やみくもに数をこなせばいいわけではない。目的と手段が入れ替わる話。

こんにちは。工藤です。

以前、女性の方からビジネスの相談を受けました。

その女性いわく
ブログ記事を100記事書いたものの全然成果に結びついていない
ということでした。

詳しく話を聞いてみると、
まずは100記事書いてみようと
思い立ってとにかく100記事を書き上げたらしいです。

僕がブログを見てみると、
それはそれは残念な記事ばかりでした。(笑)

「あーー、これは成果でないわ・・・・」

という内容でした。

文章がうまいとか下手とかの問題ではなく、
短い時間でとりあえずサーっと書いたような
中身のない記事が量産されていたのです。

そういった光景を見るたびにこの画像を思い出しますね。

この画像を、相談してきた人に送ってあげたら

「まさしく私のことですね。。」

と、何がいけなかったのかをすぐに理解したようです。

100記事書けば成果が出る!!と思って
一生懸命に量をこなしたのだと思いますが
残念ながら量をこなすだけでは成果は出ないのが現実です。

お金を稼ぐ目的を達成するために
ブログの記事を書く手段があるのですが
彼女は目の前の100記事を書き終えることを
目的としてしまったわけですね。

いつのまにか手段と目的が入れ替わってしまったのです。

このトラップは大量に作業してる人が特に陥りやすいんですよね。

しかも厄介なのが
目的と手段が入れ替わっていることに
本人自身も気づいていないパターンです。

作業してる自分に安心するというか
いつか成果が出るだろうという希望的観測の範囲をでないまま
無思考で作業をし続ける傾向にあります。

これって恐ろしいことです。

この女性よりもやばい事態に陥っていた人で
僕は10年間ネットビジネスやってて
1円も稼いでいなかった人を知っています。

決してサボっていたとか、本人にやる気がなかったわけではなく
ちゃんと作業はしてたのに、その作業が成果に繋がらなかった。

今では成果出てるようですが、
それにしても10年間で利益0円だったとかやばすぎる。
失った時間は帰ってこないですからね。

この10年間利益がでなかった人は特殊なケースですが
たいていの場合は、少し結果が出ないと諦めてしまうことが多いですね。

こういう人を見かけると
せっかく成果を出そうと頑張ってるのに
超もったいないなと思います。

正しい形で量をこなせば結果が出ない訳がないのです。

で、話が脱線しましたが相談をしてきた彼女には

「100記事を書いたこと自体は素晴らしいですが、
その1記事1記事に内容が浅く価値のないコンテンツであれば
100記事あっても、1000記事あっても
当然ですが成果には結びつかないです。
なので、まず今書けるで全力で濃い記事を書いてみてください。
それが終わったらまた全力で濃い記事を書いてください。
そうやって10記事も書いたら成果出ると思いますよ」

的なアドバイスしたところ
後日、サイトから商品が売れました!!と
連絡をもらいました。

このように、100記事あれば商品が売れる訳でもないし
逆に、渾身の10記事だけでも商品が売れたりします。

例えば東京のオススメスイーツ50選と
大量の情報が羅列してる記事よりも、
たった1つのスイーツについて筆者が凄まじい熱量でレビューしてる記事の方が
買いたくなります。

もちろん、記事を書くことに慣れる。という意味で
記事を100記事書くのはありだと思いますが
その100記事から成果が出るかというと、また別の話になってきます。

量が多ければいいわけではないのです。

僕も昔、数をこなしてるだけの時期がありました。
例えば、大量に本を読んだけど、何にも覚えていない。とか典型ですよね。

本を読んだ満足感は得れているけど
本来の目的である情報収集だったり知識習得はできてないわけです。

ビジネスに活かすために本を読むはずが
本を読むことが目的となってしまってる。

それ、時間と労力の無駄やん。
と昔の自分に言いたいです。
やってるつもり、と呼ばれるやつですね。

昔の僕も含めて、つい目的と手段が入れ替わってしまうので
今やっているこの仕事は、なんのためにやってるんだっけ?と
常に問い続けないといけないなと常々感じますね。

例えば、最近はオフラインで動いているビジネスに活かすために
色々動いてるのですが、とある業界の情報を取りに行くために
複数の企業に足を運んで担当者と打ち合わせを何度もやっています。

企業ごとによって持っている情報だったり強みの部分が違うので
ある程度数をこなさないと見えてこない領域があるからです。

本気で情報を取りに行ってるので、事前に質問を超考えておくし
1社目で得た知識を2社目に質問としてぶつけてみて
両社の知識量の差を比べてみたり、
数をこなすごとに業界知識がどんどん身についていきました。

1社目ではよくわからん!!となっていた部分も
2社目の話を聞いたら

「なるほどなーー。そういう構造になってるんだなーー。」

と、腑に落ちたり

「○○ってことは、このパターンの場合こういうケースもあるんじゃね?」

とかも考えれるようになりました。
メモって質問しまくって学びまくりました。
1週間ほどでだいぶパワーアップした感があります。

ですが、これも話を聞きに行って
パワーアップしただけでは意味がありません。

収集した情報や知識を持ち帰って、検討して、どうやって活かそうか?
と戦略を考えるのが本来の目的です。

ここを履き違えると読書して忘れる二の舞になってしまうわけですね。

情報感度を高めて、真剣にビジネスをやろうと思ったら
無思考でただ何となく作業することってなくなります。

この記事を読んでくれてる人のビジネスをやる理由は
自分の人生を変えたかったり、
誰かを見返したかったり、
高級車を乗り回したかったり、
それぞれ理由はあると思いますが
何かを成すには真剣さは絶対に必要になってきます。

真剣さとプライドと無思考

真剣だからこそ楽しいし、成長するし
情報と知識を元にして結果が出た時は単純に嬉しいです。

うまくいかない時は悔しいです。
自分よりすごい存在に会った時は打ちのめされます。

どれもこれも、ちゃんと向き合ってるからこその感情ですよね。

こういった感情を持たなくなった時が老いなのかなと。

人が老けるって年齢を重ねているとか、顔が老けたとか
そういう外見の部分ではなく
内面的な部分にある思考とか生き様とか姿勢みたいなものが
上を目指さなくなった瞬間に老いていくのだと思います。

逆に、もっと上を目指そうとか
成長しようって人は70才だろうと80才だろうと
老いているとは言えないです。

挑戦し続けてる人は見た目も若々しいですよ。

先日も僕が携わってる企業にパートナーとして関わっている方がいて、
ぱっとみた感じ50才くらいなのかな?と思っていたら
年齢聞いたら60才を超えててビビりました。

見た目も若いのですが、それ以上に若いのがマインドです。

とある業界でかなり実績のある方なのですが、
僕のような自分の半分しか生きてない人間にも
分からない分野については
どんどん聞くし、どんどん確認してくるし
僕の発言を逐一メモをとっている。

雰囲気が若々しくて、
「俺なんてもう歳だからさ」
というような年齢を引き合いに逃げたりしないんですよね。

本当に余計なプライドが一切なくて

「仕事に活きることなら、なんでも学ぶ。
ビジネスマンとして当たり前だろ?」

という姿勢を持っている人でした。

常に成長する心を忘れないというか
自分に慢心せず、絶対に手を抜かないマインドの方だったので
素直にかっけぇなと思いました。
こういう歳の取り方をしたいなと。

真剣だからこそプライドを捨てている風に見えました。
逆に言えばプライドが出てる時点で
真剣になれていないということです。

スポーツでも絵でも音楽でも、本気で上達したかったら
本気で学びに行きますよね。

そこにプライドは邪魔な訳です。
だって自分が講師の立場で教わりにきてる人が
すごい下手くそなのに、やたらプライドが高くて
自分の言うことを聞かなかったら

「下手くそなのにプライドだけは高いんだな」
「言うこと聞かないし本気で上達しようって気持ちはないんだろうな」

と思うはずです。
そりゃ成長しないですよね。

成長って楽しいし刺激的だ

成長するって楽しいことばかりではないし
ビビる時、引きたい時も当然あります。

そりゃ僕の人間なので家でグータラ寝てた方が楽です。

ですが、僕が目指している理想像は、
傷を負いながらも、挑戦して
でかい目標とか理想に向かって
どんどん力をつけていく人間です。

僕もそうですし、僕の周りの起業家もみんなそれぞれ挑戦してます。

彼らは彼らで情報を取りに行って、それを持ち帰ってきて
自分のビジネスに活かしてるので
負けたくねえええ。というライバル心があります。

もっと言えば数十億、数百億を軽く動かせる人ような
高次元領域で戦ってる人に追いつきたいなと思ってます。

こっちの方が惰性で生きていくより、刺激的で絶対に楽しいです。

ただ数をこなすだけという考えの人が成長する光景は思い浮かびませんね。。

しかも、せっかくビジネスをやるなら無思考に数をこなすよりも
真剣にやった方が楽しいし成果が出ます。
これは僕の経験上、かなりの人数に教えてきましたが間違いないです。

真剣にやることと無思考に数をこなすことは全く違います。
真剣にやると成長スピードも段違いですし、
面白いですよ。

僕の尊敬するイチローも言ってましたが
とんでもないところに行く唯一の方法は
小さいことを積み重ねること以外にないです。

今異次元の存在になっている人も
話を聞くと、表には一切頑張ってる雰囲気を出さずに
裏でめちゃくちゃ頑張ってた人達ばかりです。

作業として目の前のことを処理していくのではなく
全力でやることって大事ですよね。

目的と手段の話からだいぶ脱線しましたが、
目的と手段が入れ替わってしまっては
そこに成長もないし結果もついてこなかったですね。僕の経験上。

だからこそ、僕は目に前のことに全力で取り組みます。
結果も出したいし、成長したいので
徹底的にやるし、勉強代に数百万をぶち込んで
学んだりします。

結果を出して成長するためにも
無思考になってないかとか、
目的と手段が入れ替わってないかとか
常に問い続ける必要がありますね。

仕組みを作って自己満足できる人生を送ろう。自由な生活を手にするためのセミナーを公開中です

僕は21才からビジネスをやっていて
現在は月に100~200万くらいの収入があります。


時間もお金もある程度自由に使えるようになると
ぶっちゃけ人生が充実します。楽しくなります。


自分の貴重な人生で無駄だと思われるお金の為に
単純作業を繰り返す時間だけを削ぎ落として
楽しい部分だけを残して、お金と時間がたっぷりあったら
人生楽しいですよね。

究極の自己満足です。
僕が目指す理想はここです。


で、今は仕事をしなくてもお金が
発生する仕組みを作っているので
自分が掲げた理想をかなり実現させることができました。


じゃあ、いったいどうやったのか?
学歴も、人脈も、知識もなかった普通の会社員だった僕が
どのようにして稼げるようになったのかを
下記の記事で公開してます。

>>工藤の理念「自己満足を追及せよ」



また、メルマガではブログには書いていない
具体的なことも話しています。

どうしても表で言えることって限られちゃうので、
メルマガだけの話を盛りだくさんにしています。

以下2つ以上当てはまる方がいたら、メルマガを読んでみてください。

  • 金銭的にも時間的にも自由になりたい人
  • 起業したけど、望むような結果が出ていない人
  • 将来が不安でこのままでいいのかな?と考えている会社員
  • 後悔することなく自己満足できる人生を歩みたい人
  • 年収数千万〜数億円の世界をのぞいて見たい人


僕のメルマガは読んでいるだけで、
勝手に稼げるようになってしまうと思います。

あとメルマガでは登録後に即送られてくるプレゼントを用意してます。
かなり好評なので、
こちらから受け取ってみてください。


→工藤のメルマガを読んでみる




また、LINE友達も同時に募集しております↓
LINEでは「好きなことで稼いでいく方法」という約40分の動画をプレゼントしてます。