クライアントのうとさんが月収200万円を突破したので成功要因を分析してみた

 

こんにちは。工藤なおきです。

クライアントのうとさんが2020年7月に月収200万円を突破し、
一度稼いだだけではなく、その後も
安定して数十万円を稼ぎ続けるようになりました。

 

さらに2020年10月にもう一度200万円を突破。

もはや誰が見ても成功しているうとさんの
成功要因を僕なりに分析してみようと思います。

 

 

 

うとさんは2020年4月中旬からコンサルティングがスタート。

月収20万円ほどだったところから
ビジネスをアップデートしていきました。

 

そして2020年7月に
200万円の売上を突破。

その後も、安定して数十万円〜200万円を稼げるようになり
数の多くのお客さんに価値提供しています。

 

 

目次

うとさんの成功要因

 

うとさんはコンサルティングを受け始めたとき
看護師として仕事をしていました。

 

加えて二児の主婦でもあり多忙な中で
時間を作ってコツコツ仕組みを修正していきました。

 

うとさんの凄いところはとにかく素直なところです。

 

僕がアドバイスさせてもらったことは、
全部実行していました。

 

素直さがないとアドバイスしていないことを
自己流でビジネスを進めてしまうのですが
うとさんはそれがありません。

 

「この前アドバイスいただいたことをやってみました!!」
と、とにかく素直に実践します。

 

他にも

「メール書いたんで見てください!!」

と、メールやブログを書くたびに
僕に見せてくれます。

 

それに対して

「ここと、ここと、ここに問題があります」
「これがわかりにくいです」
「これってどういう意味ですか?」
「もっとイメージしやすい具体例を入れましょう」

などと、僕が容赦なく添削していたので
ときに心が折れそうなこともあったと思います。

(※毎回のようにこんな感じで添削していました。)

 

それでも何度も文章を書き直しては、
提出してくるへこたれないマインドを持っているのも
うとさんの素晴らしいところです。

 

ママとナースという2足のわらじを履きながらも
起業して1年以内に月収200万円という大台を突破していますが
出るべくして出た結果だと思いますね。

2021年は年収1000万円を軽々突破していくでしょう。
うとさんの今後の活躍が楽しみです!

以下、うとさんから感想をいただきました。

 

工藤さん

半年間、お世話になりました。

工藤さんにコンサルをお願いする前、私はコンテンツを販売していましたが、毎月の収益が2025万前後でした。そこから工藤さんにコンサルを受けて、3ヶ月後には月に200万という収益を達成することができました。

 

ここに至るまでに「自分には100万の景色は見えない」「稼いでいる自分が想像できない」と散々弱音を吐いていましたが、何度も「いや、100万なら誰でもいけるんで」「稼げるんで」と何度も励ましていただきました。本当にありがとうございます。

工藤さんのコンサルは添削も丁寧で、必要なことはきちんと伝えてくださり、どこをテコ入れするのが一番効果的なのか、俯瞰した状態で指導してくださるのが非常にありがたいです。

その他、作業合宿とか勉強会なども声をかけてくださって、
たくさんのチャンスを与えていただきました。

 

また工藤さんと話をする中で、自分の見えている世界の狭さを自覚しました。

「見えている世界が違いすぎる」と基準の違いを知ることで、
私自身の視界も一気に広げてもらったことが大きな変化でした。

感謝してもしきれないです。

工藤さんのコンサルで人生変わったと言っても過言ではないです。

これからも懲りずにどうぞよろしくお願いいたします。

 

素直さは最強の武器になる

 

大人になると、素直に教えを教えを乞うことができません。

ついつい疑ってしまったり、自分の思考を挟んでしまって
教わったことの100%の実行ができないんですよね。

その点、うとさんの素直さは一級品で
学ぶべき点がすごく多かったです。

僕自身も誰かから学ぶときに「素直さ」を
すごく気をつけています。

教えてもらうからには自分の思考をはさまず、
100%の実行すること。

 

これは絶対のルール。

 

なぜなら、自分の経験や知識、行動をしているのに
思うような結果が出てないから教えを受けるからです。

 

 

何かアドバイスをいただいたときに

「でも、こういうリスクもありますよね?」
「でも、飽和しませんか?」
「でも、うまくいかない可能性もありますよね?」

のように、否定的な「でも」という言葉をいちいち発していたら
教える人だって嫌な気分になってしまいます。

 

そもそも教わっているのに

「でも、僕はこう思うんですよ。」

と自分の我を通すのであれば
教わる意味がなくなってしまいますよね。

目的はディベートに勝つことじゃなくて結果を出すことですし
まずは教わったことを実践してみることが最優先です。

 

もちろん、根ほり葉ほり質問させていただいて

「この場合ってこうなりますか?」
「こういうケースも想定していますか?」

など、理解度を深めるための議論は場合によって必要です。

 

ただそれも教わったことの理解を深めるための議論であり、
教わっている人を否定して自分の正しさを証明することが目的じゃありません。

というか、自分が考えていることが
間違っているのは当たり前なのです。

だって思っている結果がでていないので。

「間違ったことを言って、バカだと思われたくない」
というプライドが出てしまうと
やっぱり教わっている意味がなくなっちゃいます。

バカだと思われてもいいのです。

今はバカだったとしても勉強して
賢くなればいいので。

そんなことを気にするよりも
結果を出すことの方がはるかに重要でしょう。

 

 

僕自身の経験上も素直でいることで、より深いアドバイスをいただけたり
そのアドバイスによって更に大きな結果をだしたこともあります。

素直でいて得することはあっても
損することは今まで一度もありませんでした。

「プライド」が高く「素直」が無い人は成功が難しいので
素直さは本当に大事。

 

繰り返しになりますが
うとさんがたった1年で月200万円を稼げるようになったのは
素直さが1番大きな要因だと思います。

大きな成果を最短で出したいのであれば変なプライドを捨てて
水を吸収するスポンジのように、知識を取り入れていきましょう。

では、ありがとうございました!

 

うとさんのブログはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

会社員時代に21才起業。24才で脱サラ。現在は自分がほとんど働かなくても月100万円の利益を生む仕組みを作り、好きな時間に寝て好きな時間に起きる生活を手にする。会社をやめてから自動収入の恩恵を受けて1年半ほどニートのような生活を送ったものの、惰性で過ごす毎日に嫌気が差す。ニートの経験を経て会社をやめることがゴールではなく、やめた後に何をするのかが重要だと気づきビジネス再開。自分の人生を充実させるためには何が必要なのか?何を追い求めればいいのか?を僕なりに書いています。

コメント

コメントする

目次