【儲かるビジネスの特徴】稼ぎやすい2つの要素を起業して7年の経営者の視点から話してみた

こんにちは、工藤です。

今回は儲かるビジネスの特徴についてです。

 

僕自身、2012年に起業をして、既に7年が経過しました。
累計で1.5億円ほど売ってきました。

 

 

日商だと90万円くらい稼ぐ時もあります。
もちろん売上ではなく利益で90万円です。

こういうこと言うと、あまり信用されないのですが事実です。
(仲良くなったら決済画面とかをお見せできます)

 

 

僕が実際に起業してみてわかったことは
儲かるビジネスと儲からないビジネスが
明確に分かれているということです。

 

 

なので、これから起業したいとか、
すでに事業をやってて別事業を作りたいという人は
ぜひ参考にしてみてください。

インターネットを使ったビジネスが儲かる

結論を言ってしまうと、
インターネットを最大限に活用するビジネスは
非常に儲かりやすいです。

 

 

僕自身もインターネットを使ったビジネスしか
現状は手を出していません。

 

なぜならコストが低く、金銭的なリスクがほとんどないのに
売上が数百万単位で出るからです。

 

 

そもそも儲かるビジネスには、
要素があって、インターネットビジネスは
それらの要素を全て満たしているんですね。

儲かるビジネスの2要素

・レバレッジがかかる
・コストが低い

の2つです。

 

この3つを全て満たしているので
インターネットビジネスは非常に稼ぎやすいです。

順に解説していきます。

レバレッジがかかる

これはインターネットの特性上ですが、
WEB広告しかり、メルマガしかり、WEBサイトのアクセスしかり、
ひとつ良質なコンテンツを作っておけば
そこにレバレッジがかかって、利益が最大化します。

 

例えば、僕の作ったコンテンツでこんな動画があります。

今記事を書いている時点で、再生回数は5万回を超えました。

 

 

この動画を作った時間はマインドマップ作成と、
撮影時間を含めても2時間に満たないですが、
数万人に閲覧され、僕に収益をもたらしてくれます。

一度作った制作物が永久に残り、今後も
何万人、何十万の目に触れる資産として稼働してくれるわけですね。

 

 

ネットを使うとこのようにレバレッジが最大級にかかります。

インターネットビジネスは、自分の作ったコンテンツに
最大限のレバレッジがかかるので、
一度作ってしまえばあとは勝手に売上がでます。

 

 

僕の場合はこのようなコンテンツを大量に作って、
売上が上がる仕組みを作っているので、
労働時間が0でも収入が出ます。

 

ちなみに対面営業で商品を売るとかもほとんどありません。

 

 

対面営業はもっともレバレッジがかからないし、
そもそもネット上にセールス動画を作っておいておけば住むケースがほとんどです。

 

 

最近はセミナー会場を抑えるのではなくて、
ウェビナーといってオンライン上でセミナーをする企業も増えてますよね。

ウェビナーだったら一度セミナーを撮影して、
動画を使い回せば、会場を抑える費用も、交通費も、
人件費も節約できます。

 

 

東進ハイスクールがこれを上手にやってますよね。
有名講師の授業を撮影して、DVDに焼いて生徒に見せています。

なので講師は毎回授業しなくてok。
一個の動画があれば、大量の講師を雇わなくてok。

人件費が浮いて、儲かってます。

 

 

これもレバレッジを上手に使った事例ですね。

1の労働力で1000、10000の結果を生み出すのが
レバレッジの素晴らしいところで、
この効率の良さを経験してしまうと、
レバレッジがかからないビジネスを
やろうというモチベがなくなってしまいますね。

 

 

なので僕がビジネスを作るときは、
レバレッジがかからないビジネスは絶対にやりません。

ちなみにこの方法は、企業でも簡単に応用ができます。

 

 

僕自身は企業のコンサルティングを請け負うこともありますが、
常にレバレッジをかける施策を提案します。

とにかくレバレッジです。
レバレッジがないと儲ける難易度が一気にあがります。

 

なので、自分のビジネスにレバレッジをかかっていなければ、
絶対にレバレッジをかけてみてください。

間違いなく収入の桁が変わります。

コストが低い

これは人件費とか、家賃とか、仕入れ代金とか
諸々を含めたコストです。

 

これらは経費を圧迫するので、
コストはなるべく低い方がいいわけですね。

事業の利益はざっくり言うとと

 

売上-コスト=利益

 

になるので、コストは低いに越したことはないですし、
利益率も高くなって経営自体が非常に安定します。

 

 

なので、固定費や人件費などのコストが
かかりにくいビジネスを作った方が当然ですが儲かりやすいです。

僕が行ってるインタービジネスは、
固定費がほとんどかかりません。

 

 

固定費1万円で売上100万円、利益90万円とかが普通にあります。

 

 

僕は事務所を構えていないので、
事務所家賃もかからないし、
一人+外注でやっているので、
人件費もほとんどかかりません。

 

動画を作ったり、文章を書いたり、コンテンツを作って、
ネット上に自分の分身を量産していくので、
人を雇う必要が全くありません。

 

何か作業を依頼するときも、業務委託的に、
必要な時に適宜仕事を依頼する形になります。

 

 

さっきも書きましたが、ネットは一度作ったものは
ずっと使えることがほとんどですし、
人を雇わずともネット上でビジネスを完結させることができます。

一般的には人件費って最も利益を圧迫する費用ですが
ネットを使うと、自分以外の人を雇う必要がない。
家でできるから家賃も不要。

 

 

だから超高利益率なビジネスを展開できます。
利益率90%とかがザラ出るのがネットビジネスの良い点です。

 

不要な人件費払ってませんか?
今やってる業務はネットに置き換えれませんか?

 

ネット活用すれば人の数を一気に減らす、
もしくは1人あたりの売上を一気に増やすこともできますよ。

情報発信ビジネスは2つ揃ったビジネスモデル

僕が事業の一つとしてやってる情報発信ビジネスは、
上記の2つを満たしています。

 

情報発信ビジネスとは、
動画やブログ記事、情報サービスなどのコンテンツを作成して
そこに集まってくれた人に対して商品なりサービスなりを提供します。

・セミナー講師
・経営コンサルタント
・コーチング業

なども言ってしまえば情報発信ビジネスです。

 

最近だと

・youtuber
・ブロガー
・インフルエンサー
・サイトメディア運営

なんかも情報発信ビジネスのひとつです。

 

この情報発信ビジネスは、
自分の制作物が商品となってネット上でばら撒かれるために、
レバレッジが無限にかかります。

 

1人で作ったメディアが月間100万PV(アクセス)を集めたり、
動画が100万回再生されたりします。

 

 

ネット上で発信をし続けることで
膨大な数の人間に対して、
サービスを展開していけます。

自分が一秒も働かなくても、
ネット上に構築したビジネスが
勝手に収益を産んでくれます。

 

 

超優秀な営業マンが10人いても、
このインターネットを上手に使った発信に敵わないことも多々あります。

 

 

人気YouTuberのヒカキンさんが紹介した商品は
人気が出すぎて、全国で品切れになり、
高額で転売されたりするんですよね(笑)

⇨ヒカキンおすすめセブン「ナチュラルポテト」爆売れでメルカリ高額転売 定価の3~4倍で取引される事態に

 

それほどまでに情報を発信できる人の力は巨大です。
どれだけ優秀な営業マンを揃えるよりも、
ヒカキンさんの5分の動画で紹介された方が売れてしまうのです。

 

これが情報発信の威力、レバレッジの威力です。

飲食店の開業は非常に稼ぎにくい

あとは、これから起業しようとして、
いきなり飲食店を始めようとしているなら、
少し思いとどまってほしいなと。

 

飲食店のビジネスモデルはさきほどの3要素を全て満たしていないので、
ものすごく稼ぎにくいです。

 

 

まず、レバレッジかかりません。
注文が入って料理を作って、提供して、
また注文が入って料理を作って、提供する。

 

これの繰り返しのなので、労働に対してのレバレッジが皆無です。

さらにお店のキャパや客の回転数によっては、
早い段階で売上の上限がきます。

 

 

コストもかかりますね。
家賃代、初期費用、人件費、仕入れ代、光熱費などなど。

 

特に、飲食店の場合は
食材を調理してお客さんに差し出すわけですが
肝心の食材が腐るリスクもあります。

 

 

食材を大量に仕入れても、注文が入らなければ腐って赤字。
食材を少なめに仕入れると、注文がはいったときに在庫切れで
販売機会の損失が起こります。

商品特性上、在庫バランスを取るのがすごーくむずいですよね。

 

なので、飲食店はそもそも儲かりにくいビジネスなのです。
だから僕は飲食店業界に参入しようとは思ってません。

 

ちなみに飲食店で大きく儲けるには
フランチャイズ(FC)化して、
のれんを分ける形が一番合理的だったりします。

 

 

直営店だけで儲けようとすると、
拡大すればするほど固定費も上がってリスクが高くなるので。

 

 

拡大したけど、売上が付いてきませんでしたー。
では倒産まっしぐらなので、その点FC化は金銭リスクが低いです。

 

のれん分けは手数料をいただくビジネスなので
直営店に固定費が増大しなくてもストックビジネス的にキャッシュが入ってきます。

 

※FCの注意点は、FC店の教育がなっていないと悪評が広まり、
直営店の看板に傷がつくので、そこだけ管理が必要です。

 

 

ですが、何はともあれ1号店を成功させなければ、
FC傘下に入る人が集まりませんからね。

関連記事
脱サラしてカフェを開業しても失敗しやすい3つの論理的理由

儲かるビジネスに参入しよう

最初にも書いたように、
儲かるビジネスと儲からないビジネスは明確に存在します。

 

それは、今まで説明してきた2つの要素を含むかどうかの違いです。

 

僕も飲食店を利用しますし、
儲からないビジネスをやることを否定はしません。

 

ただ、稼ぎたいなら自分が参入するビジネスを
合理的に判断してみてほしいなと思います。

 

 

稼げる事業とやってて楽しい事業は違うケースもあります。

 

 

僕は稼げる事業でタネ銭と収入の下地を作って、
その上で楽しい事業を展開していく方が、
精神的にも楽なので、先に稼げる事業に取り組むことにしました。

この記事を読んでいる方も、ぜひ合理的な選択をしてみてください。

仕組みを作って自己満足できる人生を送ろう。自由な生活を手にするためのセミナーを公開中です

僕は21才からビジネスをやっていて
現在は月に100~200万くらいの収入があります。


時間もお金もある程度自由に使えるようになると
ぶっちゃけ人生が充実します。楽しくなります。


自分の貴重な人生で無駄だと思われるお金の為に
単純作業を繰り返す時間だけを削ぎ落として
楽しい部分だけを残して、お金と時間がたっぷりあったら
人生楽しいですよね。

究極の自己満足です。
僕が目指す理想はここです。


で、今は仕事をしなくてもお金が
発生する仕組みを作っているので
自分が掲げた理想をかなり実現させることができました。


じゃあ、いったいどうやったのか?
学歴も、人脈も、知識もなかった普通の会社員だった僕が
どのようにして稼げるようになったのかを
下記の記事で公開してます。

>>工藤の理念「自己満足を追及せよ」



また、メルマガではブログには書いていない
具体的なことも話しています。

どうしても表で言えることって限られちゃうので、
メルマガだけの話を盛りだくさんにしています。

以下2つ以上当てはまる方がいたら、メルマガを読んでみてください。

  • 金銭的にも時間的にも自由になりたい人
  • 起業したけど、望むような結果が出ていない人
  • 将来が不安でこのままでいいのかな?と考えている会社員
  • 後悔することなく自己満足できる人生を歩みたい人
  • 年収数千万〜数億円の世界をのぞいて見たい人


僕のメルマガは読んでいるだけで、
勝手に稼げるようになってしまうと思います。

あとメルマガでは登録後に即送られてくるプレゼントを用意してます。
かなり好評なので、
こちらから受け取ってみてください。


→工藤のメルマガを読んでみる




また、LINE友達も同時に募集しております↓
LINEでは「好きなことで稼いでいく方法」という約40分の動画をプレゼントしてます。