自由になりたいなら誰かの許可を取ってはいけない

こんにちは、工藤なおきです。

 

先日、Twitterで

「私は自由になりたくて副業を始めようかと思います。
しかし会社が副業禁止なのですが、
副業を始めてしまっていいのでしょうか?」

という質問をしてる人を見ました。

 

この質問を見たときに
すこしトゲのある言い方をすると

「こういう質問をしてしまう限り
自由になるのは無理だろうな。」

と思いました。

 

自由とは許可のない世界だから

一体どうして先ほどの質問者の方では
自由になれないのか?

 

それは、本人の無意識化で

「こういう場合って始めていいの?
誰か大丈夫だと言って!」

と、誰かに許可を得てから
行動しようとしているからです。

 

初めての副業だから不安でしょうし
他の人はどうしているんだろうか?と情報を集めたり
誰かに背中を押してもらって安心したい気持ちはわかります。

 

けど、自由を求めるなら許可を求めちゃいけない。

なぜなら誰かに許可を求める行為というのは
自由とは真逆の行動なんですよ。

 

自由とは許可の向こう側にあるものだからです。

 

一人暮らしをしたことが
ある人ならわかると思いますけど、
めっちゃ自由ですよね。

休日起きる時間。
お風呂に入るタイミング。
食べるもの。
彼氏彼女を呼ぶかどうか。

 

自分で全てを自由に決めることができます。
許可なんて取らなかったはずです。

 

核心をつくことを言ってしまえば
誰の許可も必要ないからこそ自由なのです。

 

だから、誰かに許可を求めたくなったとき、
それは自由から自ら距離を取っていることを意味します。

自由を望むなら誰かに許可を求めたくなったときに
許可を求めてはいけないんです。

許可のない世界=自由

だから意地でも誰かに許可を取っちゃダメ。

 

勝手にやっていたら周囲から怒られたり、
ストップが入ってしまった、くらいがちょうどいいのです。

 

自由になりたいなら勝手にやってみる

 

自由になりたいなら
誰かに許可を取るという発想そのものを
消し去る必要があります。

 

法を犯さない範囲で
勝手にやる。好きにやる。

もうお分かりですね。

 

 

自由になりたいなら
副業禁止でもやるべきですよ。

(公務員の副業は法に触れるから副業しない方がいいけど)

 

 

会社員で、会社を辞めてえええ!
と思っているなら、会社の許可や誰かの承認を
取らなくていいです。

勝手にやりましょう。

 

 

ただし、自由の世界には許可がない代わりに
自分に責任がついて回ります。

 

 

僕が過去に勤めていた会社は
副業を禁止していました。

 

仮に副業がバレたら会社をクビになったり
待遇が悪くなったり、
減給を食らったかもしれません。

 

けど、僕の身に何かを起きても
それは自己責任だと思って副業をはじめました。

 

とはいえ、僕は出世ができなかろうと、
給料を減らされようと、
どうでもよかったのです。

 

今の会社で一生働き続けることに比べれば些細なこと。

万が一副業がバレてクビになったら
バイトしながらでもビジネスをするつもりでした。

 

だから会社に黙って起業しました。

親にも「起業していい?」と許可を取りませんでした。

借金をした時も「借金してもいい?」なんて聞きません。

全部勝手に。全部自分の判断でやりました。

 

許可なんていらない。と考えれば
行動力はどんどん上がります。

 

 

だから自由が欲しければ
許可を取らずに自分で全てを決断しましょう。

 

そして行動力が上がれば、
総じて収入もどんどん増えていきます。

 

生殺与奪の権を握らせない

 

自分の周りで

「なんであいつはあんなに行動できるんだ?」
「あの人の行動力はすごいな・・・」

と思い浮かべる人がいるなら、
その人は許可を取ろうなどとは
一瞬たりとも考えていないのだと思います。

 

「え?これやって大丈夫かな?」

と考えてしまうから、
実行までのスピードが遅くなってしまう。

 

「とりあえずやってから考えよう」

なら、手が動きますよね。

 

誰かに許可を求めてしまう行為は
その誰かに生殺与奪の権を握らせてしまっています。

 

当然、行動力も落ちるし、思うような結果もでない。

 

 

 

自由になりたいなら法を犯さない限り
誰かの許可なんていらないのです。

 

許可のない世界は楽しいですよ。

法を犯さない範囲で
全て自分で決めることができます。

 

住む場所、付き合う人、働く時間、仕事内容などなど
自己責任のもと、全て自由に決定できます。

ストレスとは無縁の生活を送れます。

 

小さな檻の中で一生の安泰が約束されて
決められた時間に餌が与えられるかわりに
餌を狩る自由も、子供を作る自由も、走り回る自由もない動物と

弱肉強食の世界で飢えや
他の生き物に襲われるリスクと隣り合わせだけど
好きなだけ餌を食べ、好きに子供を作ったり、際限の自然を走り回る動物。

どっちが幸せかは、本人のみぞ知ることですが
僕は後者の方を選びました。

 

大きな権威、企業や組織などに
寄り添って自分の自由を放棄するよりも
自分の主体性をもって
自分の行動範囲を自分で決める生き方に憧れたからです。

 

鶏口となるも牛後となるなかれ

です。

 

たぶん、このブログを読んでいるくらいの人だし
きっと後者の方があってるんじゃないかなと思ってます。

 

許可なんて不要です。
ガンガン進んでいきましょう!

「暇で自由なお金持ちになれる賢い教科書」をプレゼント中


ここまで記事を読んでいただきありがとうございます。

期間限定で非売品の電子書籍「暇で自由なお金持ちになれる賢い教科書」を
無料でプレゼントしています。

↓今すぐ読む場合はこちらから↓  

※icloud、Hotmail、携帯アドレスはエラーとなり特典を受け取ることができませんので、ご遠慮ください。
※30秒以内にメールが届かない場合は迷惑メールアドレスをご確認ください。
ご入力いただいた個人情報はプライバシーポリシーに基づき、厳正に管理します。



イメージしてみてほしいのですが
自分の貴重な人生で無駄だと思われるお金の為に
単純作業を繰り返す時間だけを削ぎ落として
楽しい部分だけを残して、お金と時間がたっぷりあったら
人生楽しいですよね。

そしてこのような人生は
勉強を継続した先の延長線上にあります。

僕自身も勉強していたら自由な生活を
手に入れることができました。


もし、以下の項目に2つ以上当てはまる方がいたら
電子書籍を読んでみてください。

  • 金銭的にも時間的にも自由になりたい人
  • 起業したけど、望むような結果が出ていない人
  • 将来が不安でこのままでいいのかな?と考えている会社員
  • 後悔することなく自己満足できる人生を歩みたい人
  • 年収数千万〜数億円の世界をのぞいて見たい人



電子書籍はかなり好評なので
ぜひ受け取ってください。


また、LINE友達も同時に募集しています。
LINEでは「好きなことで稼いでいく方法」という約40分の動画をプレゼント中。

最新情報をチェックしよう!