正論を言われてキレてしまう人は本気じゃない

こんにちは、工藤です。

 

今回は結構耳の痛い話になります。

もしかしたら
不愉快な気分になる人もいるかもしれません。

なので観覧注意です。
本気でビジネスをやりたいと思ってる人以外は
たぶん見ないほうがいいです。

 

しかしビジネスで本気で結果を出したい。
人生を変えてやるんだ、と強い決意を胸に秘めている人なら
マインドセットとして非常に重要すぎる話です。

成功できるか、できないかにダイレクトに関わってくる内容なので
ぜひ最後まで読んでみてください。

 

では、本題いきます。

タイトルにも書いた通り、
正論を言われてキレてしまう人は本気じゃない。

という話です。

とあるセミナーでの出来事

かなり前になりますが僕が受講者として参加したセミナーでの出来事です。

参加者の中でメモを全く取らない人がいました。

メモを取っていない人に対してセミナー講師の人が、

「忘れてしまうと思うので、
メモを取ったほうがいいですよ」

と言ったら明らかに
不機嫌になっていたんですね。

 

たぶん否定されたような気持ちになって
ムカついたんでしょう。

 

講師の人の方が若かったので

「なんで若造にそんなこと言われなきゃならんのだ」

とプライドが傷ついたかもしれません。
人前で指摘を受けたら不愉快になる気持ちはわかります。

 

ですが、事実としてメモを取る、取らない。
の二択だったら、どう考えてもメモを取ったほうがいいわけです。

人間はすぐに忘れますからね。

 

だから、講師の方も指摘(アドバイス)したのだと思います。

けど言われた人は不機嫌になってしまった。

 

言い方に問題があったんじゃね?とも考えられますが
僕個人の判断ですが全然普通の言い方でしたね。

 

嫌味っぽい感じもなく、本当に普通にアドバイスした感じでした。

 

 

講師の人からしたら
事実を教えているのに、不機嫌になるというのは
一体どういうことなのだ?となったはずです。

 

 

有料セミナーに来てるってことは
講師から教わりたいってことですよね。

 

実際、講師の人の方がその分野に詳しくて
成功までのスピードを短縮できると思ってるから
わざわざお金を払って参加しているわけです。

 

そのセミナーに限った話をすれば明確に
「先生」と「生徒」という立場が
できているわけです。

 

そこに年齢は関係ない。

 

その状況下で事実を指摘したら
不機嫌になるって冷静に考えたらおかしな話ですよね。

 

指摘をして不機嫌になったら
指導する側はどう思うか?

 

「ああ、この人は事実を言ってしまうと
不機嫌になるんだな。もうこの人に指摘するのはやめよう。」

「素直さがないんだな。この人は伸びないだろうな」

「本気で学ぶ気ないんだろうな」

と考えます。

 

つまり、見限ります。
言うこと聞かないし、こいつに何も言うことねーや。

と。

そりゃそうですよね。

お互いいい大人ですから
揉めたりするのも嫌じゃないですか。

指摘する側にも嫌われるリスクや
あとで悪口を言われるリスクがありますしね。

 

で、もちろん教えている側が偉いから
言うことを聞かないのは変だろって話ではありません。

 

間違っていることを間違っていると指摘することも
セミナー講師の仕事の一部だ、ということです。

 

メモを取らなければその人は忘れます。

そしたらセミナーを受講した意味がなくなります。

 

セミナー講師は参加者に結果を出してもらうことが仕事ですから。

 

だから指摘をした。
そしたら受講者がキレた。

こんなイメージです。

 

 

おそらくキレてしまった受講者の人は
怒り心頭でその後の内容って
あんまり頭に入ってこなかったと思います。

 

一連の出来事をここまで読んでみて
せっかく時間とお金を使って学びに来ているのに、
単純にもったいないなあ、と思いません?

自分が教える立場になったときのことを想像しよう

教えている側の立場になってみれば
もう少しイメージできるかと思います。

自分が仕事で、後輩でも部下でもいいので
何かを教える機会を想像してみてください。

 

その部下や後輩は

「本気で仕事できるようになりたいです!!」

と言ってます。

いざ、指導を始めたら、
後輩君が間違えてるところがありました。

だから

「そこ違ってるよ」

と適切な指導したとしましょう。

 

そしたら後輩君が不機嫌になった。
もしくは萎えて明らかにテンションが下がった。

 

こういう状況に直面したら、たぶんですが
この後輩君は本気じゃないんだろうなあ。
と考えませんか?

そして指導もそこそこでいいや。
と考えるようになりませんか?

我々は人間ですから、無駄な衝突は避けたいですし
また指導して不機嫌になられても、萎えられても
こちらも不愉快な気分になるじゃないですか。

 

つまり、見限りますよね。

 

もちろん人間だからこそ、
感情があったり、否定されたくないって
気持ちはあると思うんですけど

ただ、仕事をする上では感情を優先するべき時と、
感情を優先せずに理解しないといけない時があるわけです。

だって本気で仕事覚えたいんでしょ?

 

本気で仕事を覚えたいのに、
否定すんな、指摘すんなってのは
筋が通らないじゃないですか。

そりゃ厳しい。

だから、本気でやるんだったら
指摘されても萎えない。

 

萎えたとしても、
萎えた姿を教わってる人に見せない。

というのが超絶に大事です。

 

萎えるなら、その人がいないところで萎えましょう。

萎えた姿を見せてしまうと

「この人には言わないでおこう」

と、考えるようになります。

 

不機嫌になるなら、指導者に対してではなく
できない自分に対して怒るべきですよね。

結果を出したいなら「ありのまま」でいいわけない

ここから、さらにシビアな話になってきます。

本気で結果を出したいなら、
今のままの自分でいいわけがありません。

という話です。

たまに

「ありのままでいいんですよ。」

と指導してる方もいますが、
正気か?と思います。

 

いや、冷静に考えて、成果を出したいなら
ありのままでいいわけないじゃん。

今の自分で、今の結果だからです。

大学受験をしようと思って
今の自分の学力よりも高い学校を狙ってるのに
勉強もせずに

「ありのままでいいんだよ」

とか言ってても絶対合格できないでしょw

今の自分の知識量
今の自分の行動量

で、今の成績を出しているわけですね。

もっと上を目指すなら
今の自分に対して負荷をかけるなり、
考え方を変えるなり
知識をつけるなりしなければならんわけです。

つまり変化・進化が必要なので
今のままの自分ではこれ以上の成果は望めません。

だからもっと成果を出したいのに
「ありのままでいい」というのは
根本からおかしいわけです。

 

僕もそうです。

今以上にビジネスで結果を出したいので
今のままの自分ではダメ。

だからいろんな人の元で現在も学んでいます。

教わる中でこれまでのことを
否定されることもあります。

 

「それ、微妙」

「それ、いまいち効果ない」

「それ、時間の無駄」

などなど。

 

ここで素直に指摘を受け入れて、
反省して行動を変えれるかどうか。

これが全てだったりします。

 

僕が教わる時は、「Yes」か「はい」です。
教わっている人にキレるとか論外です。

教わったことは100%実施します。

 

で、やりきったことを報告して、
結果が出たら、それも報告。

今までの自分の軌跡を
全否定されようが気にしません。

 

本気で成長したいので、
屁でもありません。

むしろ指摘をいただけてありがたいです。

 

 

自分を否定して結果が出るなら
万々歳です。

逆に教わっている時に

「工藤くんはそのままでいいと思うよ」

と言われたら、見限られたのかな?とか
見込みないのかな?とか考えてしまいます。

 

言っていただけるうちが華だと思っています。

成功者のマインドセット

ここからはマインドセットの話なのですが
ぶっちゃけマインドが整っているかどうかが、
成功にかなり関係します。

 

マインドって抽象論に聞こえがちですし
どうしても軽視されるんですけど

僕はノウハウよりもマインドの方が
大事なんじゃないかとすら思ってます。

もちろんノウハウも大事なんですけど。

 

けど、マインドが整ってないと
ノウハウを使いこなせないんですよね。

マインドって何かといえば
行動の判断基準です。

マインドはただの気合いとか熱意ではありません。

目の前にある選択肢を選ぶときに、
何を選ぶのか?

というときにマインドセットが試されるわけです。

 

仕事で成果を出したいのに
家で作業するときに、スマホを見ちゃうのか、
それとも淡々とキーボードを叩くのか。

この辺は全部マインドによって決まります。
マインドが行動を決めているのです。

仕事をしないといけない場面で
スマホを見ちゃう人はマインドが整ってないってことです。

これは直さないといけない。

 

 

そもそも成功するために絶対に必要なのが
「知識」と「行動」の二つです。

どっちも必要なのですが、
行動を決めているのはマインドだと話しましたね。

 

ここまで解説すれば、もうお分かりだと思いますが
つまりマインドが「行動」を決めてるので
マインドがしょぼいと、しょぼい行動しかできない。

 

知識がどれだけあってもマインドがダメだと
その知識を使いこなせずに結局成功しないんじゃね?

となるわけですね。

 

逆にマインドが整っていれば、
おのずと成功するための行動をとれます。

マインドが高い

勉強の重要性を理解して勉強を始める

えげつないほど勉強して知識無双する

高いマインドと膨大な知識量を駆使して大成功

こんな流れです。

 

だからマインドが高い人はビジネス以外でも
何をやってもある程度の領域までは成功します。

逆にマインドが低くて成功してる人って
あんまりみたことないというか、

本人の意識としてはマインド低いと自称していても
客観的にみたらマインド高いやん。
ということが大半です。

 

だから、成功とマインドは切っても切り離せないのです。
成功している人ほどマインドを重視します。

 

僕が師事した師匠もそうでした。

非常にマインドが高いうえに
加えてえげつない知識量だったので
知識とマインドを兼ね備えた無敵状態だったんですよ。

で、そんな師匠は

「マインドが低いうちは何やってもきつい」

と言ってたんです。

当時はそこまで理解ができず
マインドってそんなに大事なのか。。

程度にしか考えてなかったんですけど、
今になってわかるのは、
マインドはクソ大事だということです。

 

で、師匠が雑談に紛れる何気ない一言に
高いマインドセットが見え隠れして、

「ああ、これが成功者のマインドなのか」

と大変勉強させていただきました。

 

 

僕はその方の最強マインドを
若いうちに目の当たりにできたので
基準値がそこになりました。

当時の僕はしょぼしょぼだったわけで、
そこで一気にマインドが覚醒したわけです。

つまり後天的にマインドを高めることができました。

 

これは偶然の産物というか
本当にたまたま巡り会えただけだったので
ラッキー以外の何物でもないのですが

僕自身も師匠のように
誰かに影響を与えれる人になりたいなと思って
ブログなりメルマガなりを書いております。

 

 

実際、「工藤さんのおかげで人生変わりました」
などと言ってくださる方も増えてきたので
よしよし。と思ってるわけです。笑

 

ま、それはいいんですけど
僕の中でマインドの基本として

やるときは徹底してスピード重視でやる。
教わる時は言うことを素直に聞く。

この辺は当たり前のように
やるようになりました。

 

おかげで会う人会う人に、

「工藤さんって超勉強してますよね」
「工藤さんスピード超早いですね」

などと、おっしゃっていただくことも増えました。

 

お金も稼げるようになったし、
基準となるマインドを知っておくと
めちゃくちゃ楽です。

 

じゃあ今、自分はマインドが低いから一生ダメなのか?と
言われたらそんなことはなくて
先ほども言ったように後天的にマインドを変えることはできます。

その第一歩が素直になること。
不要なプライドを捨てること。

これに尽きます。

 

総括

 

すでに成功している人から教わっているのであれば
アドバイスも指摘も全部含めて
素直に言うことを聞いて100%実践した方が
明らかに成功しやすいですよね。

本気で上を目指したいのに
正論を言われてキレてしまう人は
心から本気で成功したいと思っていないのです。

 

本人は

「いや、本気なんです!!」

と言うかもしれません。

 

けど本当に本当に本気だったら
指摘を受けたら改善しますよね。

キレるって、どう考えても非合理的ですし、
いっときの感情で全てを台無しにしてしまう人って
ビジネス的には非常に危険です。

 

たまにキレて暴走する人いるじゃないですか。

 

あれ、ビジネスでやっちゃうと致命傷を食らったりするので
頭は常に冷静かつ熱意を持っておく状態にしなければならんのです。

 

ここで、感情的になってプライドが発動して
キレてしまうと地獄を見ます。

 

教えてもらえたはずのことも教えてもらえなくなりますし、
結果的に損をするし、
遠回りして貴重な時間を失う羽目になります。

 

言われたこと素直に実行する。

文字にするとたったの1行ですが
ここを理解できるか、体現できるかどうかが非常に重要だなと思ったので
辛口な表現もありましたが書いてみました。

では!

仕組みを作って自己満足できる人生を送ろう。自由な生活を手にするためのセミナーを公開中です

僕は21才からビジネスをやっていて
現在は月に100~200万くらいの収入があります。


時間もお金もある程度自由に使えるようになると
ぶっちゃけ人生が充実します。楽しくなります。


自分の貴重な人生で無駄だと思われるお金の為に
単純作業を繰り返す時間だけを削ぎ落として
楽しい部分だけを残して、お金と時間がたっぷりあったら
人生楽しいですよね。

究極の自己満足です。
僕が目指す理想はここです。


で、今は仕事をしなくてもお金が
発生する仕組みを作っているので
自分が掲げた理想をかなり実現させることができました。


じゃあ、いったいどうやったのか?
学歴も、人脈も、知識もなかった普通の会社員だった僕が
どのようにして稼げるようになったのかを
下記の記事で公開してます。

>>工藤の理念「自己満足を追及せよ」



また、メルマガではブログには書いていない
具体的なことも話しています。

どうしても表で言えることって限られちゃうので、
メルマガだけの話を盛りだくさんにしています。

以下2つ以上当てはまる方がいたら、メルマガを読んでみてください。

  • 金銭的にも時間的にも自由になりたい人
  • 起業したけど、望むような結果が出ていない人
  • 将来が不安でこのままでいいのかな?と考えている会社員
  • 後悔することなく自己満足できる人生を歩みたい人
  • 年収数千万〜数億円の世界をのぞいて見たい人


僕のメルマガは読んでいるだけで、
勝手に稼げるようになってしまうと思います。

あとメルマガでは登録後に即送られてくるプレゼントを用意してます。
かなり好評なので、
こちらから受け取ってみてください。


→工藤のメルマガを読んでみる




また、LINE友達も同時に募集しております↓
LINEでは「好きなことで稼いでいく方法」という約40分の動画をプレゼントしてます。