21歳のとき現金100万円を抱えて億万長者に会いにいって人生変えた話

こんにちは。工藤なおきです。

 

僕は21歳の時に現金100万円を抱えて
億万長者にビジネスを教えてもらったことがあります。

 

その話を会った人にするとかなり評判がいいので
記事にすることにしました。

 

20代前半で億万長者になった起業家Tさん

 

その方はTさん(仮名)といいます。

 

Tさんは業界的にみても
圧倒的に若いのに、知識量も経験も
実績も全てがタン違いの化け物でした。

 

Tさんは1秒も働かずに億単位のお金を寝ながら稼ぎます。

 

僕が会った当時のTさんの年齢は24歳か25歳くらいだったので
圧倒的な若さですね。

 

化け物エピソードを上げればキリがなくて。

 

まず、中学生の時にプログラミングを独学で学び
遊びの延長でサイトを作ったら年間で
1000万円くらい儲かったらしい。

もはや、この時点で意味不明www

 

1000万円って超エリートサラリーマンの給料じゃん。

中学生がパソコン使って稼ぐってやばすぎるだろ。。

 

さらにNさんはどんどん優秀な人材を口説いては会社に引き入れて
20代前半で会社を数十億円の規模まで成長させて

そして20代前半のうちに会社を売却したらしく
10億円以上のお金が入ってきて
あっという間に富豪の仲間入りを果たしたそうです。

 

もうこの時点で何を言ってるのかわからないというか、
年商数十億円?10億円の資産ってなんですか・・?
って感じ。

 

僕からすると1億円でもすごいのに、
10倍。。桁がひとつ違う。

当時の僕には数字大きすぎて
全くイメージできませんでしたw

 

 

さらに、まとまったお金が入ってきた後は
セミリタイヤ生活をしながら
趣味で投資家に転身して運用してたら
趣味でやってる投資でも1億円くらい稼いじゃったらしい。

 

趣味で1億円とかフザケンナ。。

 

 

すっごく簡単にいうとTさんは
圧倒的な若さでビジネスの世界でも投資の世界でも成功を収めて
超富裕層になった超人でした。

 

さらにNさんについてもう少し詳しく書くと

 

・14歳で年収1000万超え
・サッカーもプロレベル
・センターテストはほぼ満点
・京大レベルの数学なら楽勝
・バイリンガル、英語ペラペラ

もう、、完璧やん。笑

天は二物どころか
五物くらい与えられてるような圧倒的な能力値。

 

あまりにも凄すぎて

漫画に登場する天才キャラかよw

 

 

14歳で年収1000万円も意味わからんし
不労所得300万円も意味不明だし、
お金も稼げる上にサッカーもプロクラスで、

 

勉強もできて、英語も喋れるなんて
前世でどんだけ徳を積んできたんだろう。。
そう思わずにいられないレベルの完璧超人だったのだ。

 

 

はじめてTさんをネット上で見つけた時は

一体何者なんだ。
こんな人間本当に存在するのか。

って思いました。

 

 

暇つぶしに書いてたTさんのブログには
20代前半で億万長者になった経験と膨大な知識量をベースにした
お金の稼ぎ方、思考法、ロジックなど
衝撃的な話ばかりが書かれていて。

 

 

僕がTさんを見つけたのは
起業してから数ヶ月後だったので

月10万円ほどは稼いでいたし
自分なりに本を読んだり
情報収集はしているつもりだったんですよね。

 

 

けど、Tさんは本と言ってることも全然違うし
他の起業家とは明らかに異質な内容でした。

 

「1億円くらいは誰でも稼げる」
「100万円は小銭」
「世の中の99%は不勉強だから勉強すれば成功は簡単」

 

など、キレのある言い回しと発言のスケールの大きさに
僕は興奮しっぱなしでした。

 

読めば読むほどのめり込んでしまう伝説的なブログでした。
(残念なことに今は閉鎖されている)

普段は夜の11時とかに寝てしまうのだけど
その日は気がついたら夜が明けてたんですよね。

 

隅々までTさんのブログを読み漁っていたら
いつのまにか外が明るくなっていたわけです。

 

「この人レベルが違う・・」
「圧倒的すぎるし、めちゃくちゃ頭いい・・」
「今まで見てきた人の中で一番を抜いてすごいな・・」

 

規格外のTさんの実力、思考力、思想に
すぐに憧れました。同じ男としてかっこよすぎましたね。

 

 

ある日、Tさんのメルマガには
Tさんが直接コンサルをしている人がいると書かれてました。

「え!?Tさんコンサルやってるのか!?」

もし、Tさんにコンサルティングしてもらえたら
どれほど人生が変わるか、想像もつかない。

 

Tさんのコンサル、、絶対受けたい、、。

 

僕が熱意を込めたメールをしたら
もしかしたらオッケーしてくれるんじゃないか?と思って
勇気を出してメルマガに返信を送ってみることにした。

 

いきなりメールを送ったら失礼かな?怒られるかな?
怖えぇぇぇ!

 

それでも勇気出して心臓バクバクしながら
長文のメールを送った。

(過去のメールを巡ってスクショを撮りました。)

 

今の僕が見返せば文章も下手くそだし、言ってることも幼いのだけど
熱意だけは伝えようとしていたことがわかる。

 

22分後。なんとTさんから返信。

 

すると・・・

と、まさかの返事が返ってきたのだ。

 

「え、、?返事きた。。」

 

し、しかも100万円を用意できれば
コンサル受けれるってことか・・?

 

Tさんのコンサル受けれるの!?

まじか!!!やばいやばい!!!

 

興奮してあんまり覚えてないけど
とにかく嬉しくて嬉しくて
部屋の中で1人ガッツポーズをした。

 

 

 

 

 

ただし、条件は一括で100万円。

100万円か。。。けどそれくらいは当たり前だ。

 

不労所得で年収1億円稼いでいるTさんからしたら
安すぎる金額だ。

 

 

しかし僕にとっては安い金額ではない。

 

確か当時の口座には20万円くらいしかなかった。

 

あらかじめTさんから「一括100万円」と
条件を伝えられているのだから

 

 

「今、手持ちが20万円しかなくて
分割でもよろしいでしょうか?」

 

なんて聞けない。

 

分割払いの交渉なんてしようものなら

「じゃあいいです。」

 

と断れることは目に見えています。

 

コンサルを受けてくれるというメールがくるだけで奇跡なのだ。

なんとしてでも100万円を用意せねば・・・。

 

夜中に消費者金融へ

 

僕が取った手段は、全額借りること。

 

幸いにも僕が務めていた会社は
大企業だったので信用があった。

 

夜、誰もいない時間を見計らって
アコムとプロミスの無人くんから
50万円ずつ拝借してきた。

 

なりふり構っていられなかった。

 

今の人生から抜け出せるなら
なんだってやる覚悟だった。

 

Tさんとの対面

 

そして。2012年7月某日。
あの憧れのTさんに会うときがやってきた。

よく晴れた日だった。

興奮する気持ちを落ち着かせて
なんとか眠ったものの
アラームが鳴る前には目が覚めていた。

 

 

いろんな妄想をしてしまって
全く寝た気がしない。。

 

Tさんとの待ち合わせは新大阪駅。

万が一にも遅刻なんてしたらシャレにならん。
予定時間の2時間前に着くようにしよう。

 

100万円の札束が入っている封筒をカバンを入れて
新大阪駅に向かった。

 

待ち合わせ場所に到着したけど
ネット上では顔を出していなかったので
僕はTさんの素顔を知らない。

 

だから遠くから僕の方に向かって歩いてくるたびに

 

あの人がTさんかな??

 

と、ソワソワしてしまう。

ドキドキしていると
一人の男性が僕に声をかけてきた。

 

「工藤さんですか?Tです」

 

心の声
(音声で聞いてた声だ、、やばい!!本物のTさんだ!!)

「あ、はい!そうです!今日はよろしくお願いします!」

 

と緊張しまくりながら、なんとか挨拶をする。

 

Tさん
「じゃあこの中で軽く食事しましょうか〜」

 

工藤
「はい!!」

 

Tさんの後ろについていって店内に入っていく。

 

大きなフロアの中華料理屋さんだ。
席と席のあいだが広く、一目で高級なお店だとわかる。

店員に案内されて奥の席に着く。

 

僕の目の前にTさんが座る。
わずか1mほどの距離に憧れの人が座っているのが
信じられなかった。

 

工藤
「あ、、まず最初に、、
これコンサル費用の100万円です。」

 

と封筒を手渡す。

 

Tさん
「ありがとうございます。
これからビジネスの原理原則をしっかり教えますね。」

工藤
「はい!!よろしくお願いします!!」

 

改めて異次元だったTさん

 

僕は緊張してしまい、
質問をすることも吹っ飛んでしまった。

情けない話、Tさんのオーラに圧倒されて全然話せなかったけど
Tさんがとにかくスケールの大きい話をしてくれた。

 

 

「暇があれば、本を読んだり勉強した知識をもとにして
ビジネスの企画を考えていて、
ちょくちょくビジネスの企画を立ち上げては
数千万、数億くらい稼いでる」

 

「23歳で会社を売却して
10億円が懐に入ってきて、
人生上がったかと思ったら
上にもっと広い世界があった。

まだまだ上の世界があった。」

 

そんなことを言っていた。

当時の僕では
全く想像できない世界を
教えてもらった。

 

考えてきた質問がどうでもよくなるくらい
Tさんの話は刺激的だった。

 

Tさんはビジネスの知識だけじゃなくて
歴史とか哲学とか生物学とか、心理学とか、
もはや知らないことがないんじゃないか??

 

と本気で思ってしまうほど
膨大な知識量を持っていた。

 

 

とにかく喋り出したら止まらない。

間髪入れずにマシンガンのごとく喋りまくるので
僕は話についていくのがやっとと言うか
むしろメモする手が止まらない。

 

知恵熱がでる。。

もう、頭の中どうなってんのよ。。

本当におんなじ人間?って
何度も思った。

 

Tさんのブログやメルマガや音声で
何度も驚かされてきたけど、
リアルで会ったときの衝撃はもっとすごかった。

 

実際に会ってみると、
圧倒的なオーラがあり、
イケメンで、着飾らない。

 

知識量も今まで会ってきた大人たちの中でも
ダントツだった。

 

レベルが、、違う。

 

ぶっ飛んだ知識量と資産を持ってるのに
見た目は普通のお兄ちゃんって感じだったのが
またかっこよかったなあ。

ちなみにユニクロを着てた。
外見はTHE 普通。

 

Tさんは普通にマックとかも食べるらしく
レジで目の前に並んでても絶対わかんないw

見た目は全然普通なのに
中身が異常ってギャップにめちゃくちゃ憧れた。

 

ブランドもので武装していなかったのが
逆に超カッコよかった。

 

2時間ほどお話を聞かせていただいて

 

Tさん
「じゃあ、今日はこの辺にしましょうか。
またメールかSkypeでやりとりしましょう。」

 

工藤

「はい!貴重なお時間をありがとうございました!!」

 

そう言って中華料理屋を出た。

 

 

Tさんは僕と別れたあとは
駅の中に入っている本屋にふらふらっと
入っていった。

 

夢のような時間だった。

ふわふわとしていて現実じゃないみたいだった。

 

 

僕はより一層Tさんのファンになった。
心酔したと言ってもいい。

 

100万円を払って、よかった。
僕が選んだ人は間違ってなかった。

そう思いながら帰路についた。

 

Tさんから学んだ成功者のマインドセット

 

Tさんはこんな話もしてくれました。

「僕は本気度をみるとき、
お金を払うかどうかで判断します。

お金は多くの人が大事しているものだからです。

大半の人は大事にしているものを差し出さない。
大事にしているものを差し出してまで
成功したいと思ってないんですよね。

つまり本気じゃないんです。」

 

「そもそも成功したいと思ってるのに
毎月コツコツ数万円を貯金して何になるんだろう。と僕は思っています。

口座残高を大事にとっておいても
今よりお金は稼げるようにならない。

そのマインド自体が成功者のマインドじゃない。」

 

確かにTさんの言う通りなのだ。

 

僕も100万円を用意することは
正直、負荷がかかった。

 

 

お金を借りることにびびったし
普通に考えれば消費者金融で
100万円を借りるなんて
正気の沙汰じゃない。

 

当時の僕の心境は

・なんとしてでも成功したい!!
・意地でも成功したい!!
・なんでもやってやる!!

という気持ちだけで、Tさんにメールを書き
消費者金融に走り、大阪まで飛んでいった。

 

全部、気持ちだけ。勢いだけ。

 

 

借金してでも成功したかった。

目の前に偶然転がってきたチャンスを
なんとしても掴みたかった。

 

それだけ本気だった。

本気だったら人はお金だろうが
時間だろうが、なんでも差し出せるのだ。

 

100万円を失ったって死にはしない。

 

100万円払ってTさんのようになれるなら
むしろ安いものだ。本気でそう思った。

 

仮に100万円を借金して1円も稼げなかったら
人生終了か?再起不能か?自己破産するほどか?

 

と考えても、答えはNoだ。

 

車のローン、奨学金、家のローンなど
もっと大きな金額を借りているのに
普通に生活をしている人だらけだから。

 

本気なら、やらない言い訳は
出てこなくなる。

 

僕は時間が足りないときは睡眠時間を削った。

 

眠かろうが自然とコーヒーとレッドブルを買って
パソコンを叩いた。

 

お金が足りないときは借りた。

借金してでも自分に必要なモノには
どんどん投資することにした。

 

全部、本気だったから。

 

その結果、僕は24歳で会社をやめて独立。
思い描いていた理想の生活を手に入れることができた。

 

収入は毎月100万円を超え、
時間も自由になりました。

 

冷静に考えてみれば

成功を語るくせに成功のためにお金を使わない。
成功を語るに成功のために時間を作らない。
成功を語るくせに成功のために行動しない。
成功を語るくせに成功のために挑戦しない。

 

これでは、どうやったって成功できない。

 

学歴がなくたって関係ない。(僕は高卒)
お金がなくなって関係ない。
時間がなくたって関係ない。

 

どれだけ本気になれるか。が全て。

 

この経験から何か新しいことに挑戦するときに

「それ、失敗したら死ぬ?」

と考えるようになった。

 

答えがNoならとりあえずやってみる。
やってから考える。

この判断基準を持っておけば
大抵のことはリスクがあってないようなものだ。

 

余談になりますが僕の商品を買ってくれた
現役高校生が学校に通いながら
月60万円くらい稼いでいる。

 

高校生が稼いでいて、さらに上を目指すために
数十万円の商品を普通に買っていくのだ。

 

それなのに我々大人が時間がないとか、
お金がないとか言い訳している場合じゃないよね。

 

 

成功したいと考えた時に
できるか、できないか、の二択じゃなくて
大抵の場合はやるか。やらないか。

なのだと思う。

「暇で自由なお金持ちになれる賢い教科書」をプレゼント中


ここまで記事を読んでいただきありがとうございます。

期間限定で非売品の電子書籍「暇で自由なお金持ちになれる賢い教科書」を
無料でプレゼントしています。



イメージしてみてほしいのですが
自分の貴重な人生で無駄だと思われるお金の為に
単純作業を繰り返す時間だけを削ぎ落として
楽しい部分だけを残して、お金と時間がたっぷりあったら
人生楽しいですよね。

そしてこのような人生は
勉強を継続した先の延長線上にあります。

僕自身も勉強していたら自由な生活を
手に入れることができました。


もし、以下の項目に2つ以上当てはまる方がいたら
電子書籍を読んでみてください。
  • 金銭的にも時間的にも自由になりたい人
  • 起業したけど、望むような結果が出ていない人
  • 将来が不安でこのままでいいのかな?と考えている会社員
  • 後悔することなく自己満足できる人生を歩みたい人
  • 年収数千万〜数億円の世界をのぞいて見たい人


電子書籍はかなり好評なので
ぜひ受け取ってください。


また、LINE友達も同時に募集しています。
LINEでは「好きなことで稼いでいく方法」という約40分の動画をプレゼント中。