コンテンツ生産してますか?勉強熱心な人ほど陥る落とし穴について

こんにちは、工藤です。

コンテンツを生産してますか?というすごく大事なお話をしていきたいと思います。

今回の記事を読む時間が確保できないって人は、こちらの動画をお聞きください。
聞き流すだけでも思考は身につきます。

 

コンテンツを生産しないともったいない

 

コンテンツを生産してますか?というのは
当たり前の質問に聞こえるかもしれませんが、
人によってはかなり意識して自分に問いかけないとダメです。

特に勉強熱心な人ほど、コンテンツを生産せずに
消費するだけになってるパターンがよくあるんです。

 

 

どういうことかと言うと、例えば本を読みましたとか、動画で勉強しましたとか、
誰かのメルマガを読みましたとか、誰かのTwitterを見て勉強しましたとか、
ノートを買ってみてノートで勉強してみました・・・

って時に、「読んで満足してしまう」とか、
「ノートやiphoneのメモ帳とかにメモって終わり」とか、
なんでもいいのですがインプットのまま終わってしまって、
結果的に自分のアウトプット、生産に繋がらない消費になっている。

インプットした内容をアクションプランに落とし込めていないわけですね。

消費すること、勉強することが目的化してしまって、
結果的に生産できていないっていう状況の人が多い。

ちなみに僕もインプットに比重を起きすぎるタイプなので普段から気をつけています。

僕がこの動画を通してお伝えしたい事っていうのは、
何か消費をしたらちゃんとコンテンツを生産しないともったいないんですよ。
という話をしたいと思っているんですね。

活かせてなければ、その時間は無駄になる

例えばビジネスで使うためにに何か本を読みましたと。

僕とかだと「影響力の武器」「人を動かす」っていう本を推奨してたりするんですけど、
その「影響力の武器」を読んで、何か学びになったことをビジネスに使えているかっていうところがすごく大事なわけです。

影響力の武器の書評はこちら

「影響力の武器」を読んで知識を得たってなっても、
それがビジネスに生かせてなければ、
その読んだことっていうのはある意味で無駄になってしまうわけです。

 

つまり時間が無駄になってしまうんですね。

せっかくビジネス学びたい、お金を稼ぎたいと思って勉強していたのにもかかわらず、
それを活かせずに頭の中で知識だけが入ってくる、そういう状態ってすごくもったいないじゃないですか。

生産をしないとどうしてもビジネスは進んでいかないわけですね。

客観的に書き出してみる

例えば僕の場合、今日の消費を書き出してみたんですよ。

・本を1冊読んだ
・他人のブログを10記事くらい読んだ
・動画を3本くらい見た

こんな感じの消費をしたんですよ。

 

じゃ生産は何をやったか。

先に生産について定義をお話ししておくと、
例えば自分でビジネスをやってて外注の人に指示を出すマニュアルを作ってみたとか、
ブログを書いてみたとか、Youtubeの動画を撮ってみたとか、メルマガ書いたとか、
ノートを作ったよとか、SNS例えばTwitterで投稿したよとか、
Instagramに写真載っけたよとか、Facebookでなにか発信したよとか。

 

何でもいいんですけど、何かしら自分の頭の中からコンテンツを作って、
それを世に出したっていうのを僕の中で生産と呼んでいます。

 

それを考えたときに、じゃあ自分はどれだけ生産しましたかっていう話なんですけど、

僕の場合、
・ブログを4000文字書いた
・メルマガを2000文字くらい書いた
・動画計3本撮影する

っていうことをやってるんですけど、

じゃあ今この記事を見てくれているあなたはどうでしょうか。

コンテンツを消費しているだけだと、本当にビジネスって進んでいかないんですよね。

 

これは特にインターネットビジネスはそうです。

 

 

例えばブログを使って稼ぎたい、インフルエンサーになりたい、ブロガーになって企業から案件をもらいたい。

そういうときには少なからずコンテンツっていうものを作っていかないといけないわけですね。

 

つまり、生産をしていかないとどうがんばってもビジネスっていうのは進んでいかないわけですよ。

だからこそ、生産っていうものに意識を向けてほしい、生産することに主軸を置いてほしいんですよね。

手段と目的を取り違えない

特に最初にもお話ししたんですけど、勉強熱心でどんどん自分を高めていきたいって思っている人ほど、
生産せずに消費に走ってしまう傾向にあるんです。

 

もっと勉強したい、もっと頭良くなりたいとか、もっといろんな知識がほしいとか、
もっといろんな情報を収集したい、っていう形で知識をコレクトすることだけが目的化してしまう。

 

最初にビジネスでお金を稼ぎたいとか、他の目的があったはずなのに、
知識を収集することだけに執着してしまうと。

 

これはすごくもったいないし、手段と目的がずれてしまっているわけですね。

本来、例えば本を読んで知識を得て成功したいってなった時って、
ビジネスで成功するための「手段」として何かしらのノウハウとか思考法や成功法則を得ていくわけじゃないですか。

 

それって全部ビジネスで成功する「目的」のための「手段」ですよね。

けど、それがいつの間にか勉強することが「目的」になってしまって、
ビジネスの成功が置き去りになってしまう人が本当に多いです。

 

 

僕も結構そうなりがちなので、ほんとに普段気を付けて、自分に対して問いかけるわけですよ。

「俺、今日生産したのか」と。

そういう客観的に、自分をメタ認知すると言いますか、
自分の行動をしっかりと自分が認識しておかないと、
あらぬ方向にどんどん走って行ってしまうわけです。

初めは時間がかかるもの!1日1生産を目標に

今日の自分の生産量はどれくらいですかっていうのを可視化しておくって結構大事です。

だから僕はこういう形で書きましたが、こんなかんじで生産をしないとビジネスって進まないんです。

僕がこういう風に書いちゃっているので、「こんな時間ないよ」とか、
「ブログ4000文字も書けないよ」とか、「動画3本も撮れないよ」っていう風に、
もしかしたら思うかもしれないんですけど、1日何か一つでもいいんですよ。

 

1000文字くらいの記事をブログ1記事書いてみるとか。

それがハードルが高いのであればTwitterで3ツイートしてみるとか。

 

そんなもんでいいと思うんですよ。
3ツイートでも140文字×3=420文字です。1ヶ月続ければ12000文字です。
1年続けたら15万文字ですから本が1冊出版できる文字数です。

こうやって考えてみると、毎日の積み重ねって馬鹿にできないんですね。

 

あと、慣れないうちっていうのは、生産にすごい時間かかるんですよ。

僕も昔そうだったんですけど、たとえば何かブログを書きますとか、
スタッフにマニュアルを作りますってなった時に、めっちゃ時間かかってました。

 

てか最近もそうだったんですけど、最近僕ちょっと慣れないパワーポイントを使って資料をつくってまして。

 

たぶんパワポの操作になれてる人だったらおそらく1時間くらいで終わるような作業だったんですけど、
僕は6時間くらいかかったんですよ。

パワポの操作に慣れていなかったので、何をやったらパワポがきれいにできるのか、
みたいなことを試行錯誤しながら整えてたんですけど。

 

そういうときってどうしても時間かかっちゃう、慣れていないので。

 

最初のうちって時間足りなくて生産量が低いっていうのはそれはそれとして受けとめるしかなくて。

 

その中でもしっかり生産をしている、1日1生産するっていうのが、僕が最低自分に課しているタスクです。

それはTwitterで何かつぶやくでもいいし、メモしたことをして、ブログの下書きを書いておくとかでもいい。

そんなのでもいいので、とにかく自分の頭に入っている物を何か生産に変えるっていうことを常に心掛けてほしいです。

まとめ

・コンテンツは生産しないともったいない!

・客観的に見直して、手段と目的をはっきりさせる

・まずは「一日一生産」から

 

1日も休まずに生産していくと頭もどんどんよくなります。
結果的に資産となるコンテンツがどんどんたまっていきます。

ぜひ1日1生産をテーマに、自分に言い聞かせて、どんどん生産をしていってほしいなと。

これは結果的にビジネスがうまくいって、成功に一歩一歩近づいていきます。

こんな風に偉そうに言ってますけど、僕も自分に言い聞かせながら生産してます。

知識だけあってもそれを形にしないと、何かビジネスのモデルに落とし込まないと、
成功っていうのはできないわけですから、最低でも一日一生産っていうのを心掛けていただければ、
どんどん資産が溜まっていって稼げるようになっていきますよ。

「暇で自由なお金持ちになれる賢い教科書」をプレゼント中


ここまで記事を読んでいただきありがとうございます。

期間限定で非売品の電子書籍「暇で自由なお金持ちになれる賢い教科書」を
無料でプレゼントしています。



イメージしてみてほしいのですが
自分の貴重な人生で無駄だと思われるお金の為に
単純作業を繰り返す時間だけを削ぎ落として
楽しい部分だけを残して、お金と時間がたっぷりあったら
人生楽しいですよね。

そしてこのような人生は
勉強を継続した先の延長線上にあります。

僕自身も勉強していたら自由な生活を
手に入れることができました。


もし、以下の項目に2つ以上当てはまる方がいたら
電子書籍を読んでみてください。
  • 金銭的にも時間的にも自由になりたい人
  • 起業したけど、望むような結果が出ていない人
  • 将来が不安でこのままでいいのかな?と考えている会社員
  • 後悔することなく自己満足できる人生を歩みたい人
  • 年収数千万〜数億円の世界をのぞいて見たい人


電子書籍はかなり好評なので
ぜひ受け取ってください。


また、LINE友達も同時に募集しています。
LINEでは「好きなことで稼いでいく方法」という約40分の動画をプレゼント中。