」
「Bさんは継続力がやばい。粘り強さを真似したい」

と、誰かを褒める話を意図的に実行してみたのです。

 

これまで内心で感じていたことを思い切って
口に出してみたところ、なんと、、、、

 

その人に対する敬意が明らかに増えました。

 

いわゆるコミットメントと一貫性の力が働いたわけです。

(一度心に決めたことや実行したことに
矛盾のない行動を今後も行いやすいという人間の性質)

口に出して褒めた人のことを尊敬の対象として認識すれば
相手に対しての接し方や振る舞いも当然違ってくるわけですね。

 

女の子はスキピ(好きな男)に対しては素直ないい子だけど
嫌いな男に対してはゴミを見るような目で見下しているわけで
露骨に態度が変わりますよねw

 

 

で、別にこれは女の子に限った話じゃなくて
誰だって尊敬している人には
敬意を持って接するようになります。

嫌いな人には、それ相応の態度になってしまうわけです。

 

相手からすると、

「あ、この人は自分に本当に敬意を持ってくれてるんだな」

とか

「あ、こいつは表面上はいい顔してるけど本心では俺のこと嫌いだな」

とか分かっちゃうわけですね。

 

特に金持ちとか実力のある人は
たくさんの人から言い寄られる存在ですから
その辺の人を見る目はかなりシビアなんですね。

だから表面上のおべっかはだいたい見破られます。

 

逆に言えば

・自分を心から尊敬してくれる
・こいつは裏切らないな

という信頼のおける人に対しては嫌いになることはないし、
むしろ気を許す傾向にあります。

(よほど問題がある場合は別)

 

 

つまり、知人の彼の場合は

彼がSさんを尊敬する。

Sさんのいいところを他の人に布教する

Sさんへの尊敬度合いがさらに高まる

Sさんへ尊敬が伝わる

Sさんも彼のことを信頼する

 

という流れができているのでは?と思いました。

 

しかもこの流れの良い点は
Sさんも、彼も、彼からSさんの話を聞いた人も誰も損していないのです。

 

Sさんからすると、自分を尊敬してくれて、
かつ自分の良い印象を布教してくれているわけです。

彼からSさんの話を聞いた人からすると
Sさんの存在を知ることができて、興味を持つかもしれません。

彼自身は、Sさんから気に入られて一緒に仕事ができたり
仲良くなることができます。

 

もちろん彼自身の能力も高いです。

ただ人がいいだけでは一緒に仕事をすることはできません。

彼は仕事ができるので、その能力を買われて
一緒に仕事をすることになっているので、
能力があることは大前提ですね。

 

そのうえで人たらしが上手なので
格上の人から好かれるんだろうなあと勝手に分析しています。

 

彼のように格上の人から好かれて
引き上げられていく人がいる一方で
格上から全然好かれない人もいます。

 

色んな要素はありますが、一つ確実なのは
誰かの欠点ばかりに目を向けている人は確実に好かれません。

 

欠点というか、自分が勝っている点を探して
マウントを取ると言った方が正確かな。

 

頑なに他人を褒めようとしない人、
他人の欠点を貶めている人はやっぱり人が寄ってきません。

 

じゃあなんで、そういう人は決して誰かを褒めず、
欠点ばかりを探しているんでしょう?

 

答えは単純。

誰かを褒めてしまったら
自分はその人よりも下であると
認めることになってしまうからです。

プライドが発動するわけですね。

 

例えば

自分よりも文章がうまいと思っているAさんがいたとして
BさんといるときにたまたまAさんの文章の話題が出たときに
Aさんの文章のうまさを素直に認められないのです。

「Aさんは文章うまいよね」

と、その一言を言うことができない。

むしろ

「Aさんって喋りはいまいちだよね」

などとAさんの文章の話をしているにも関わらず、
トークスキルに目を向けて
粗探しをするようなことを言ってしまうわけですね。

 

率直に言えばめっちゃ嫌な奴なんですけど、
これやっちゃってる人は多いんですよね。

 

Aさんを持ち上げないことで
相対的に自分の地位を確保しているのでしょう。

 

なぜなら自分はAさんに負けてると思いたくない。
プライドが高いんですよね。

 

Aさんに負けないことが目的になってしまい、
自分が勝っている部分を見つけるようになっちゃうわけです。

 

 

ですが、これってよくよく考えてみると、
ものすごく損した考え方なのです。

本当にもったいない。

 

 

なぜなら相手の欠点に目を向ける思考をしていると
相手に対して敬意を持てなくなり、
途端に学びの対象から外れてしまいます。

 

その相手が素晴らしい能力を持っていて、
自分もその人から学んだら絶対にレベルが上がるのにも関わらず
学びの機会を自分で捨ててしまうからです。

 

 

当然、自分よりすごい人から声がかかることもないし
その人から学ぼうとしないので成長もない。

 

自分を守るつもりで他人にマウントを取ると
自分の価値が上がったかのように錯覚するのですが
実は自分の価値は1mmも上がっていないのです。

 

むしろ目の前の人から学ぶチャンスを棒に降っているわけで
損しているのです。

 

いいところを見つけようとすれば
周りの人は全員「先生」なのに。

 

ってか単純に悪口ばっか言ってるやつと一緒にいるの嫌ですよね。

 

自分の勝っている部分でマウント取ってないで、
負けている所を真似たほうが自分は成長するんだから
そっちの方がどう考えてもプラスじゃん、って話です。

 

他人を批判して自分の地位を守るのは
小物の常套手段です。

(漫画でもモブキャラは吠えるけど、
ボスは相手の実力を見誤らないですよね)

 

むしろ積極的に人を褒めて、どんどん敬意の対象を増やしていった方が
結局は自分になって帰ってくるんだなあと
僕は知人の彼から大変勉強させてもらいました。

 

ぜひ、すごい人がいたら褒めてみましょう。

 

 

結論

・他人をディスると自分を守っている(得している)つもりでも
実は損をしている。

・人のいいところをガンガン褒めろ

仕組みを作って自己満足できる人生を送ろう。自由な生活を手にするためのセミナーを公開中です

僕は21才からビジネスをやっていて
現在は月に100~200万くらいの収入があります。


時間もお金もある程度自由に使えるようになると
ぶっちゃけ人生が充実します。楽しくなります。


自分の貴重な人生で無駄だと思われるお金の為に
単純作業を繰り返す時間だけを削ぎ落として
楽しい部分だけを残して、お金と時間がたっぷりあったら
人生楽しいですよね。

究極の自己満足です。
僕が目指す理想はここです。


で、今は仕事をしなくてもお金が
発生する仕組みを作っているので
自分が掲げた理想をかなり実現させることができました。


じゃあ、いったいどうやったのか?
学歴も、人脈も、知識もなかった普通の会社員だった僕が
どのようにして稼げるようになったのかを
下記の記事で公開してます。

>>工藤の理念「自己満足を追及せよ」



また、メルマガではブログには書いていない
具体的なことも話しています。

どうしても表で言えることって限られちゃうので、
メルマガだけの話を盛りだくさんにしています。

以下2つ以上当てはまる方がいたら、メルマガを読んでみてください。

  • 金銭的にも時間的にも自由になりたい人
  • 起業したけど、望むような結果が出ていない人
  • 将来が不安でこのままでいいのかな?と考えている会社員
  • 後悔することなく自己満足できる人生を歩みたい人
  • 年収数千万〜数億円の世界をのぞいて見たい人


僕のメルマガは読んでいるだけで、
勝手に稼げるようになってしまうと思います。

あとメルマガでは登録後に即送られてくるプレゼントを用意してます。
かなり好評なので、
こちらから受け取ってみてください。


→工藤のメルマガを読んでみる




また、LINE友達も同時に募集しております↓
LINEでは「好きなことで稼いでいく方法」という約40分の動画をプレゼントしてます。