逃げたほうがいい時、逃げてはいけない時

こんにちは。工藤です。

今日は逃げたほうがいい時、逃げてはいけない時の話をします。

僕は基本的には逃げないスタンスをとっていまして
ビビっても立ち向かいます。

自分よりも目上の人にも勇気を出して話を伺ったり、
懇親会やセミナーなどでも
知らない人に積極的に声をかけるようにしています。

先日も、とある会社のパーティーに参加してきたのですが
最低10人に話しかけようと決めて、
自分から声をかけまくりました。

これも、逃げない。というマインドがあっての行動です。

迷惑なやつだと思われたらどうしようとか
自分なんかが声をかけていいのか?
と引け目を感じる人に対しても

「逃げたら自分に負けたことになる」

という思考で、行動するようにしています。
なので基本は逃げずに、立ち向かう姿勢をとります。

ですが、時と場合によっては
逃げたほうがいいケースもあります。

それはどんな時か?

逃げたほうがいいときとは

僕が考える逃げたほうがいいときとは

1,自分の存在を否定され続けたり攻撃され続ける
2,今の居場所にいることに漠然とした不安を感じている

という場合です。

まず、
1,自分の存在を否定され続けたり攻撃され続ける

ですが、
これはいわゆる、いじめだったり無視だったり
上司からのパワハラだったりです。

自分の居場所がないと感じるとき、
自分を否定され続けるとき
人は恐ろしく自信を喪失します。

自分には価値がないと錯覚してしまい
セルフイメージが鬼のように下がります。

俺は人から必要とされていないんだ・・・という状態ですね。

僕は中学1年生の時に、
仲のよかった同じクラスの友人達から
一定期間無視され続けた経験があります。

授業中に僕が発言をすると
クスクス笑われたり、
声をかけても無視されるようになりました。

向こうから話しかけてくることもなくなり、
僕に聞こえるような声で
「あいつうざくね?」
と話してたりもしてました。

いじめとまではいかなかったものの
いわゆる省かれる。というやつです。

なんていうか、今まで仲がよかっただけに
自分を思いっきり否定された気分になりました。

「俺なにかやらかしたのかな?」

と考えたのですが
思い当たる節もわからず、
どうしたらいいのかもわかりませんでした。

僕に原因があって友人達を
不愉快にさせたのかもしれませんが

当時すごいストレスを感じましたし、
めちゃくちゃ悩みました。

今となっては真相はわからないです。

僕よりも辛い経験をしている人からすれば
そんなの大したことじゃないと思われるような
些細なことでしょう。

しかし、中学生1年だった僕は心から悩み、
クラスに居場所がないと感じるようになりました。
学校に行くのが憂鬱になったのです。

ああー、学校行きたくないなー
と思いつつも

親に心配をかけたくなかったので
学校には通っていましたが
授業中は無言になり、
休み時間は他のクラスに逃げ込むか
寝ているふりをしていました。

もともと活発なタイプでしたが
今までの自分とは一変し、
別人のように静かになりました。

休み時間に寝ているふりをしている僕の横で

「なんか寝てるー(笑)」

と笑われたりしました。

寝てるじゃねーよ、寝てるふりだよ。
全部聞こえてるわ。

と思ってました。

今まで仲良いと思ってた友達から
いきなり無視され、笑われ、否定され、
友達扱いされなくなったので
自信は皆無になります。

あの時はしんどかったですね。
手のうちようがないと言いますか
マジでどうしたらいいのかわからなかったです。

苦い思い出って大人になっても
覚えているものです。
友人達は当時のことを覚えていないと思いますが。

よく世間一般的には、いじめられてる子に対して、
悔しかったら言い返せとかやり返せとか
言ってる人がいますが、
それってすげーハードルが高いですよ。

やり返すってめっちゃ勇気要ります。
いじめられて自分には価値がないと自信を喪失している状態で
そんな気持ちを持つのは正直無理です。

そもそも無視されるとやり返すことができない。
やられるどころか何もされなくなるので。

よほどの何かがない限り、覆せないです。

なので、その場所で頑張ろうとするよりも
逃げて環境を変えるべきなのです。

逃げるのも勇気が入りますが
それでも逃げたほうがいいです。

そこで戦うのは分が悪いです。

しかも逃げた先で案外なんとかなりますよ。

僕は他のクラスに逃げて、
そっちで友達を作ったりしてました。

学生に限った話をすれば
学校で無理して友達を作る必要はないです。

学校に気の合うやつがいなければ
ネットで友達を作ればいいのです。

同じような趣味趣向をもった人がネット上には無数にいます。

今居場所がなくて苦しいなら
環境がリセットされて
マイナスだったものがゼロになるので
少なくとも、今よりは確実に良くなります。

僕の場合は2年生に進級して
クラス替えが起きたことにより
強制的に環境が変わったのでリセットされました。

理不尽を受けるサラリーマンも即逃げた方がいい

あとはサラリーマンとして会社で働く際も
職場の人から無視されたり、
無意味に罵倒し続けるような上司がいる場合も
即逃げたほうがいいです。

会社をやめるなり、部署を変えてもらうなり
環境を変えないと自分が潰れます。

苦しみに耐えることは美徳ではありませんし
なによりもその環境で頑張り続けると人生がぶっ壊れます。

パワハラ上司は

「逃げるなんて、だからお前はダメなんだ」
とか
「いままで誰が面倒見てやったんだ?恩知らずが」

とか色々言ってくるかもしれません。
怖いと思いますがフルシカトしましょう。

僕が勤めていた会社でも
上司のパワハラがひどくて鬱になってしまい、
会社に来れなくなる人が何人もいました。

鬱でも数ヶ月に一回だけは
出社しなければならない規則だったので
定期的に会社に出勤している姿を見かけましたが
覇気もなく、目の生気もなく、背中を丸めて歩いていました。

元気だった頃のみる影もありませんでした。

自分が潰れてしまって、一番困るのは自分です。

逃げないとどんどん事態は悪化して
自分には生きてる価値なんてないのでは?
とまで思うようになってしまいます。

なので、勇気を持って逃げてください。
自分が必要とされる場所は必ずあります。

繰り返しになりますが、
1,自分の存在を否定され続けたり攻撃され続ける

という場合は即逃げた方がいいです。
後先考えずに、自分がぶっ壊れる前に自分を守りましょう。

3年続けても意味ないこともある

で、次ですが、

2,今の居場所にいることに漠然とした不安を感じている

というケースです。

これは僕の経験でいうと
元職場で働いてた時に感じていたことです。

このままでいいのか?とか、
一生ここで働くことが本当に正解なのか?
とか考えるようになったら
そこから離れることも選択の一つです。

世間一般的には
会社に入社したら辞めたいと思っても3年は続けてみろ。とか
言われることが多いですが、
それって無責任な発言だなと思います。

例えば、一度覚えた違和感や、一度抱えたモヤモヤした気持ちって
なかなか消えません。

僕の場合も高校卒業して18才で入社してすぐに

「あ、俺この会社でずっと勤め続けても
自分の人生終わる時に後悔するな」

と考えて、色々模索した末に21才で起業に至りました。

24才で会社を辞めたので
結果的には会社員を6年続けましたが
6年間経っても、その想いが変わることはなかったですし
今でも会社をやめてよかったなと思っています。

てことは、とりあえず3年続ける理由って皆無ですよね。

仮に言われた通りに3年続けてなんの変化もなかったら
この3年間はなんだったの?となるわけです。

時間がもったいなさすぎます。
3年もあったら180度人生変わりますよ。

マジで別人になれますし、
ビジネスの世界だったら資産を大量に作って
会社に依存せずに食っていける仕組みを作るには充分すぎる時間です。

僕も1年前とは別人になってますし、
なんなら1ヶ月でも人って変わりますからね。

3年後とか自分がどうなってるのか
もはや想像もつきません。

今よりも遥かに成長して、経験を積んで、
知識もついて資金もあって
かっこいい大人になっていたいなぁ。

まぁ僕の話はどうでもいいとして、
会社で働いてる場合は
3年続けても3年前と何一つ変わらないこともあります。

なので、漠然とした不安を抱えているなら
起業してビジネスをやってみることを僕は推奨してます。

起業って怖いとか不安に思うかもですが
実は可能性と希望に満ちています。

僕も最初はビビってましたが
起業してみたらめちゃくちゃ楽しかったです。
単純に会社員よりも金稼げますし
自由な時間が圧倒的に増えました。

あと、勉強していくうちに
どんどん見える世界が広がっていきますし
自分でビジネスやってる人はみんな向上心を持ってるので
話しててすごく刺激的だし面白いです。

会社に勤めているなら
副業という形で動き始めるのがおすすめです。

僕もPC1台、自宅の部屋で起業しました。
昼間は会社にいき、夜はビジネスをやりました。

副業でもネットを使ったビジネスなら簡単にできます。
初期費用も少なく、リスクもほとんどないので
失敗という失敗がありません。

ブログを立ち上げるのも月1000円くらいです。
思いのほか安くないですか?

たった1000円で立ち上げたブログでも
記事を書いていると、徐々に人が集まってきます。
人が集まりさえすれば、商売なんてのは案外簡単にできますよ。

しかも見ず知らずの人とネット上で交流するって意外と楽しいです。
自分の記事を見てくれて、興味を持ってくれてるので話が弾みます。

アンチを気にされるかもしれませんが、
最初のうちはアンチがつくことはないので安心してください。

アンチがつく頃にはかなりの成功を収めていますし
会社を余裕で退職できるくらい稼いでいるでしょう。

1,自分の存在を否定され続けたり攻撃され続ける

の場合は、早急に逃げた方がいいですが

2,今の居場所にいることに漠然とした不安を感じている

の場合は気持ち的に追い込まれているというよりも
不安を抱えているので、
不安を解消するために準備を整えましょう。

僕もこの2に属していたタイプだったので
仕事が終わったあとの時間を使って
お金が自動で生まれる仕組みを作ってから辞めました。

金を稼げるようになれば、時間も生まれるし
環境を変える軍資金にもなります。
稼いでから会社を辞めてしまえばいいのです。

ちなみにですが、会社を辞めた瞬間の開放感はやばかったですね。

二度とこの会社に出勤しなくていいのだなと思うと
ビジネスをやっていてよかったと心の底から達成感がありました。

あの道が拓けていく感覚はもう二度と味わえないだろうなぁ。

逃げてはいけない場合

逆に、そこから絶対逃げてはダメだよね。
そこは勇気を持って向き合おうぜ。

という時は、めちゃくちゃあります。

例えば、自分でやると決めたことから逃げないことです。

記事の最初に書いたように、
10人に話しかけると決めたら、僕はそれから逃げません。

話しかけること自体は、
本気でやろうと思えば誰にでもできることです。
だって自分が話しかければいいので。

仮に無視されても、話しかけた事実は残りますし
基本的にシカトされることはありません。

僕の場合は自分から話しかけた人と仲良くなるって結構あります。

で、その人が経営者だったりして、
後日一緒にご飯に行き、その人の事業に対して
マーケティングを教えることになり、
数百万のビジネスになったりすることもあるんですよね。

あとはタスクを決めて、しっかりとそれをこなしていく。ということです。
一度言ったことをちゃんと守る。とかね。

いついつまでに記事を書きます。
と宣言したはずが、期限になっても何の連絡もこず

例の記事終わりました?

と連絡したら、

「すみません。まだです。時間がなくて・・・。」

みたいなことを聞くと、あーなるほど。となります。

このパターンすごく多いんですよね。

本当に本当に時間なかったんですかね?
一瞬たりともyoutube見てなかったですかね?
電車に乗ってる時間にスマホで下書きとか書けなかったんですかね?

僕の場合は、自分のタスクに罰金をつけています。
先日もとあるタスクをこの日までに終わらせなかったら
300万払う。と知人に公言しました。

罰金制度を設けたのです。

けど、やるから全然いいんですよ。
時間がなかろうが、風邪を引こうが
自分で決めたことなので意地でも達成するわけです。

ちなみにですが、今まさにこの記事書いてますが、実は夜中の3時を回ってます。

普通なら寝てる時間ですけど
寝るまでに絶対に終わらせると決めているので
終わらすまで寝れま10を一人でやっています。

あと、これも重要なのですが
一度口にしたことを守る、ということは信用にもつながります。

先日知り合った社長が言っていた話で
とある企業に出資するかもという話になっていて、

出資される側の社長がこの日までに結果を出します。

と宣言したのですが
その時点では全然結果が出ていなかったので

本当に大丈夫?笑

みたいな状況だったらしいのですが
期限当日になったらきっちり結果を出して
有言実行を突き通したらしく
それが決め手となって出資に至ったようです。

信用ってこういうところで着実に築き上げていくものです。
言ったことをちゃんとやる。大事なことですね。

仮にお金が0になって、ビジネスも全部飛んで
地に堕ちたとしても信用があれば復活できます。

一時的に誰かの家に泊めさせてもらったり、
生活ができるレベルのお金だけ借してもらって
稼げるようになったら返すということもできます。

家に泊めるとかお金を貸すとかって信用がないとできません。

信用ってめちゃくちゃ重要でして、
僕の尊敬する起業家も、
金はなくしてもいいけど信用をなくしたら終わりと言っていました。

信用はお金よりも大事なのです。
お金は無くなったらまた稼げばいいですが、
一度失った信用を取り戻すってめっちゃ大変ですからね。

それから、素直に非を認めるということも逃げないことと同義です。

人間なので一度くらいミスることってあります。
それは仕方ありません。誰だって完璧ではないですから。

ですが、ミスって他人から指摘を受けた時に、
それをちゃんと受け止める。

これすごく大事です。

大人になってから指摘される経験ってそうそうないので
プライドとか意地とかそういった余計なものが発動すると

ムキーーーっとなって
逆ギレしたりする人もいます。

もちろん、的外れな指摘やよくわからん批判はシカトでいいのですが
教えてもらっている人からのまっとうな指摘や
仲間からの意見はしっかりと受け止めざるを得ないわけです。

しかもミスったことを自覚しているわけから
ちゃんと素直に非を認め、
頭を下げれるかどうかってマジで重要です。

僕もミスった時は必ず頭を下げます。

人として当たり前ですよね。
そして同じ指摘を二度と受けないようにすることです。

こういったところで結果を出す人と
そうでない人の差が出るなと感じますね。

ムキーーーっとなってしまう人は
受け止めることから逃げているとも言えるわけです。

他にも、本人はできているつもりでも
上の人から見たら全然できてないから教えてくれているケースもあります。

けど、そういった助言に聞く耳を持たないのであれば、

うん。なるほど。
じゃあ、そのままでいいんじゃないですか?

となって終わってしまうわけです。
もう二度とチャンスはこないでしょう。

成長する上で、指摘してくれる存在がいるって
実はすごく大事なんですよね。

逃げているといえば、セールスから逃げるとかもありますね。

先日会った人で情報発信をやってて
すでに一定のファンがいて
自分の商材も作っているのにセールスをしていない人がいました。

なんで売らないんですか?と聞いたら
売れなかったら嫌だ、あと商品の内容にクレームが来たら怖い。
と言ってました。

うーん、確かに売るってビビるときもあります。

売れなかったら否定された気分になるし、俺の発信て価値ないのかなー。と
自信喪失するかもしれません。

僕もビジネス始めた初期の初期は
人からお金をもらうことに抵抗がありました。

お金をもらうのが怖くて21才の時とかは
知り合った人に無料で教えてたりしました。

けど、どこかのタイミングで売らなかったら一生売れないです。
こればっかりはマインドの世界でして、
やるかやらないか、なんですよね。

えいやーとセールスしてみて、もしダメだったら
実力不足だったことを逃げずに受け止めて
また頑張ればいいのです。

首の骨を折らなければ失敗なんてものはないのです。
売れなかった。というデータを取得できたと
ポジティブに解釈しましょう。

セールスをしなければデータも取れず0のままです。
けど売れなかった、というデータが取れれば1進みます。

これは去年の話ですが、売れるかわからんけど、
とりあえずオファーしてみたら数百万円の契約取れた。
なんてこともありました。

ビビってオファーしなければ0。
ビビりながらオファーしたら数百万円。しかも経験値も積める。

これ、どっちがいいですか?

未知の世界は怖い。だからこそ挑戦する

人間、わからないことって怖いしビビるんですよ。

すごくわかりやすい例を出すと、
洞窟とかで真っ暗闇の中、前に進んで行くのってすごい怖いわけです。

視界が見えないし、突起につまずいて転ぶかもしれないし
コウモリとかが飛んでくるかもしれません。

これは怖いです。

けど、真っ暗だった洞窟に電気がついて、視界が確保され
道も舗装されていることも確認できたら歩いて進むことは怖くないわけです。

未知のことを本能的に怖がります。
だから売れるかどうかわからないセールスにビビるわけですね。

でも、セールスしてみたら売れるかもしれないです。
やってみないと結果はわからないわけですから、
じゃあビビっても、やるしかないよね。という結論に落ち着きます。

ここで逃げずにセールスする人と、ビビっていつまでもセールスしない人では
経験値も違ってきます。

ドラクエだって逃げ続けていたら経験値も金も貯まらず
一生レベル上がらないですよね。

ずっと逃げ続けていても
どっかのタイミングで倒さなければいけないボスが現れ、
そいつを倒さないとストーリーが進まないようになっています。

僕は傷ついてもいいから逃げずに戦いまくって、ボスも倒して
どんどんストーリーを進めていきたいのです。

80才まで生きると仮定したらあと50年はあるわけです。
せっかく50年あるのだから、
同じ町にいるよりも広い世界を見たいです。

最初はスライムに苦戦しても、
何度も戦っているうちに経験値が貯まりレベルがあがって
余裕で倒せるようになります。

そしたら今度はスライムより
ちょっと強いドラキーが出てきたりして
ドラキーも苦戦しながら戦ってレベルが上がり、
余裕で倒せるようになるのです。

結局、苦戦しながらも逃げずに挑戦し続けるやつが
経験値も金も稼ぎます。どんどん成長していきます。

僕よりも若い世代の起業家が挑戦していて
僕よりもすごい人たちがいまだに挑戦し続けていて
僕が逃げてられないでしょう。(笑)

追い抜かれ、置いてかれ、老いて枯れるのは僕はゴメンです。
腹をくくるべきタイミングで覚悟を決めれなかったら
絶対に後悔します。

あの時、挑戦していれば。。死に際に振り返っても遅いわけです。
後悔しか残らない生き方ってもったいないです。

だからこそ、いつでも腹をくくれるように、
常に逃げない姿勢でいるようにしています。

すぐ覚悟が決まる人と、
いつまでも悩んでいる人では
どっちが成功しやすいかは歴然ですね。

挑戦って本当に大事

とかく僕の場合は本当に頭が悪かったので、
勉強して知識を頭に入れただけではダメだと思って
起業初期から脱サラするまで行動しまくってました。

今振り返れば、もっと効率的にビジネス作れたよねと思いますし
やっぱ自分頭悪かったなと振り返ってます(笑)

けど、行動はしてたので、非効率で遠回りしながらも
ちょっとずつ前に進み結果を出していきました。

新しいことに挑戦する楽しさも感じていました。
学ぶこと学ぶことが新鮮で、めちゃくちゃ刺激もありました。

けど、本当に失敗だったなと思うのが
脱サラをした後に1年半ほどプチセミリタイヤのような生活をしていたことです。

この時は人に会いに行ったり
ビジネスを大きくしようとか、もっと上を目指そうという
気概が皆無でした。

今思えば、挑戦することから逃げていたんでしょう。
会社をやめたことで安心してしまったわけです。

本気で挑戦しようと思えば、
人に会って情報を得たり、新規事業作ったり、色々動けたのですが
それすらもやらずに本能の赴くままに生活をしていました。

結局、途中から自分の中途半端さに嫌気がさしてきて
どうしたいのか分からなくなり、迷走しました。

しかも当時付き合ってた彼女に愛想を尽かされて振られるという(笑)

今のように上を目指す姿勢もなく、
昼過ぎに起きて家でダラダラしてる男に魅力なんてあるわけもないです。

いやー、ほんとに黒歴史ですね。
そりゃ振られるわ。と昔の自分に説教したいです。

そんな最中に、仕事をバリバリしてて尊敬できる起業家に出会うことができて、
僕ももう一度ビジネスを頑張ろう。逃げるのは終わりにしよう。
と決意して現在があります。

これに関しては、たまたま縁があって出会えたので、
運がよかったなと思います。

あ、重要なタイミングで、
逃げずに金を突っ込めるかどうかも成功の分かれ目ですね。

それなりの金額を払ったあとって、やはり人生変わると言いますか
数百万円とか払って知識を学んでる分、目の色変わります。

絶対に結果を出そうと必死で利益を出します。
その過程で得ていった経験や思考力が一生物の財産になります。
どんどんレベルが上がっていく感じです。

逃げて暇な生き方、逃げずに刺激のある生き方の
どちらも経験して感じることは、
逃げない生き方の方が面白いということです。

これは暇な生き方をしてるときに、
退屈で退屈で仕方なかったのですごく実感します。

こういう話をすると、働かない生活って羨ましいと言われるのですが
結構すぐに飽きますよ。

僕はひとり旅はそこまで性に合わなかったし
キャバクラとかタワマンでシャンパンパーティーとか
そういったキラキラしたウェーイ系でもないので
基本的に家で大人しくしていました。

当時住んでたところも田舎だったし
外に出ることがほとんどなかったですね。

かと言って友達は会社勤めだし、当時は起業家の友達もいませんでした。

するとマジでやることがなくて、
youtubeとかにアップされているアニメを朝から晩まで見て
1話から最終話まで3周するとかやっていました。

家から1歩も出ずにそんな生活してたので干からびます。(笑)

まとめ

まとめますと、以下の場合は逃げた方がいいです。

1,自分の存在を否定され続けたり攻撃され続ける
2,今の居場所にいることに漠然とした不安を感じている

これに該当する場合はそこにいる必要性はありません。
そこで頑張ってもキツイです。

人が自力で空を飛ぶことができないように
無理なもんは無理です。

全力で逃げましょう。
もしくは準備を整えて、準備が出来次第逃げましょう。

環境を変えるとガラッと世界が変わりますし、
誰しも人から求められる世界が絶対にありますよ。

逃げることは恥ではありません。別のところで華を開かせましょう。

で、逃げない場合というのは
挑戦から目を背けないということです。

挑戦することだったり、素直になるということだったり、
金を払って投資するだったり、経験値を積むだったり
やると決めたことをやり通しましょう。

逃げないということは自分を成長させてくれます。

・目の前のことをちゃんとやる。
・言ったことをちゃんと守る。
・1記事でもいいからまず書いてみる。
・動画を1本でもいいから作ってみる

こんなのでもいいです。
昔の僕のように何もやらずに時間を無駄にするより
はるかに素晴らしいですよ。何もしないことが一番最悪です。

時に休息は必要ですが、
目の前の1個をこなしていけば、それが毎日毎日積み重なって
10万円、30万円、100万円、200万円と積み重なっていきます。

逃げずに進んでいけば、自然と結果が出ます。

多くの人が逃げてはいけないときに逃げるので
それだけで勝てます。

普段悔しい思いばっかしてるので
僕ももっと経験値を積んで、先人に追いつきたいです。

仕組みを作って自己満足できる人生を送ろう。自由な生活を手にするためのセミナーを公開中です

僕は21才からビジネスをやっていて
現在は月に100~150万くらいの収入があります。

元々はサラリーマンでしたが
24才のときに脱サラしました。


現在は仕事をしなくても収益が
発生する仕組みを作っているので
ほとんど働かずにお金が入ってきます。


稼げるようになると精神的にも余裕が生まれますし
人生の選択肢が増え、ストレスのない生活を手に入れることができました。

下記の記事では会社に務めながら副業で月収100万を稼いだ過程を下記の記事で公開してます。

工藤の理念「自己満できる人生を送る方法」



また、以下2つ以上当てはまる方がいたら、興味本位で良いのでメルマガを読んでみてください。

  • 金銭的にも時間的にも自由になりたい人
  • 起業したけど、望むような結果が出ていない人
  • 将来が不安でこのままでいいのかな?と考えている会社員
  • 後悔することなく自己満足できる人生を歩みたい人
  • 年収数千万〜数億円の世界をのぞいて見たい人


学べば誰でもお金を稼ぐことは可能です。
現在無料で配布しているプレゼントはかなりご好評をいただいてます。

期間限定で無料で配布していますのでぜひこちらから受け取ってみてください。

→副業でも年収1000万円を達成するロードマップを受け取る




また、LINE友達も同時に募集しております↓