働かずにメルカリを使って月60万稼いだ話。仕組みってやっぱり強い。

こんにちは、工藤なおきです。

 

2014年の夏、メルカリで月に60万近くの利益を出しました。
月商で確か120万くらいだったと思います。

当時は会社に行きながら副業として、ビジネスを行っていたのですが、
このメルカリを使っている時はほとんど働かずに儲かっていました。

会社の給料が月15万円
副業の利益が月60万円。

23歳当時の僕は、2つの収入を合わせて
月に75万円程稼いでいたことになります。

 

メルカリの方はいわゆる不労所得です。
(この響きはめちゃくちゃ怪しいですね)

75万円と言う月収は普通の会社員ではまず有り得ない収入ですが、
自分でビジネスをやっていたおかげで、
非常識な金額を手にすることができていました。

メルカリ参入のキッカケはヤフーニュース

メルカリでビジネスをするキッカケになったのは
ある日、ヤフーニュースを見ていたときに

フリマアプリの『メルカリ』がダウンロード数が100万を突破!

というニュース記事を見たことでした。

 

この頃の僕は輸入転売でヤフオクやバイマやアマゾンで商品を販売していたので、
新たな販路としてメルカリを活用できないかな?と考えたのです。

 

早速メルカリのアプリをiphoneで
ダウンロードして何が売れているのかをリサーチしてみることにしました。

 

すると、自分でも仕入れることできる商品が
大量に売られていることが分かりました。

 

メルカリの中で売れている商品をリサーチしてみると
中国製の商品が大量に売れていたのです。

 

これは儲かると確信し、すぐに中国のパトーナーに連絡して、
数百個単位で商品を仕入れてもらいました。

 

日本に荷物が到着してから、
自分のiPhoneでポチポチ出品していくと、
あっという間に売れていきました。

とある商品だけを数百個仕入れたのですが、
その商品が1日15個くらい売れたのです。

 

1個売ると300~400円の利益だったので
20個売るとだいたい5000~7000円くらいの利益が出ました。

 

スキーム組む→仕組み化→レバレッジをかけて拡大

出品を始めた初日で儲かる手応えを掴んだので、
そこから徐々に拡大し始めます。

 

この頃はすでに仕組み化の思考を持っていたこともあり、

「自分で作業したくねえ。。誰かに任せてえ。。」

と思った僕は外注化しようと考えて、
自分の代わりに出品作業は発送作業してくれる人を探しました。

そこでmixiを使って、子育ての隙間時間に稼ぎたい主婦の方を見つけ、
出品から発送までの簡単なマニュアルと仕入れた商品を渡して、
僕と同じようにメルカリで作業をしてもらいました。

 

僕と同じことをやっているわけですから、
当然のように主婦の方も1日に数千円を稼ぎます。

主婦の方には売上の一部を渡して、
残りは全部僕の利益になるように体制を整えました。

 

さらにそこからSOHOやランサーズのような、
アウトソーシングのサービスを使って人を集めて、
同じように商品とマニュアルを渡してどんどん拡大。

 

この時点で僕がやる事と言えば中国にいる仕入れパトーナーに
商品Aと商品Bと商品Cを◯◯◯個ずつ仕入れて下さい。

とスカイプでチャットをするだけ。

 

2週間後に届く商品を分類別に分けてダンボールに梱包し
手伝ってくれる人に宅急便で分配するだけになりました。
最終的には分配すらも人に任してましたね。

なので、完全なる仕組みが出来上がってしまいました。

 

僕が会社に行ってる時も、本を読んでいる時も、
他のビジネスを着手している時も、
外注の方が作業してくれるので勝手に売上が出ます。

 

中国のパートナーと在庫状況などの連絡をするだけで
最高で月に120万の売上、利益で60万円ほど稼ぐことが出来ました。

作業してなかったので、めっちゃ楽チン。

 

仕組みを作って自分が働かなくてもお金を稼ぐことに成功したので
儲かった利益を使って更に勉強したり、コンサル代につぎ込みました。

 

やっていたことは非常にシンプルなんですよね。

リサーチして、儲けるスキームを組んで
仕組み化して、仕組みにレバレッジをかける。

これだけです。

 

ちょびっとの資金で、それなりに成功した例ですが、
一般的にはお小遣い稼ぎと言われているメルカリですら、
仕組み化をすれば一つの不労所得になります。

 

「不労所得で稼いでいます」

って言葉だけを聞くと胡散臭いし、いかにも怪しい気配が漂いますが、
不労所得の構造を知ってしまえば至って真っ当なことをやってると思いませんか?

 

 

儲かっているけど忙しい人は全部自分で作業をしてしまうんですよね。

自分で出品する。自分で発送する。自分で商品を仕入れる…etc。

 

こうなってしまうといくら時間があっても足りません。
1日は24時間しかないですからね。

 

だから考えてみてほしいことは、

「その作業は本当に自分じゃなきゃダメかな?」

ということです。

 

ちょっと立ち止まって考えてみると、自分でやらないといけない作業は
かなり少なくすることができますよ。

 

僕のメルカリの事例を少し深掘りしてみましょうか。

メルカリで稼ぐための作業フローを簡単に洗い出してみると

1,商品選定/販売して利益が見込める商品をリサーチする
2,仕入れ/実際に仕入れる
3,出品/手元にある商品をメルカリに出品する
4,発送/売れたらお客さんに発送する
5,お客さん対応/買ってくれたお客さんの評価や発送通知を送る

という5つのステップに分けることができます。

 

 

じゃあこの5つのステップで一番大事なのは?

 

 

答えは1の商品選定です。

 

転売において一番大事なのは、
売れる商品を利益の出る価格で仕入れること。

 

だから仕入れ商品の選定が一番大事です。

1の商品選定をミスって利益の出ない商品を仕入れてしまうと、
2〜5までのフローを着実にこなしても赤字まっしぐらなのです。

 

だから1に関しては僕が担当しました。

商品選定さえ、抑えておけばあとの2〜5は僕じゃなくてもいい。

 

マニュアルさえあれば、
僕が出品するのも、主婦の方が出品するのも、
発送もお客さん対応も、
仕事のクオリティには大差ないからですね。

(ゆーてもリサーチは結構簡単なので、実は仕入れの選定もマニュアル化すれば外注化可能です)

 

 

起業家を目指すなら、ビジネスを大きくするなら、
誰でもできる単純作業はやってはいけない。

 

これは僕が21歳のときにお世話になった師匠に叩き込まれた考え方です。

 

 

できる限り自分の時間を作業に奪われないようにして、
余った時間とお金を使って新しいことを勉強するべきなんですよね。

 

勉強すれば、また稼げるようになります。

例えばですがebayの輸出のノウハウを学んでもいいし、
既存の販路だったAmazonをさらに攻略するために勉強してもいいですよね。

そしたらebay輸出も仕組み化できます。
Amazonも仕組み化できます。

 

こんな感じで一つ仕組みをつくって、
新しいことを学んで、また仕組みを作る。

 

このサイクルを作ることで、忙しくならずに
収入はどんどん大きくしていくことができます。

 

余談ですが、当時販売していた商品はスマホケースです。

大体1個あたり1000円前後で売れてて。
アリババから仕入れると1個あたり300円~300円くらいで買えます。

 

当時はメルカリも自社の利益をあとまわしにして
市場規模を大きくすることを優先している時期だったので手数料も無料だったこともあり、
利幅が大きかったのも功を奏しましたね。

 

 

関税、国際送料含めてかかるコストはケース1個辺り400~500円。
これにお手伝いさんに1個売ってもらったら100円払ってたので、
だいたい300円~400円くらいが僕の手元に残ります。

 

iPhoneケース以外にもXperiaや
galaxy、nexusとか諸々の機種を
片っ端から仕入れて月に1000個近く売ってました。

ちなみに今でも中国仕入れ→メルカリ販売の手法で儲けることは結構簡単かと。

こういった生の情報や稼ぐ為の思考をメール講座でお伝えしてます。

 

サラリーマンじゃ23才で月60万円は稼げない

 

23才って言ったら新卒1年目ですから
並みのサラリーマンで月60万稼ぐのは、ほぼ無理ですよね。

 

電通や博報堂、外資コンサルに勤めてるエリートが
体壊れるまでめちゃくちゃに労働をしても
新卒1年目で月60万円はもらえないです。

かたや、僕はちょっと商品を輸入して
メルカリで売るだけで60万円です。

しかもほとんど働かなくていいように仕組み化もできる。

 

これって、まさしく世の中の歪みですよね。
そしてインターネットの世界は歪みを見つけるのが簡単です。

 

学歴もいらない、年齢も関係ない、初期費用もいらない。

なので、若くして、小資本で、
自分が働かずにお金を稼ごうと思ったら、
ネットを使ってビジネスを作るほかないんですよね。

 

お金を稼ぐ手段としてビジネスではなく、
投資(FX、株、投資信託など)を選ぶ人もいますが、
現金で5000万円がないならお勧めできません。

 

なぜなら、利回りが低いから。

例えば世界一の投資家と呼ばれている、
ウォーレン・バフェットの年間利回りが20%と言われています。

 

世界一の投資家の成績を持ってしても年間利回り20%です。

 

つまり現金5000万円あって、
20%の年間利回りで1000万円の利益です。

 

かたやスモールビジネスの場合は20万円でもあれば
1000万円稼ぐことは可能ですからね。

利回りに換算したら桁違いです。
しかもリスクも低い。

 

 

だから収入を増やしたいなら
サラリーマンを頑張るよりも、投資に手を出すよりも、
ビジネスを始めたほうが、早く簡単に収入を増やせますよ。

自分でビジネスを始める事は難しくない

ネットを活用したスモールビジネスはリスクが低いです。
iphoneケースも1個500円くらいで仕入れが出来ます。

仕入れたケースを1000円で売ったら500円儲かります。(手数料など除いた粗利)

もし1000円で売れなかったら800円に
値下げしたり方法はいくらでもあります。

それでも仮に売れなくても損失は、たったの500円です。
500円くらいなら失ったって痛くないですよね。

 

 

リスクが低いってことは、簡単に始められるということです。

自分でビジネスを始めることをハードルが高いと感じる人がいますが
やってみると大した事無いですよ。

僕もビジネス始めた当初は、本当に売れるのかよ?
と思いながら海外から輸入してみました。
そしたら初めて仕入れた商品で1500円の利益が出ました。

「こうやって稼ぐのかー!!」

と感動したんですよね。

それからは勉強して実践して今に至ってますから。

 

始めの一歩は怖いかもしれませんが、
踏み出してしまえば慣れるものです。

 

車の運転とかも一緒で
初めて運転する時はビビりながらですが
毎日乗ってたら慣れてきますよね。

 

僕は小学生の時、車を運転する大人ってすげーと思ってましたが
自分で免許取って運転してみると以外と大した事ないわけです。

 

逆に言えば、ハードルが高いと思って、大抵の人が実践しないので
僕みたいなのがちょこっと実践しただけで
数十万とかを楽に稼げてしまうわけですね。

 

なんにせよ行動したもの勝ちです。
ぜひ、一歩踏み出してみてください。

ちなみに今回は僕が輸入転売をしていた頃の話ですが、
小資金でリスクを抑えて稼ぐ方法なんてのはたくさんあります。

メルカリで転売するより、
もっと効率的に稼ぐ方法もいっぱいあります。

興味があれば、ぜひメール講座に登録してみてください。
かなり面白いと評判です。

※スパムメールは送りませんのでご安心ください。

 

 

仕組みを作って自己満足できる人生を送ろう。自由な生活を手にするためのセミナーを公開中です

僕は21才からビジネスをやっていて
現在は月に100~150万くらいの収入があります。

元々はサラリーマンでしたが
24才のときに脱サラしました。


現在は仕事をしなくても収益が
発生する仕組みを作っているので
ほとんど働かずにお金が入ってきます。


稼げるようになると精神的にも余裕が生まれますし
人生の選択肢が増え、ストレスのない生活を手に入れることができました。

下記の記事では会社に務めながら副業で月収100万を稼いだ過程を下記の記事で公開してます。

工藤の理念「自己満できる人生を送る方法」



また、以下2つ以上当てはまる方がいたら、興味本位で良いのでメルマガを読んでみてください。

  • 金銭的にも時間的にも自由になりたい人
  • 起業したけど、望むような結果が出ていない人
  • 将来が不安でこのままでいいのかな?と考えている会社員
  • 後悔することなく自己満足できる人生を歩みたい人
  • 年収数千万〜数億円の世界をのぞいて見たい人


学べば誰でもお金を稼ぐことは可能です。
現在無料で配布しているプレゼントはかなりご好評をいただいてます。

期間限定で無料で配布していますのでぜひこちらから受け取ってみてください。

→副業でも年収1000万円を達成するロードマップを受け取る




また、LINE友達も同時に募集しております↓